DEENのボーカル・池森秀一さんが登場!

高島麻衣子がDJを務めるFMヨコハマ『プラする〜あなたにプラスするラジオ〜』。12月17日と24日のゲストは、今年結成30周年を迎えたDEENのボーカル・池森秀一さん。アーティスト活動についてはもちろん、お蕎麦への愛情やこだわりを熱く語っていただきました。

池森さんは、1969年生まれ、北海道のご出身。みなさんご存知の通り1993年に「このまま君だけを奪い去りたい」でデビュー。この曲がいきなりミリオンヒットを記録し、その後も「瞳そらさないで」「Teenage dream」「未来のために」「ひとりじゃない」「君さえいれば」など数多くのヒット曲をリリースします。

今年、DEENは結成30周年。その一方で「大のお蕎麦好き」としても有名です。お蕎麦が好き過ぎて、2020年には、共同開発したそばを発売するまでに。さらに2022年には、赤坂に「SOBA CAFÉ IKEMORI」を出店されています。まさに「二刀流」である池森さん。まずは音楽へのルーツからおうかがいしました。

実は池森さんのお母さまは民謡歌手、お姉さまも歌の世界のプロを目指されていたということで、その影響を受けた池森さんは小学6年生の頃からギターを始められたそう。中学・高校時代は文化祭でステージに立つほどだったとか。ちなみにその頃は長渕剛さんの楽曲などをカバーされていたそうです。プロとしてのデビューは1992年。池森秀一名義で、ドラマ『ウーマンドリーム』の挿入歌「Dreamin'」を発表します。翌1993年に、DEENのボーカリストとして「このまま君だけを奪い去りたい」でメジャーデビューを果たし、ミリオンヒットを記録。そこから次々とヒット曲をリリースします。

さらにトークはお蕎麦の話題へ。今や「蕎麦森さん」 とまで呼ばれるようになった池森さん。お蕎麦好きになったきっかけは意外にも体重をコントロールする為だったとか。当時、トレーニングによって筋肉体質になった時期があり、体重=筋肉を減らさなければならない事態に!!その時、ふと手にしたダイエット本の食事指導にお蕎麦が推奨されていたそう。そこから毎日お蕎麦を食べ続け見事!体重減を果たされたのですって!これぞ、運命の出会いですね。

健康に良いと言われるお蕎麦。池森さんは、今もなお毎日お蕎麦を食べ続けていらっしゃるそうです。全国ツアーの際には、各都道府県のお蕎麦屋さんを食べ歩き、お蕎麦好きが高じて、TVのバラエティ番組で全国の絶品蕎麦をご紹介。この紹介によって、日本のお蕎麦の乾麺が注目され、売り上げが急増したとか。今では、企業と共同開発したお蕎麦を販売、さらに2022年東京・赤坂に「SOBA CAFÉ IKEMORI」を出店。これまでになかった蕎麦屋として話題を集めています。今年でDEEN結成30周年を迎え、お蕎麦の開発事業もさらに充実。池森さんの音楽&お蕎麦に対する情熱話を、ぜひradikoのタイムフリーでお聴き下さい。

プラする~あなたにプラスするラジオ~
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 5時30分~6時00分
出演者:高島 麻衣子
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ