「マイルチャンピオンシップ」2020! 秋の競馬中継はラジコで聴こう

下半期のマイル王決定戦「マイルチャンピオンシップ」が、11月22日(日)に阪神競馬場で開催されます。毎年1位をめぐって僅差での競り合いが起こる激戦のレース、果たして今年はどの馬が勝利を掴むのでしょうか。ぜひラジコで中継をお楽しみください。

「マイルチャンピオンシップ」とは?

1984年の創設以来、11月の第3週目に芝1600メートル(外回り)を舞台に行われるGⅠレース。長距離の多い重賞レースの中でも、「スピード重視」の芝1600m(=1マイル)を走り切るところが特徴です。例年京都競馬場で行われていますが、今年は整備工事のため阪神競馬場で行われます。

また、エリザベス女王杯やジャパンカップと並び、外国馬を招請しレースの質を高める秋季国際GⅠ競走シリーズ「ジャパン・オータムインターナショナル」に指定されているレースでもあります。クラシック路線を戦ってきた3歳馬をはじめ、G1ホースが多く参戦するなど、出走馬が多彩な下半期の“ベストマイラー決定戦”です!

「マイルチャンピオンシップ」注目馬は?

最注目は6月の安田記念、10月のスプリンターズステークスで圧巻の走りで勝利を収めたグランアレグリアです。安田記念では天皇賞(秋)勝者のアーモンドアイを、スプリンターズステークでは昨年のマイル王・インディチャンプを退けて完勝。来年1月に行われる2020年度のJRA賞の短距離部門受賞を目指し、グランアレグリアにとっても勝ちたいレースです。

また、今年の皐月賞と日本ダービーで、三冠馬となったコントレイルに敗れ惜しくも2着になるも、その見事な走りが話題になったサリオスにも期待。去年の朝日杯フューチュリティステークスで勝利するなど、もともと短距離での戦いを得意としている馬で、前走となる毎日王冠(芝1800m)でも見事勝利しています。

さらに、前回覇者のインディチャンプも出走します。昨年は安田記念も制しJRA賞最優秀短距離馬に輝くも、今年は怪我でスプリンターズステークスへの出走を断念するなど不調なようす。もし勝利することが出来れば、マイルチャンピオンシップ史上6頭目の連覇となります。快挙を遂げることが出来るのか、必見です。

「マイルチャンピオンシップ」出走馬はこちら

競馬の中継番組まとめ

日曜競馬ニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週日曜 14時30分~16時00分
出演者:清水久嗣、堀江ゆかり
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

日曜競馬実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜 9時30分~16時30分
出演者:解説:長谷川仁志(第1部)、武井友彦、佐藤直文(第2部)
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

OBCドラマティック競馬
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 10時00分~16時30分
出演者:西村寿一、濱野圭司、田辺大介、三宅きみひと、松下翔、武田英子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

GOGO競馬サンデー!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~16時30分
出演者:佐藤哲三(元JRA騎手)、来栖正之(MBSアナウンサー)、仙田和吉(MBSアナウンサー)、河本光正(MBSアナウンサー)、三宅秀一郎、奥村麻衣子、青木行雄、西村敬
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
出演者:飯田正美(日刊競馬)、能勢俊介、小木曽大祐(日刊競馬)、前半実況:中野雷太、後半実況:山本直也
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第2(RaNi Music♪)
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
出演者:解説:正木茂(サンケイスポーツ)、森本昭夫(競馬評論家)、前半実況:山本直、後半実況:米田元気
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ