ナイター以外にもこんなに放送されている! 火曜日夜に放送されているAMのおすすめ番組

ご存知の方も多いと思いますが、2018年の春、TBSラジオは野球中継の後継番組として『アフター6ジャンクション』(月曜日〜金曜日 18時〜21時)をスタート。

それに伴い、各地のAM局ではオリジナル番組の放送を開始したところも多数あり、特に火曜日はその数が多いのです。そこで今回は、火曜日の18時〜21時に放送されているAMの番組の中から、おすすめの番組をご紹介します!

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』月曜日〜金曜日 18時〜21時

cl_20180419102536_6552592
まるでカルチャー誌のように富んだ内容で、映画、音楽、サブカルチャーの情報が続々と紹介される番組。字多丸さんのフィルターを通して、より楽しく、より深く届けられます。中でもおすすめは19時台の「LIVE & DIRECT」。6月20日(水)の放送には爆笑問題や伊集院光さんも絶賛しているシンガーソングライターで、自身も大のラジオファンの関取花さんが出演。ご本人の演奏を前に、字多丸さんは感激して胸を詰まらせる場面もありました。

”前身”の番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』では、「蹴られたい女 最高会議」「ねぶたにしたいアイドル特集」など、時に暴走ともいうべく独自路線を突っ走っていただけに、宇多丸さんのこれからの活躍をお楽しみに!

IBS茨城放送『菊地真衣のこんなんで、いいのかYO!?』毎週火曜日 20時〜21時


2017年に「ミスユニバースジャパン 茨城大会」のファイナリストに選ばれたものの、昨年は「また今年も茨城放送の菊地アナ、ミス・ユニバースに挑戦するってYO!?」という企画を立ち上げ、「2018ミスユニバースジャパン 茨城大会準グランプリ」を獲得、見事にリベンジを果たした菊地真衣アナウンサーがパーソナリティを務めます。そ菊地アナウンサーは、なぜかバンジージャンプなどの体当たり企画に挑戦させられており、リスナーは面白おかしく見守っていました。

トークには茨城放送ネタも多く、Twitterにはユニークなツイートも多いので、ぜひ菊地アナウンサーをフォローしてみてくださいね!

番組は参加しやすいコーナーが並んでおり、リスナーから寄せられた変わった雑学を”ヤギが”紹介する「菊ヤギさん」、いわゆる普通のお便りを菊地アナウンサーがニュース風に紹介する「YO NEWS」など、高めのテンションで進行していきます。

MRO北陸放送ラジオ『ムフフナイト』毎週火曜日 20時〜21時


まさに「ムフフ」な、“大人による大人向けの投稿”が多い番組。

紹介する曲から恋愛について読み取ったり、リスナーから寄せられた恋愛や日常の出来事に関する投稿に耳を傾けたり……。出演はベテランで軽快な語り口の長田哲也アナウンサーと、入社2年目の赤間有華アナウンサー。

赤間アナウンサーは話題に事欠かない人で、特技はチアダンス(得意技はウルトラCの技「スコーピオン」)、バレエ歴18年、新体操(I字バランスが得意)、着付け、舞台鑑賞で、好きな虫はミヤマクワガタだそうです。ちなみに「スコーピオン」は片足を振り上げて頭の後方で掴む技で、それに関連しているのかどうかは分かりませんが、ブログのタイトルは「ひみつの華園ここに有り〜有華の180度伝説〜」です。

地元以外からの地域の投稿が多い番組のひとつで、最近は大分県のリスナーの参加者が多く”大分枠”と呼ばれることもあります。中には海外リスナーからの「ムフフ」な投稿も。

YBSラジオ『NYT ナイト♪セッション』毎週火曜日 18時20分〜20時


4月スタートの番組です。「NYT」(エヌワイティー)はバイオリンの那由多さん、ギターの哲也さんからなるインストゥルメンタルデュオ。山梨を中心に活躍していて、学校や幼稚園、施設、病院等、さまざまな場所で年間100本を超える演奏を実施しています。オリジナル曲のほか、クラシックやポップス、ジブリやアニメ、映画音楽など幅広く演奏。

「Music Relation」では、曲のタイトルの最後の文字をしりとりでつないでいき、ふたりがそれぞれ1曲ずつ選曲。どちらの曲をかけたいかリスナーからオンエア中に生投票を募集して決定します。クラシックに限らず名曲・ヒット曲を生演奏する「イチオシ インスト映え」のコーナーも! 生放送なので参加するもよし、音楽をじっくりと紹介する番組なのでタイムフリーを使って遅い時間に聴くのもよし。

OBCラジオ大阪『熟メン!野村啓司です』月曜日〜木曜日 18時〜19時45分


とっておきの歌謡曲と、ベテランパーソナリティの野村さんの洒落た会話が光ります。中でも注目は水曜日 18時25分頃からのコーナー「だったら聞いてよ、この話」。加山雄三さんや舟木一夫さんなど、毎回1人の歌手をテーマに、なぜその人のその歌がヒットしたのか、エピソードを紐解いていきます。

そのほか、ある歌手が歌った意外なカバー曲にも注目。例えば、中森明菜さんが歌った「舟唄」、水森かおりさんが歌った「無縁坂」など、貴重な曲を聴くことができます。

ちなみに、野村さんの趣味は写真……ということで、先日の放送では、「アジサイを撮る時は雨上がりがいいんです。水滴にまわりの景色が写りますから」とアドバイスをしていました。

番組Instagram「野村寫眞館」では、野村さんが撮影した綺麗な風景写真が公開されているので、チェックしてみてくださいね!

KBS京都ラジオ『滝トールのおつかれさん!』毎週火曜日 18時〜19時/19時30分~21時


見るからに性格が良さそうな滝さんがパーソナリティを務めます。ほんわかしたトークに冗談を交えつつも、ゲストが話している時は邪魔しないのが特徴のひとつです。昨年、芸能生活50周年を迎え、サプライズパーティーが盛大に行われました。

アシスタント・和泉夏子さんの、ほどよい相槌や滝さんへのツッコミ、さらに”奇跡の51歳”ともいえる美貌にも注目。「50歳を過ぎてるんですか⁉︎」と驚かれると嬉しいそうです。和泉さんは日本和装総合協会「師範・教授」でもあり、着物姿が番組サイトに公開されています。

RNC西日本放送『ラジオ スローリー』毎週火曜日 19時〜21時


4月スタート。パーソナリティに19歳の女子大生・赤松汐音さんを起用しています。

初々しいしゃべりがリスナーの心を鷲掴み、TBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日曜日 13時〜17時)で行われた人気企画「全日本ラジオ番組選手権2018」でリスナーからの人気投票により優勝! 地元の新聞社から取材を受けたほど話題になりました。

放送開始から3ヶ月が経ちましたが、今でも、ゲストコーナーの途中で時間がきてしまい、コーナーを急に切り上げることになったり、フリートークの途中で言葉に詰まったりします。そんな赤松さんを、リスナーはヒヤヒヤしながらも、温かく見守っています。全国のリスナーからメッセージが届く番組のひとつです。

リクエスト曲とテーマ投稿の紹介を軸に進行。中でも人気のコーナーは「今日のランチ、なにたべた?」で、その名の通り食べたランチの写真を送ってもらうコーナーなのですが、倍率が高いため投稿者のセンスが試されます。

ちなみに、赤松さんはゆっくりと話すので文科系のイメージがありますが実はアグレッシブ! 応援団に入っていて、男の子に学ランを借りて応援していたこともあるそうです。

RNB南海放送『まっすんのこれかラジオ』火曜 19時〜21時30分


コンセプトは「"これからのラジオ" を産み出す、挑戦する番組」。

愛媛の "挑戦者" を応援するインタビュー、商品を紹介しつつリスナーからさまざな意見や質問に答える「チャレンジショッピング」などを柱に、世界の出来事を "愛媛の普通の人の目線" で読み解くトークです。愛媛発の番組ですが、各地で聴いている人にとってはヒントになる話が満載。

パーソナリティーは劇団P.Sみそ汁定食の桝形浩人さん。政治経済からスポーツまで、幅広い分野に明るいのが特徴です。ゲストの話を引き出すのがうまく、リスナーから寄せられた質問を交えて分かりやすく伝えます。6月には劇団P.Sみそ汁定食の第14回公演が行われ、全公演が満席だったそうで、要注目人物のひとり。

経営コンサルタントでコメンテーター・山本裕治さんも加えるため、情報量が非常に多い番組です。

RBCiラジオ『柳卓のいんでないかい!』第1部 月曜日:17時~17時20分/火曜日~金曜日:17時~17時25分、第2部 月曜日:18時30分~20時/火曜日~金曜日:18時30分~21時 ※野球中継が雨天中止した際は第2部も放送


放送回数1000回以上の人気番組。柳卓さんは北海道から沖縄に移って40年たちました。

博学で、どんなメッセージでも楽しく話題を広げます。日替わりでいろいろなコーナーが並びますが、中でも火曜日は“何を唄っているのか不可解な曲”にツッコミを入れる「ツッコミ歌謡曲」や、「滅多にリクエストが来ないレア曲リクエスト 思いつき歌謡曲」のコーナーなど、タイトルからしてユニークなものがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ラジオ沖縄『ビッグ・クラッカー』毎週火曜日 20時〜21時50分


4月にスタートしました。

パーソナリテイは、番組の公式Twitterにアップされている写真からして、ひとクセある久高せいやアナウンサー。「聴いている側を疲れさせる番組」と本人は言っていますが、リスナーから良い塩梅でイジられたかと思いきや、ニュースコーナーでは旬の話題に分かりやすく迫るなど、緩急のついた2時間です。

ラジオNIKKEI第1『#とらメロ 荻野可鈴のお金が全て?』毎週火曜日 19時〜19時30分


夢みるアドレセンスのリーダーであり、モデルやタレントとしても活躍中の荻野可鈴さんがパーソナリティを務めます。

もともと、荻野さんがお金持ちになるためのアドバイスをリスナーから寄せてもらう……といった旨のコンセプトだったものの、いつの間にか荻野さんのマシンガントークを活かしたフリートーク番組に。

時々、経済に関する問題に挑戦することがありますが、見事に面白く外します。自称”ラジオNIKKEIで唯一、役に立たない番組”。

※番組紹介は北の放送局から順番にしています。

この記事を書いた人

YMgrdfKa

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「 I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter:@yakisoba_kaoru

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ