第十八回「声優アワード」受賞者のラジオ番組

1年で最も印象に残る声優や作品を表彰する「声優アワード」。今年は3月9日(土)に授賞式が行われました。本記事では、第十八回「声優アワード」受賞者が出演しているラジオ番組をご紹介します。

1年で最も印象に残る声優や作品を表彰「声優アワード」

2006年に「外画放送開始50周年」を記念し、アニメ業界各社が日本音声製作者連盟、KADOKAWA、小学館、小学館集英社プロダクション、文化放送と協力のもと、本格的な「声優」を対象とした「声優アワード」を創設しました。

今年度の授賞者は、3月9日(土)に『文化放送 超!A&G+スペシャル 第十八回 声優アワード授賞式生中継SP』(文化放送インターネットラジオ「超!A&G+」)内にて発表。主演声優賞を始め、助演声優賞や新人声優賞、歌唱賞、パーソナリティ賞、最も活躍した声優をファンが選ぶ"MVS"などの受賞者が決定しました。

第十八回「声優アワード」受賞者

※敬称略
主演声優賞:市ノ瀬加那、浦和希

助演声優賞:阿座上洋平、石見舞菜香、能登麻美子

新人声優賞:伊駒ゆりえ、榊原優希、戸谷菊之介、原菜乃華、羊宮妃那

歌唱賞:結束バンド

パーソナリティ賞:該当なし

外国映画・ドラマ賞:高畑充希、村井國夫

ゲーム賞:内田夕夜

シナジー賞:『THE FIRST SLAM DUNK』

富山敬・高橋和枝賞:岡村明美、佐々木望

キッズファミリー賞:『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』キャスト一同

インフルエンサー賞:上坂すみれ

MVS(Most Valuable Seiyu):中村悠一

功労賞:古川登志夫、山田栄子

特別栄誉賞:実施なし(年度内の物故者を顕彰)

第十八回「声優アワード」受賞者 詳細

第十八回「声優アワード」受賞者の番組

主演声優賞 市ノ瀬加那、浦和希ゲスト出演 文化放送『A&G TRIBAL RADIO エジソン』(2024年3月9日放送)

天﨑滉平さんと髙橋ミナミさんがパーソナリティを務めるラジオ番組。毎週2時間にわたり、アニメやゲーム、声優、アニソンアーティストなどの最新情報を始め、さまざまなジャンルで活躍するゲストを迎えてのトークや特別企画をお届けします。

3月9日(土)の放送では、主演女優賞を受賞した市ノ瀬加那さん、浦和希さんをゲストに迎え、声優アワード特集をお届けしました。

A&G TRIBAL RADIO エジソン
放送局:文化放送
放送日時:毎週土曜 21時00分~23時00分
出演者:天﨑滉平、髙橋ミナミ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#agson」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

功労賞 古川登志夫出演 文化放送『青山二丁目劇場』

今回、功労賞を受賞した古川登志夫さんは、2014年8月から『青山二丁目劇場』のナビゲーターを担当しています。人気作家の作品やショートストーリー、完全オリジナルなど毎回さまざまなラジオドラマをお届けする30分番組。ドラマパートでは、青二プロダクション所属の声優陣がベテランから若手まで幅広く出演中です。

青山二丁目劇場
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜 21時00分~21時30分
出演者:古川登志夫、青二プロダクション所属声優
番組ホームページ

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#青山二丁目劇場」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほかradikoで聴ける声優のラジオ番組

radiko公式Instagramで行ったアンケート結果を元に、ユーザーが好きな声優のラジオ番組をご紹介しています。

radikoユーザーのおすすめ!radikoで聴ける好きな声優のラジオ番組は?

『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』、『東京リベンジャーズ』など、人気作品の出演者の番組もご紹介しています。

花江夏樹、下野紘、早見沙織、花澤香菜、鈴村健一…テレビアニメ『鬼滅の刃』出演声優のラジオ番組

内田雄馬、諏訪部順一、小松未可子、浪川大輔…『呪術廻戦』出演声優のラジオ番組

映画&アニメ『東京リベンジャーズ』出演者のラジオ番組

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

朝ドラ「ブギウギ」大阪弁指導担当・一木美貴子 主演の趣里は「大阪弁が天才的だった」

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」(毎週日曜15:00~15:50)。5月12日(日)の放送は、女優で大阪ことば指導者の一木美貴子(いちき・みきこ)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)小山薫堂、一木美貴子さん、宇賀なつみ



◆「ブギウギ」主演・趣里の大阪弁は「天才的だった」

一木さんは女優として活動する傍ら、NHKの連続テレビ小説「ブギウギ」をはじめ、「カムカムエヴリバディ」や「マッサン」など、これまで数多くのドラマで大阪弁の方言指導を担当しています。

そこで一木さんに、「ブギウギ」で主人公・福来スズ子役を演じた趣里さんへの方言指導について尋ねてみると、「趣里さんは(東京都出身なのに)天才的だったので、(撮影が)始まる前に3時間のあいだに5回くらいガーッとお稽古をして、その後は特別に何もしていないです。音源をお渡しするだけでした」と明かします。

厳密にいえば、大阪弁と関西弁でも異なり、「関西弁は関西全域ですね」と一木さん。また、大阪と神戸でも違いがあり、「神戸は『~してる?』のことを『~しとう?』とか言わはるんです。京都は『~してはんの?』。大阪は『何してんの?』とストレートですね」と例を挙げます。

それを聞いた東京都出身の宇賀が「近いのにそれぞれ違うんですね」と驚いていると、一木さんは「地域性でしょうね。大阪はやっぱり商人の町ですし、神戸は港があるので外国に文化が入ってきていて、わりと異文化にも強いですね。おしゃれやしね。大阪の人は『自分、神戸違うん?』とか言われると、ちょっと嬉しなるらしいです(笑)」と解説します。

また、一木さんいわく、大阪弁だけでも大きく4つくらいに分類され「摂津とか泉南、河内。あとは船場。船場は商人の町で100年くらい続いているんですけど、社員教育として言葉教育があったんです。例えば、丹波篠山とか播州のほうから出てくると、『ほうやんけ』とか、語尾に『け』が付くのをお客さんには失礼だ、ということで『そうだすなあ』とかにしっかり直されるんです。私の説ですけど、船場の教育が大阪弁をわりと残しているのではないか」と推察します。

ここで小山からは、「今まで一木さんがドラマの方言を指導したなかで、役柄がどの地域から来ているかによって微妙に変えていたりするんですか?」との質問が。一木さんは、「台本をいただいたら、まずは時代ですよね。明治や昭和のはじめでだいぶ違うし、どこ出身で、どんな生活環境やったんかとか、全部そういったことを聞いて『こんな言葉にしましょうか』って言うて、ディレクターとかプロデューサーと相談して決めていきます」と答えます。

ドラマで大阪弁の方言指導を担当する際、実際に撮影現場に足を運び、その場で演者に指導をすることもあるという一木さん。そこでこの日スタジオでは、「ブギウギ」の台本をもとに、小山と宇賀が方言指導を受けてみることに。

小山は、柳葉敏郎さんが演じた花田梅吉役、宇賀は、水川あさみさんが演じた花田ツヤ役になりきります。2人で読み合わせをし、一木さんから方言指導を受けた小山は「これ、パニックになりますね。そもそものセリフも覚えなきゃいけないのに、イントネーションばっかり考えていると、セリフが飛びますね」と感想を語ります。

一木さんが、2人が演じたシーンをお手本として1人で読み上げると、宇賀は「高低が全然違う」と感心しきり。一木さんは「大阪弁は『ジェットコースターみたい』って皆、言わはりますね」と話していました。

<番組概要>
番組名:日本郵便 SUNDAY’S POST
放送日時:毎週日曜 15:00~15:50
パーソナリティ:小山薫堂、宇賀なつみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/post/

Facebook

ページトップへ