斎藤工×白石和彌×竹中直人! 「麻雀放浪記2020」スペシャルをオンエア

俳優・斎藤工さんが、bayfm78のレギュラー番組に出演。
自身の主演映画「麻雀放浪記2020」から白石和彌監督と共演者の竹中直人さんをゲストに迎え、作品やその舞台裏についてじっくりと語り合いました。(bayfm78『TAKUMIZM』4月6日(土)放送分)

映画「麻雀放浪記2020」公式サイトはこちら

竹中直人史上、最強の役名⁉︎

4月5日(金)公開の映画「麻雀放浪記2020」を記念した『TAKUMIZM』の「麻雀放浪記2020」スペシャル。4月5日(土)は、白石和彌監督と“クソ丸”役の竹中直人さんが登場しました。

白石:こんばんは!

竹中:こんばんは。“クソ丸”です!

斎藤:よろしくお願いします。やっぱり自分で発声しててもインパクトあります?

白石:竹中さんの出演歴史上最強の名前じゃないですか?

竹中:もう最強でした……すっげぇ嬉しかった!

試写を行わなかった! 映画「麻雀放浪記2020」

「試写を行わない」という宣伝方法も話題だった映画「麻雀放浪記2020」。

白石:なんかエッジの効いた映画が出来上がって、また今の映画の宣伝方法もすごく過渡期に来ているような気がして。このエッジの効いた映画を届けるにあたり、「変わったことしたい」という思いがあって。「じゃあちょっとなんか考えましょうね」って出してきたのが、「試写をしません」って(笑)。

斎藤:これはすごいですね。竹中さんそういう映画って今までありました?

竹中:無かった。宣伝も、僕とももちゃん(チャラン・ポ・ランタン)だったので、ももちゃんとLINEで連絡し合いながら「大丈夫なのかな?」って。

斎藤:じゃあ完成披露試写をしないイベントが、初めての「麻雀放浪記2020」⁉︎

竹中:もうびっくりですよ! 完成披露試写じゃない試写会も初めての経験で。

作品とギャップのある白石監督

3人が傑作と熱く語る「麻雀放浪記」のリメイク版の監督として白羽の矢が当たった白石監督。

「ロストパラダイスイントーキョー」での監督デビュー以来、2013年公開の「凶悪」や、綾野剛さん主演「日本で一番悪い奴ら」、蒼井優さんが第41回「日本アカデミー賞」で最優秀主演女優賞を受賞した「彼女がその名を知らない鳥たち」。そして昨年は「サニー 32」、「止められるか俺たちを」、「孤狼の血」を手掛けました。

斎藤:すごいですねこのラインナップ!

竹中:勢いが!

白石:いやいやいや。

斎藤:監督の作品のイメージを持ってお会いする人、みんなギャップにやられてますよね。

白石:だいたい言われますね。

斎藤:記者の中でも……。

白石:記者どころか普通に映画館でも「人殺したことある人なのかも」って思われてるみたいな……「殺したことないですよ」って。

斎藤:オファーを受けた時はどうでしたか?

白石:やっぱ和田さんの傑作がある中で「やれること一個もねえ」と思いましたね。ただ僕が話をいただいた時は、もう“坊や哲”(主人公)は、斎藤工さんがやるいうことは決まってたので。

竹中直人の役者としてのスタンス

斎藤:物語に対してはどう思われました?

竹中:僕はね、いつも何に対しても抵抗って無いんだけど。「現場に行く」ってことだけなんだけど、それしか考えたことないんで。脚本ってやっぱり監督とプロデューサーのもので、役者は「ただ行きゃいい」って言うのが強いので。

斎藤:なるほど。

竹中:だって脚本は読んでも現場に行ったら全然変わっちゃうじゃない? だからそれが自分は昔から変わらないっていうか、その感覚があるんで、脚本を読んであまりどうこう思ったことがないんです。でも……“クソ丸”はよかったな。キャスト見て「“クソ丸”:竹中直人」って書いてあって。「うわっ、“クソ丸”やったーっ!」みたいな感じにはなりましたね。

白石監督と竹中直人は次週も登場!

エンディングでは、斎藤さんがゲストへの恒例である『TAKUMIZM』というタイトルにかけた「自身のイズム・主義は何か?」を2人に質問。

白石監督は、「職人になりたいと思ってるので、そんなには無いつもり。底辺の人を描いたりとか、権力側から物を描かないとか。ほぼほぼ師匠の若松孝二監督の教えでもあるんですけど、何か結局そこに戻っちゃうかな」と語り、終盤は自ら“クソ丸”と名乗っていた竹中さんは「何も考えないってことだな。」と“クソ丸”イズムをコメントしました。

次週も白石監督と竹中さんは出演するので、来週もディープなトークをぜひお楽しみください!

TAKUMIZM
放送局:BAYFM78
放送日時:毎週土曜 23時30分~24時00分
出演者:斎藤工
番組ホームページ
公式Facebook

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

日向坂46高本彩花 佐々木美玲の家に泊まり続けていた過去を明かす「みーぱんの家は安心感がすごくある」「長居しちゃう」

日向坂46の佐々木美玲、河田陽菜、富田鈴花がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!」(毎週金曜 11:30~11:55)。この番組は、ランチ前に「ほっ」とするような“癒やし”の時間をお届けすることを目指していますが、たまに(?)脱線してしまう番組です。5月24日(金)の放送は、ゲストに日向坂46からの卒業を発表している一期生の高本彩花さんが登場! ここでは、佐々木美玲家で起こったエピソードを語り合っていました。


日向坂46の佐々木美玲と高本彩花


佐々木:私と彩は同じ一期生なんですけど、たぶん一緒にいる時間が一番長いと思うんだよね。

高本:確かに! みーぱんのお家にめっちゃ泊まっていたよね(笑)?

佐々木:泊まってた(笑)!

高本:昔は本当にみんな、ずっと入り浸ってたもんね。みーぱんのお家って、すごく居心地が良いし“泊まっていいよ”って全部受け入れてくれるというか、安心感がすごくあるんだよ。

佐々木:それ、めっちゃ言われる(笑)。

高本:だから、長居しちゃう(笑)。懐かしい~。

佐々木:それでさ、私が飼っていた犬がいて、私は「くま」って名前を付けたのに違う名前で呼んでさ(笑)。

高本:ハハハ(笑)。

佐々木:まだ飼い始めたばかりで、本人もまだ名前を覚えていない頃だったから「違う名前で呼ぶのをやめて!」って、ずっと言ってた(笑)。

高本:それは、みーぱんが不在で、としちゃん(加藤史帆さん)と私でくまの子守りみたいなことをしていた時間があって、としちゃんが(違う名前で)ずっと呼んでいたのよ(笑)。

佐々木:(笑)。でも今は、ちゃんと“くま”って覚えてくれたから良かった。それこそ、くまを一緒に見に行ったのも彩なんですよ。

高本:そうだね! 一緒に行ったわ。

佐々木:あとは韓国旅行も行ったり、それぐらい本当に一緒にいる時間が長いから……。

高本:確かに! 思い返してみればそうだね。

佐々木:思い返さないでちゃんと覚えていて(笑)。

----------------------------------------------------
5月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月1日(土) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!
パーソナリティ:日向坂46(佐々木美玲、河田陽菜、富田鈴花)
放送日時:毎週金曜 11:30~11:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/hitoiki/

Facebook

ページトップへ