ミキの“裏側”全開ラジオ! 文化放送『ミキの深夜でんぱ!』インタビュー

女子が頑張らんと聴かれへんラジオ。でも、それがいい!

Photo by:Ryota Isomura

――番組の魅力はどんなところでしょう?

昴生ミキの裏側を見せてます。完全に(笑)。

亜生僕は聞かれたことに対して、全部答える姿勢ですね。「読者モデルとDMしてます」とかもちゃんと全部番組で言うてますし。

昴生:『深夜でんぱ!』は、『兄弟でんぱ!』よりも素。昼の『兄弟でんぱ!』は、これは無理やなとか考えながらしゃべってるんですけど、『深夜でんぱ!』は基本的に考えてないです。こないだも浦和レッズと湘南ベルマーレの試合で問題になったジャッジの話をしました。

亜生:あれは『兄弟でんぱ!』だったら、カットですね。どこがスポーツマンシップやねん、ていう話。ゴール入ってたやん、ていう話。僕らが今のニュースにちょっとだけポンと言えるのはこのラジオだけ。

――京都のラジオ同様、深夜でも「あるある」コーナーがありますよね。

昴生:シンプルに「深夜あるある」おもしろいんちゃう? って。

亜生:ネタの範囲が広くて、エッチなこともいけるし、深夜ならではのマジしょうもないあるあるも。下ネタ以外で絶妙なものも送ってきてくれはるんで。「ワンピース30巻から読み直す」とかあんなん最高。いいなと思って。地元の男友達がむちゃくちゃこのラジオ聴いてます。むっちゃ好きって言ってくれてますね。

――女性も楽しめると思いますけど。

昴生:そうなんすかね……。あまり下ネタとかに免疫がない女性は困ってはるのかなと。

亜生:『兄弟でんぱ!』しか聴いて無かった子は、だいぶ戸惑いはったと思いますね。「めちゃくちゃ頑張って聴いてます」とかメッセージが来ました(笑)。やっぱ頑張らんと聴かれへんねや、このラジオ。でも、それがいいなと。おもしろいなと思いました。

おかん「ああいうことはやめてくれ」おとん「ラジオってああいうもんや」

Photo by:Ryota Isomura

――ラジオはよく聴いていたんですか?

昴生:部屋にテレビが無かったからずっと聴いてたんですよ、深夜ラジオ。シャンプーハットさん、ナインティナインさん、くりぃむしちゅーさんとか。

亜生:同じ京都だと、チュートリアルさんも。

昴生:深夜ラジオは、ずっと下ネタのイメージだったんですよ。シャンプーさんなんて、男性器の名前だけで替え歌作ってたり、そのイメージやったから。でも京都のラジオではそれがでけへんから、なんかできたらなって。

亜生:そう、深夜のラジオっぽいこと!

昴生:おかんが『深夜でんぱ!』を聴いて、「お願いだから、ああいうことを言うのはやめてくれ」って言ったんです。そしたら、おとんが「ラジオってああいうもんや」って。

亜生:おとん、すげえなと(笑)。そしておかんに「嫌やったら聴くな」って。

昴生:俺は心の中でおとんも聴かんとってくれって思った(笑)。

亜生:おとんは聴いとんのかいって(笑)。

昴生:おとんはラジコで聴いて笑ってくれてます!

水樹奈々、シンフォギアライブでの裏話を披露!〜11月27日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

今回の放送回では11月20日(日)にベルーナドームにて開催された「シンフォギアライブ2020→2022」について語った。
今回のライブは、本来は2020年に開催が予定されていたものの、感染症の影響を考慮し延期されており、約2年の時を経て遂に開催となったものだった。

水樹「先日無事に開催してきましたよ〜!」
福圓「お疲れ様でした!」
水樹「生憎の雨で本当に寒い中の開催になったんですけど、最後まで思いっきり盛り上がって下さってありがとうございました。
あのね!私たちも舞台上での衣装が薄着で歌ってる時の吐く息が白いの。」
福圓「え?舞台上でですか?」
水樹「そう!もう寒くて寒くて!」
福圓「照明もあってそれは相当凄いですね…。」
水樹「もう寒過ぎる!芯から冷えた!ベルーナドームは有難いことに何度も歌わせていただいているんですけど、いつも私が立たせていただくのは7、8、9月の夏場なんですよ。」
福圓「本当だ。」
水樹「初めて11月の半ば過ぎで、こんなにも寒いのか!って思いました。前日のゲネ(最終リハーサル)をさせていただいた時は晴れてたからまだひんやりするな、くらいだったんだけど、一気に気温が下がって。私トップバッターだったから、まず水樹奈々としてゲームの主題歌や挿入歌を歌わせてもらったんだけど、体はキンキンなわけよ(笑)しかも、前日もすごい大渋滞してて、都心から車で2時間くらいかかって。」
福圓「あら、かかりましたね。」
水樹「遅れちゃうと半野外ってこともあって音止めの時間があるから「もう楽屋に行かずにこのまま舞台袖に車を横付けしてください!はい、このままテントに入って早替えして、マイク持って、歌って!」って言われて「え?!はい!METANOIA!」みたいな。」
福圓「流石すぎる(笑)」
水樹「だからもう体がビックリしちゃって(笑)」
福圓「全然準備ができずに。」
水樹「声出しもできないし、大渋滞でずっと座って固まったままでアップもできずに、来て着替えてスタジアムダッシュよ。当日もすごい混んでやっぱり2時間くらいかかったの。ついてメイクして着替えてもう出番で。しかも、METANOIAからのFIRE SCREAMからのFINAL COMMANDERよ。」
福圓「カロリー激高!」
水樹「普段最後の方に歌うやつを3連続よ!本当にまた修行をさせていただいたな、と思いましたね。」

とコメント。
「段取りが多くて、 みんなと1回しか合わせてないから緊張したけど楽しかった!」と当日の様子を興奮気味に語った水樹。
天候や渋滞のアクシデントはあったものの、1人のライブとはまた違ったチームの良さがあるライブになったと語った。

「水樹奈々 スマイルギャング」11月27日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20221127233000

Facebook

ページトップへ