「The Weight/The Band」男性メンバー全員が歌い回す"いつかやりたい"名曲

心を奮い立たせる「ザ・バンド」 ©STVラジオ

70~'90のJ-popやフォーク、ニューミュージックから歌謡曲まで「日本の曲」を中心に毎夜、30曲前後をフルコーラスでお届けするSTVラジオ『MUSIC★J』(RCCラジオ生ネット)。パーソナリティは、ポプコン出身のシンガーソングライター・松崎真人。21時台も後半に掛けた、世界的な音楽シーンに刻まれたバンドと曲について、松崎は…。(文中敬称略)

松崎:(M24「塀の上で/はちみつぱい」終わりで…)「はっぴえんど」と「はちみつぱい=ムーンライダース」が初期の初期に、「こういうバンドが格好いいよね」と憧れていたのが、「Buffalo Spring Field」と言うバンドと、これから掛ける「The Band」です。日本でなかなか、このタイプのバンドがいないんですよね。ボーカルを、男のメンバー全員が歌い回す。1曲のボーカルを歌い回すという、このスタイルをいつかやりたくてたまらないんです。名曲です。

M25「The Weight/The Band」

松崎:「The Band」と言えば、「ラスト・ワルツ」という、ひとつの時代の区切りを明確に切り取ったライブ・ドキュメンタリー映画で有名なんですが、最近は高音質版になって映画館でも上映されてましたね。僕は行く暇がなかったんですが、家にはDVDがあって、辛い夜にはいつも掛けてます。「ラスト・ワルツ」には、ジョニー・ミッチェルとか、ボブ・ディランももちろんいますし、ニール・ヤングとかもね。意外とニール・ヤングが控えめで、なかなか前のマイクで歌おうとしないところとかが可愛らしかったりするんですけど。

松崎:あまり洋楽を聴かないよという方も、「The Band」というバンド名と、「ラスト・ワルツ」という記録映画の名前は覚えておくと、いつか見る日が来るんじゃないかと思います。とても素晴らしいドキュメントです。

<編集後記>
「チャンチキおけさ/三波春夫」  三波春夫はシベリア抑留中「レーニン伝」などの自作浪曲を唸って仲間を励ましたという。満州から引き揚げてきた森繁久弥しかり、あの過酷な戦争とその後の混乱を生き延びた先人たちのおかげで僕らのいまの暮らしがあり、音楽だけではない娯楽の数々がある。新しい世代の人たちにも、自由に娯楽を楽しめる世界を残さなければ。今、出来ることは何だろう?(松崎 真人)

紹介したトーク部分と、編集後記の”大きなジャンル・ギャップ”も、『MUSIC☆J』の守備範囲の広さです。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週 火~金 19:00~22:00) ★広島・RCCラジオ同時ネット

3月23日(水)のプレイリスト 20時台は昭和歌謡を堪能する”スナックまこ子"

【19時台】
M01「DO YA DO/CHAGE & ASKA」
M02「ゆずれない願い/田村直美」
M03「十人十色/大江千里」
M04「あなたを・もっと・知りたくて/薬師丸ひろ子」
M05「川の流れを抱いて眠りたい/時任三郎」
M06「恋の片道切符/ミッキー・カーチス・雪村いづみ」
M07「匕首マッキー(マック・ザ・ナイフ)/尾藤イサオ」
M08「酒持ってこい/芝田洋一」
M09「傷心/大友裕子」
M10「哀歌/金子裕則」
【20時台】
M11「お元気ですか/清水由貴子」
M12「女・ひとり/秋庭豊とアローナイツ」
M13「バラードのように眠れ/少年隊」
M14「マグネット・ジョーに気をつけろ/ギャル」
M15「ふるさとは今もかわらず/新沼謙治」
M16「北の旅人/石原裕次郎」
M17「命くれない/瀬川瑛子」
M18「人生いろいろ/島倉千代子」
M19「チャンチキおけさ/三波春夫」
M20「ジェンカ/坂本九」
【21時台】
M21「天体観測/BUMP OF CHICKEN」
M22「STARS/中島美嘉」
M23「STARS/Simply Red」
M24「塀の上で/はちみつぱい」
M25「The Weight/The Band」
M26「瞬きもせず/中島みゆき」
M27「グッドバイからはじめよう/佐野元春」
M28「ひかりのかべをぬけて/松崎真人」
M29「Woman/フランク永井」

『MUSIC☆J』4月2日(土)から毎週「土曜」「日曜」18:00~OAに"衣替え"

『MUSIC☆J』”シーズン6”は、3月24日(木)の放送で終了となります。プロ野球シーズンとなる4月からは、毎週「土曜」と「日曜」の18:00~21:00の3時間、生放送でお送りします。言うなれば ”シーズン6.5” の開幕です。

春秋の『MUSIC☆J』はSTVラジオのみでの放送となりますが、引き続き、70年代~90年代の日本のPops・日本語のPopsと、松崎真人の含蓄いっぱいのトークにお付き合い下さい。

週末の夜は『MUSIC☆J』で!。「MUSIC☆J ウイーク・エンダー」とでも言いましょうか…♪ダン・ダラッタ・ダン・ダ~ン(by クインシー・ジョーンズ)

STVラジオ『MUSIC☆J』”シーズン6.5" (毎週土曜・日曜 18:00~21:00) ★4月2日(土)スタート★

MUSIC★J
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 19時00分~22時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター、選曲家。北海道札幌市出身。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活躍中。
番組ホームページ

★リクエストメール:mj@stv.jp
★twitterハッシュタグ:#musicj 
 70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。J-popの源流を築いた往年の名曲を毎日30曲前後も紹介するパワー・プログラム。いまの10代~20代にも聴いて欲しい、日本の音楽がわかる番組!ブームの"シティ・ポップ"、その源流や背景、エピソードは「MJ」の最も得意なフィールドです。
 
 パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。
 ☆広島・RCCラジオでも同時生放送(~21:50)

※該当回の聴取期間は終了しました。

yamaがZIP-FM『SWEET VOX』に登場!『くびったけ』レコーディング秘話を語る

ZIP-FMが平日のお昼にお届けしている『SWEET VOX』(毎週月曜から木曜、14時~17時放送)。8月17日(水)の放送では、ゲストにyamaをお迎えしました。2020年4月にリリースした「春を告げる」が大ヒット!しかし、プライベートは謎に包まれたyamaに、番組ナビゲーターの高木マーガレットがインタビュー。

この日の番組テーマ『山派?海派?』という質問には「山派!」と即答。この夏、アルバムリリースの祈願も込めて、富士登山を計画しているそうです。

さらに、先月より配信されている『』のレコーディング裏話も披露。同楽曲のプロデューサーVaundy独特の語尾で下がる"フォール"に苦労したとのこと。カラオケでなりきって"フォール"するには?という質問にも快く回答。レコーディングでディレクションもしてくれたVaundyから様々なことを吸収できたと話してくれました。

また、8/31リリースのアルバム『Versus the night』に収録される『それでもぼくは』について、自身が初めて作詞作曲をした楽曲で、自信がなかったが、つたないけど自分の言葉を表現する等身大を意識した楽曲と語りました。

素顔を明かさないyamaですが、真摯な受け答えに人柄が垣間見え、アルバムがますます楽しみになったインタビューでした。

Facebook

ページトップへ