【番組レポート】静岡に人気パーソナリティが集結!「ラジオナイトサミット2017」【後編】

去る11月11日(土)、SBS開局65周年特別番組『つづきはラジオで』が、16時間に渡って放送されました。本記事では、20時30分から2時間30分に渡って放送された『ラジオナイトサミット2017 ラジオはつづく』の模様の記事の後半をお届けします!

▼前編はこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/10206/intro/

後半の番組の様子をご紹介!

後半は、ラジオ業界に大きな変化をもたらせてくれるのではないか、と言われているAIについて「AIの登場でどうなる? ラジオ業界」をテーマに展開しました。実はSBSラジオ『#椎木里佳パイセンの放課後ラジオ』でも、現役慶應大生の椎木さんが、女子高生を迎えてAIをテーマに放送しました。AIスピーカーの色々な機能を試していた椎木さん曰く「女子高生×AIスピーカーって、なかなかないから面白いかなと思って」とのこと。

そこで、AIの研究をされている、静岡大学情報学部行動情報学科 准教授の狩野芳伸先生も登場! ここからは、最新ツールに非常に詳しく、ニッポン放送『ミューコミ+プラス』でパーソナリティを務める、”日本一オタクなアナウンサー”、吉田尚記アナが進行を務めました。

 

▲狩野芳伸先生(右から2番目)

 

狩野先生は、自身の研究を生かして「キャッチコピーの自動生成」を開発しました。文字通り、言葉を入力するだけで複数のキャッチコピーが自動的に作られて、即座に表示されます。試しに「鬼頭里枝」と入力すると、あっという間に「”お疲れ様”が似合う鬼頭里枝」「鬼頭里枝に言い訳するな」「年収は鬼頭里枝で変わる」「鬼頭里枝の野心も入っています」などのキャッチコピーが作られました。どれも鬼頭さんのキャッチコピーに合っているような内容ばかり。狩野先生によると「プロのコピーライターが作ったキャッチコピーを機械に入力しておくと、機械が学習をして色々なコピーを作ってくれるんです。鬼頭さんのキャラクターにピッタリ当てハマったのは偶然かも」とのこと。

ただし、いくら言葉を覚えても、自然な日本語にするのはまだまだ大変なようで、長文ほど意味が通じない言葉になる可能性があるそうです。そのため、ある人物が発した言葉を覚えさせたからといって、ラジオのフリートークのようなトークができるかというと、「て・に・を・は」の問題などを含めて、「今のところは難しい」とのことでした。

狩野先生:例えば、森谷さんをまるごと”自動化”(コピー)して“森谷佳奈bot”みたいなのを作りたいですね。

森谷アナウンサー:え? それでは、私の存在意義って、なに?

狩野先生:オリジナルに価値があると思います。

森谷アナウンサー:ありがとうございます。先を越されないように頑張ります……。

と、ややシュールな話も飛び出しました。続いて、吉田アナが今後の展望を質問したところ、予想外の答えが返ってきました。

吉田アナウンサー:最終的に目指しているのは、例えばおばあちゃんを自動化して、「亡くなったおばあちゃんがどう言うか」といったことが分かる……ようなことですか?

狩野先生:いや、おばあちゃんというよりも、僕は自分を自動化したいです。とりあえず自分のコピーが欲しくないですか?

椎木さん:なんで?! 変態!

思わず椎木さんから本音が出ましたが、狩野先生によると「例えば、自分のお喋りのように無意識にやっていることを自己分析することで、メカニズムが分かるから」だそうです。先生の話に、出演者全員すっかり聞き入ってしまいました。

先生のお話が終わり、今のラジオの話に戻りました。「面白い番組を見つけるにはどうすればいいか」という話になり、やきそばかおるさんが1週間かけて作ったという、手作りの表を公開しました。日曜22時から22時30分の間に放送されている番組のタイトルを、「ジュニア向け⇔シニア向け」「トーク中心⇔音楽中心」で分けた分布図です。”日曜22時”にしたのは、この時間はAMもFMも同時ネットの番組が少なく、radikoプレミアムに入っている人ならNHKラジオを含めて約70本の番組を聴くことができる時間帯だからだそうです。「こんなにたくさんのタイトルの番組が、同じ時間に一斉に放送されているということだけでも分かってもらえたら」と、やきそばさん。

 

▲日曜22時〜22時30分に放送されているラジオ番組分布図(あくまでも、作成したやきそばさんの主観によるものです)

 

そのほか、各放送局のラジオ番組のスタッフの人数の話になりました。情報番組、トーク番組などのジャンルや放送時間などにもよりますが、パーソナリティのほか、ディレクター、ミキサーの3人で作られている番組が多いようです。収録番組の場合はディレクターのみということも多いですが、なかには1時間の生放送番組なのにアナウンサーが一人で機械操作をする番組もあります。ちなみにBSSラジオ『森谷佳奈のはきださNIGHT‼』は、ディレクター(大村さん)のほかにメールを選ぶスタッフがいましたが、1人削減されて2人体制になったのだとか……。

番組もエンディングへ

 

▲「友好番組協定証」を手に記念に一枚。タブレットに映っているのは、岩﨑さん、白坂さんをはじめ、MBCの皆さん。吉田アナウンサーは、うっかり失礼なことを言うと、自らを戒めるために自ら脱ぐという謎の行動に出てしまい、エンディングでは、このような姿に。

 

リスナーから届いたメッセージを紹介しているうちに、あっという間にエンディングへ。リスナーから寄せられた「ラジオは縁を運んでくれるもの」というコメントに、出演者全員が頷いていました。吉田アナウンサーも「遭わなかったことと繋がることができるのはラジオならでは。だから、明日どこの局のどの番組でもいいからラジオを聴いて!」と提案しました。

また、リスナーの皆さんにメッセージを送る際に、住んでいる都道府県を明記するようにお願いしていたのですが、スタッフが集計したところ、なんと47都道府県のうち30の都道府県からメッセージが届いたことが分かりました。

都道府県名を書いていない人やサイレントリスナーも多くいると予想されるため、かなりの地域の方がラジオやradikoプレムミアムで聴取したことになります。この結果に出演者一同大喜び。ガラス越しに見守っていたSBSラジオの大勢の関係者からも、盛大な拍手が起こりました!

この放送はradiko.jpで11月18日(土)までタイムフリーでお楽しみいただけますので、ぜひ聴いてみてくださいね!

番組概要

■番組名『SBS開局65周年特別番組「つづきはラジオで」 ラジオナイトサミット2017〜ラジオはつづく』
■放送局:SBSラジオ
■放送日時:11月11日(土) 20時30分~23時
■出演者:鬼頭里枝、森谷佳奈、椎木里佳、吉田尚記、岩﨑弘志、白坂麻生、森田謙太郎、やきそばかおる

出演者プロフィール

【パーソナリティ】

■鬼頭里枝
静岡を中心にラジオ・テレビで活躍するフリーパーソナリティ。SBSラジオ『テキトーナイト‼』(毎週土曜日21時~23時30分)は、2009年開始以来、10代から“元10代”の人まで、幅広い層に支持されている人気番組。静岡県内の学校を訪問したり、リスナーから寄せられる相談に答えたりして、時にユルく、時に真剣な放送をお届けしている。

■森谷佳奈
BSS山陰放送アナウンサー。リスナーから寄せられた”はきだしたいこと”を紹介するBSSラジオ『森谷佳奈のはきださNIGHT‼』(毎週月曜日 21時~22時)は、2016年、入社2年目の春にスタート。TBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日曜日 13時~15時)の企画「全日本ラジオ新番組選手権2016」にて、リスナー投票によりグランプリを獲得した。

■椎木里佳
慶應義塾大学2年生の19歳。東京都出身。中学3年生で女子中学生・高校生をターゲットとしたマーケティング会社「株式会社 AMF 」を起業。SBSラジオ『#椎木里佳パイセンの放課後ラジオ』(毎週土曜日 20時30分~21時 ※大分県・OBSラジオでも土曜 21時から放送中)のパーソナリティを務める。

■吉田尚記
漫画、アニメ、アイドル、落語など多彩なジャンルに精通。パーソナリティを務めるニッポン放送『ミューコミ+プラス』(月曜日~木曜日 24時~24時53分 ※北海道・STVラジオでも放送)では、2012年「第49回ギャラクシー賞」でDJパーソナリティー賞を受賞。

■岩﨑弘志
MBC 南日本放送アナウンサー。33歳。MBCラジオ『てゲてゲハイスクール』(毎週日曜日 13時~14時)、『てゲてゲハウス』(毎週日曜日 15時~16時50分)パーソナリティ。2月に開催される「てゲてゲハイスクール フェスティバル」は、大勢の高校生が参加する一大イベント。

【ラジオ関係者】

■白坂麻生
MBC南日本放送 デジタルメディア部。放送局のSNSのアカウントを運営。大のラジオ好きが高じてMBCに転職。チェックするだけで、MBCラジオが一層楽しくなるツイートに定評がある。

■森田謙太郎
Twitter Japan シニアマーケティングマネージャー。ツイッターのビジネス活用法を紹介する全国セミナーの講師のほか、SBSラジオ『聴くディラン』(月曜日~金曜日 14時~18時55分)、J-WAVE『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(月曜日~木曜日 6時~9時) など、各地のラジオ番組に出演中。

■やきそばかおる
コラムニスト。全国のラジオ番組に詳しく、ラジオに関する連載、インタビュー取材、番組構成、ラジオ番組出演など多岐に活躍中。全国の楽しい番組を紹介する「週刊 ラジオ情報センター」(月曜21時〜22時頃)を吉田尚記アナ、シオンJr.とツイキャスにて生配信している。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/3d014928

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、どこにいても全国のラジオ番組を楽しむことができます。

 

テレ東・佐久間P、「テレビで面白いと人気者に、ラジオで面白いと“好き”になる」

7月15日、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」に出演し、ラジオへの愛とその力について熱く語った。

佐久間は、2019年4月からオールナイトニッポン0(ZERO)の水曜パーソナリティを務めており、“ニッポン放送の未来を担うパーソナリティ”としてスタジオへ登場したが、この紹介に対して「テレビ東京の未来すら担ってないのに」と苦笑。しかも特番の最後のゲストということで「43歳のただのサラリーマンが開局特番のオオトリ!?」とツッコミを入れた。

伊集院光、とんねるず、電気グルーヴ、川村かおりなどの「オールナイトニッポン」を中高生の頃に福島から聞いており、就職試験でニッポン放送を受けたこともあるというほどのラジオ愛を持つ佐久間が、ラジオの魅力、テレビとの違いについて語った。

「テレビバラエティっていうのは、無料でいろんなところに届くけど、やっぱりラジオの魅力っていうのは、1対1で捕まえられるっていう、ハートを掴めるっていうことだと思うんです。僕の場合だったら若手芸人のネタをよくやるんですけど、テレビに出るにはまだ花とか力が足りないけど、その中で、ラジオでリスナーと一緒に育てて行ったりするのも楽しいなと思ったりもするし。

テレビはすぐに結果を出さなければ行けない現場だったりするところもあるんですけど、ラジオってリスナーと一緒に育てたりもできるなっていう。そういった意味で言うと、役割を変えながら一つのものを(一緒に)やっていくっていうのはできるなと思ってますね」

パーソナリティならではのメディアミックスの可能性にも言及した佐久間は、

「ラジオっていうのは、その人のキャラクターを掘り下げるから、好きになっちゃいますよね、ラジオが面白いと。テレビが面白いと、人気者にはなるかもしれないけど、ラジオが面白いと好きにになっちゃうなって感じはありますね」

と、ラジオ愛溢れる分析も披露した。

ニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」
FM93AM1242ニッポン放送 2019/7/15 5:00-21:50

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ