秋に起こりやすい健康トラブル「天気痛・秋バテ・抜け毛」の原因・対策とは

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』月~木曜日の11時から放送中!

10月5日(水)放送後記

生活の知恵を授かるコーナー「スーさん、コレいいよ!」。
お話を伺うのは…生活は踊る”月1レギュラー”、医療ジャーナリストで医師の森田豊さん!

秋に起こりやすい健康トラブル

「秋に起こりやすい健康トラブル」と聞いて、どんなものが思い浮かびますか?春だと、すぎ花粉症、夏は熱中症 などがありますよね。秋は他の季節に比べて、具体的に「コレ!」というものがあまり浮かばないかと思います。そこで今回は、この時期だからこそ気を付けたい「秋に起こりやすい健康トラブル」を3つ紹介しますので、原因や対処法を考えていきましょう。

①『気圧の変化によって生じる、天気痛』

低気圧が来る前、あるいは来た後に頭痛が生じたり、強くなったりします。その他にも、疲労感、倦怠感、むくみ、気分の落ち込みなども生じますね。天気痛で悩む半数以上の人が、一つの症状ではなく複数の症状を抱えているという統計もあります。小林製薬の統計によると、天気痛で困っている人は3人に1人いるとされています。

<なぜ起こるの?>
気圧の変化を感じるセンサーが耳の奥の「内耳」というところにあります。このセンサーが急激な気圧の変化を感じると、自律神経の交感神経と副交感神経がバランスをみだしてしまいます。交感神経が活発になりすぎると、痛みの神経を刺激し、頭痛が起きたり、古傷が痛んだりします。一方、副交感神経が活発になりすぎると、倦怠感や気分の落ち込みを感じます。
<対処法>
よく睡眠を取ること、そして、市販の鎮痛剤などで対処することが一般的です。
その他に推奨されていることとしては、「耳マッサージ」があります。
1、両耳を手でつまんで上に下に、そして、真横に引っ張ったり、つまんだまま回したりしてみてください。
2、耳と耳の周りを揉みほぐすことで血行が良くなり、内耳の状態の改善に効果が期待できるとされています。

▼天気痛を感じたとき、なりそうなときは、無理をしない範囲で試してみてください。

②『およそ70%の人が経験したことのある「秋バテ」』

「秋バテ」は夏から秋にかけての気候の変化によって、身体が疲れてしまう状態のことをいいます。
倦怠感、疲労感、胃もたれなどの胃腸トラブル、肩こりや頭痛が主な症状です。「鼻水が出るだけ」という症状だけのときもあります。リンナイという会社が去年の秋に調査したところ、季節の変わり目に体調を崩したことがある方は、およそ70%もいるという結果が出ました。

<原因は?>
寒暖差は大きな原因で、さきほどの天気痛と同じで、自律神経のバランスが崩れることで症状が出てしまいます。そして、もう一つ、「日照時間が少なくなること」も原因と考えられています。日照時間が減ることによって、「セロトニン」という幸せを感じるホルモンの分泌が少なくなるので、眠りが浅くなったり、やる気が出ない という症状を助長するわけですね。
<対策法>
自律神経のバランスを正すには、散歩や積極的に家事をするなどの、適度な運動が推奨されています。また、寒暖差が原因になっていますので、夜寝る1~2時間前に38度から39度ぐらいのぬるめのお風呂に、15分間入ることも大切と考えられています。食べ物のオススメは、「鶏のむね肉」がオススメです。理由としては、鶏肉にふくまれるイミダゾールジペプチドという栄養素に、脳の疲れをとってくれる働きや、細胞の酸化を防いだり、運動のパフォーマンスを効果的に高めると報告されているからです。以前、「ケンタッキーフライドチキンを食べると元気になる気がする」と、スーさんがおっしゃっていて、番組でも取り上げたことがありましたね。

③『みなさん、気付いていますか? 秋の抜け毛』

秋は一年の中でも抜け毛が増える時期と考えられています。通常でも1日に50本~100本の毛が抜けますが、秋には1日に200本~300本抜けるケースもあると報告されているんです。

<原因は?>
夏の紫外線によるダメージの蓄積が、秋にあらわれることが大きな原因と考えられています。また、紫外線が、髪の毛の表面のタンパク質を直接壊してしまうこともわかっていて、髪の毛1本1本を細くしてボリュームも少なくしてしまうとされています。また、夏の食事で栄養が偏った状態になりタンパク質不足になることで、髪に栄養が行き届かず抜け毛につながります。さらに、何度も出てきている「寒暖差」も抜け毛の原因になります。

髪の毛の80%~90%はタンパク質で構成されていて、タンパク質が不足すると、必要な臓器に優先的に回され、髪の毛は後回しになってしまうので、積極的にタンパク質の摂取をしてもらいたいです。
ちなみに、髪の毛のために昆布やわかめを食べるというのは都市伝説。

また、最近注目されているのが、頭皮マッサージです。頭皮マッサージでかたくなった頭皮をやわらかくし、血流を良くすることで、健康な髪の毛の育成に期待できます。指の腹や手のひらを使い、気持ちいいと感じる程度の強さで頭皮を刺激し血行がよくなると頭や顔、肩周りがぽかぽかとあたたまる感覚が得られます。

タグ

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ