石原さとみ、夢だったラジオパーソナリティで感じた苦悩を明かす

7月9日(火)スタートのTBS系ドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」で主演を務める女優・石原さとみさんが、TBSラジオの番組にゲスト出演。夢だったというラジオの仕事で感じた過去の苦悩を語りました。(TBSラジオ『伊集院光とらじおと』7月9日(火)放送分)

「楽しく生きております!」

石原さとみさんとパーソナリティ・伊集院光さんは、同じホリプロ所属。初めて会ったのは、石原さんがデビューした当時の「ホリプロ夏祭り」だそうです。

伊集院:あれからどうですか? ホリプロでも中堅になって。

石原楽しく生きております! でもいろんなことありました

伊集院:そうだよね~俺らは「スカウトキャラバンで入ってきて、ずっと順調!」って思ってますけど、本人としてはあるでしょ?

石原もう紆余曲折です、ホントに。2年前に写真集を出させていただいたんですけど、それが15周年で30歳記念で。人生を振り返ってインタビュアーさんと話してたら泣けてきちゃって…。

「ラジオが夢だったんです」

21~24歳くらいの頃が一番きつかったという石原さん。ラジオ番組、雑誌のレギュラー、CM、主演作品などが無くなり、挫折感を感じたそうです。

石原ラジオが夢だったんです。私、ラジオっ子で、両親がラジオ大好きなので、生まれた時からずっと家でラジオが流れていない日は1日も無かったぐらい、朝も移動中も夜もずっとラジオだったんです。AM流してて、ずっと会話がある家で育って、その会話をしゃべっているお姉さんになりたいって。

「“清純派”で売っていて、言っちゃいけない事が多すぎて…」

石原さんは、18歳の時にニッポン放送でラジオパーソナリティデビューを果たしました。それから5年間番組を担当したものの、夢だったラジオの仕事は想像とは違ったそうで……。

伊集院:想像してたのと何が違ったの?

石原:「WITH LOVE」っていうドラマで、藤原紀香さんがラジオパーソナリティを演じていて、あと他のドラマでもりょうさんが演じていて。スタイリッシュでカッコよくておしゃれで、しかも対談式で、音楽も洋楽みたいな。インタビューしたいって思っていたんですけど、ひとりしゃべりだったんです。台本がなくて仕事のフリートーク、プライベートのフリートーク、かけたい曲3曲、手紙、FAXとコーナーみたいな感じだったんです。

伊集院:めちゃめちゃ忙しい中ラジオやってると、今日起こった事を言えないことが多すぎない?

石原:そうなんです! 先の撮影のもので、情報解禁しちゃいけないものもあって。しかも私、“清純派”で売っていて言っちゃいけない事が多すぎて。現実と過去は言っちゃいけなくて、将来の夢しか言っちゃいけない。そこで現実とのギャップを感じて、自分の中で「今日道端でお花を見て『綺麗だな』って思っただけでもいいんだよ」って言われた時に、それすらも気づけない自分に追い込まれちゃって…。

石原好きな曲が分からなくてなって。私ゆずさん大好きなんです、GLAYさんも大好きで、できるなら全曲かけたいんですよ。でも「先週ゆずだったから、もう当分かけちゃダメ」っていうのもあって。「好きな曲も見つけなきゃいけない」と思って、必死で探してたんですけど…。5年経って終わりますってなった時に、もう何も聴きたくなくて、音楽に触れたくなかったんですけど、その時初めて聴いた曲が、ゆずさんの「雨と泪」っていう曲で。あっ私この曲好きなんだって…

「自分で選択するようになって、好きな事が分かるようになった」

石原さんは、その後1ヶ月オフをもらってニューヨークに行ったり、マネージャーさんが変わったりしたことをきっかけに変化していったそうです。

「可愛いと思ったものを着たら、それを褒められて。可愛いと思ったネイルを付けたら、隣のアメリカ人に褒められて。英語で分かるのはサンキューしかなかったから『今まではすいません、そんな申し訳ないです』って斜に受け取ってたんですけど、ありがとうしか言えない環境ができたら、自信を持てるようになってきて、そこから変わりました!」と語っていました。

続きが気になるという方も、すでに聴いた方も、ぜひラジコのタイムフリーで放送を聴いてください!

伊集院光とらじおと
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 8時30分~11時00分
出演者:伊集院光、竹内香苗、ゲスト:石原さとみ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

キラキラネーム「戸籍記載OK」の裏側 漢字主義から読み仮名主義への大転換

ジャーナリスト・佐々木俊尚20220517080000が5月18日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。キラキラネームを戸籍に記載できることになった法改正、その裏側にある壮大な構想について語った。

※イメージ

これまで戸籍には読み仮名を記載してこなかったが、今後は読み仮名を付け、さらに『キラキラネームを読み仮名として容認』というニュースが駆け巡った。戸籍の名前に読み仮名を付けるための法改正について議論してきた法制審議会は、いわゆる「キラキラネーム」も認める中間試案をとりまとめ、法務省は今後広く意見を募り、来年の通常国会に改正案を提出する方針だという。こうした法改正が行われる背景には、「行政手続きのデジタル化」という側面がある。では、行政手続きのデジタル化とは、具体的にはどういうことか。これについて、佐々木氏が解説した。

佐々木俊尚氏

「もともと日本には異体字が多い。『渡辺』や『斎藤』などもいろんな漢字が存在している。JIS漢字コードにはそうした漢字が入っているが、世界共通の文字コード規格=ユニコードには異体字は入っていなかった。よって、漢字を選ぶときに大変苦労している」。こうした背景から、名前を漢字ではなく、カタカナやひらがなで登録する方向に変える、というのが今回の法改正につながっているという。佐々木氏は 「“唐突にキラキラネームOK!”というニュースではなく、漢字中心の戸籍から、読み仮名(ひらがな、かたかな)中心の戸籍に転換。つまり、漢字は付随するものという考え方になる」と、佐々木氏は指摘した。

今後は、読みにくいキラキラネームランキングで上位にランクインされている「男と書いてアダム」「皇帝と書いてシーザー」なども、読み仮名中心の戸籍に転換すると大きな話題にならないかもしれない。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ