「マイルチャンピオンシップ」2021! 秋の競馬中継はラジコで聴こう

下半期のマイル王決定戦「マイルチャンピオンシップ」が、11月21日(日)に阪神競馬場で開催されます。勢いに乗る3歳馬からGIを制した強豪古馬まで、多彩な顔触れが揃うレースを制するのはどの馬なのか? ぜひラジコで中継をお楽しみください。

「マイルチャンピオンシップ」とは?

1984年、グレード制の導入による競走体系の見直しに伴い、短距離競走の充実を図る目的で「マイルチャンピオンシップ」(通称:マイルCS)が創設されました。創設以来、11月第3週目の京都開催、芝1600m(外回り)を舞台に変わりなく行われています。

春の安田記念とともに、マイル(1600m)のチャンピオン決定戦として位置付けられており、短距離で実績を積んできた馬はもちろん、クラシック路線を歩んできた3歳馬や天皇賞(秋)の出走馬たちが出走する例も多く、例年多彩な顔触れが揃うレースです。

京都競馬場の整備工事に伴い、レースは昨年に続き今年も阪神競馬場で開催されます。最初のコーナーまでの距離は444m、ゴール前は474mと、直線で瞬発力を発揮できる馬が基本的に有利です。ゴール直前には高低差1.8mの急坂が待ち構えており、スピードとパワーだけでなくタフさも求められます。

「マイルチャンピオンシップ」注目馬は?

昨年のマイルCSを制したグランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、今回のレースを最後に引退する事が決まりました。全8勝中6勝はマイル距離、阪神・芝1600mではGIのみの出走で3戦2勝、3着1回と好相性です。GI6勝目、そしてダイワメジャー(06年、07年)以来のマイルCS連覇を達成し、有終の美を飾ります。

NHKマイルカップの覇者・シュネルマイスター(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)は、3着に敗れた安田記念のリベンジがかかります。前走の毎日王冠では唯一の3歳馬ながら、安田記念の覇者・ダノンキングリーら強豪古馬を一蹴し、重賞2勝目を挙げました。今後のマイル路線を引っ張っていく存在となれるのか期待が集まります。

一昨年のマイルCS覇者・インディチャンプ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、昨年4月の読売マイラーズC以来白星が無いものの、GIレースでは上位争いを続けており、衰えを感じさせません。昨年同様、安田記念以来のレースとなりますが、最終追い切りでは十分な仕上がりを見せており、王者奪冠を目指します。

「マイルチャンピオンシップ」出走馬はこちら

競馬の中継番組まとめ

日曜競馬実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時30分
出演者:長谷川仁志、佐藤直文、境和樹
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

GOGO競馬サンデー!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~16時30分
出演者:佐藤哲三(元JRA騎手)、来栖正之(MBSアナウンサー)、河本光正(MBSアナウンサー)、三宅秀一郎、奥村麻衣子、青木行雄、西村敬
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

OBCドラマティック競馬
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 10時00分~16時30分
出演者:西村寿一、濱野圭司、田辺大介、三宅きみひと、松下翔、井川茉代
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第2(RaNi Music♪)
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

辛坊治郎が解説 今後、アルジェリアが「デリケートなところになる」理由

辛坊治郎が7月6日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。今、ウクライナ情勢を受けて「アルジェリア」が注目を浴びる理由を詳しく解説した。

※イメージ

1962年にフランスから独立したアルジェリアは5日、独立60周年を記念する軍事パレートを行った。辛坊の解説によると、アルジェリアは石油や天然ガスの産出が盛んな国で、地中海に面しており海底に敷かれたパイプラインでスペインなど南ヨーロッパの国々へ天然ガスを供給しているという。

約4割の天然ガスをロシアからの輸入に頼っているEUは、ウクライナ侵攻の対露制裁の報復でロシアからの天然ガス供給制限に苦しんでおり、その代替調達先として注目されているのがアルジェリアなのだ。そのような背景からアルジェリアは経済外交で「でかい態度」に出ているという。さらにアルジェリアへの最大の武器供与国はロシアとされており、辛坊は「アルジェリアがヨーロッパにとって、非常にデリケートなところになっている」と語り、今後の国際情勢の重要な鍵を握る国になりそうだとした。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ