ミキの“裏側”全開ラジオ! 文化放送『ミキの深夜でんぱ!』インタビュー

Photo by:Ryota Isomura

今、話題の“お笑い第七世代”の一組として注目されているミキ。クオリティの高い兄弟漫才で数々の賞を獲得、バラエティ番組ではその愛されるキャラクターで多くの番組に起用されています。

活動拠点を東京に移したこの春から、文化放送で関東エリアでの初レギュラーラジオ番組『ミキの深夜でんぱ!』がスタート。女性ファンが多いイメージのミキのお二人ですが、テレビでは見せない“素”のトークで男性ファンの心をグイグイつかんでいる模様。番組が始まるきっかけやラジオのルーツ、今後の野望についてインタビューしました!

ミキで、亜生とやりたい。二人でしゃべり倒したら、番組が決まった

Photo by:Ryota Isomura

――東京に拠点を移した4月から番組がスタート。東京でラジオをやりたかったそうですね。

昴生:タイミングがばっちりでした。「東京でラジオやりたい」と言ってたら、文化放送さんから僕らと相席スタートとガンバレルーヤの3組で1回番組やりませんかと声がかかったんです。「おい、これは大チャンスや! 二人でしゃべり倒そうぜ」と。しゃべり倒したら、ほんまに決まった(笑)。その番組で3組をシャッフルして誰とラジオでしゃべりたいかというコーナーがあって。僕は亜生って言ったんですよ。ミキでやりたいと。

亜生:その時、僕は「マジで仕事取りに行かんといて!」と思いました(笑)。

昴生:それがつながってよかった。

――こんな番組にしたいとか、コンセプトみたいなものはありましたか?

昴生:KBS京都で『兄弟でんぱ!』(※1)っていうラジオをずっとやっているんですけど、日曜のお昼にオンエアしていて言葉に制限がかかるんですよ。聴いてる人の層もあるんで。

亜生:80歳の男性とかから、めっちゃクレームが来たりするんですよ。

昴生:トイレのこととか、汚いこともいえない。じゃあ『深夜でんぱ!』では、昼にしゃべられへん話をしようと。去年オールナイトニッポンをやって、結構下ネタの話が好評だったんです。「深夜やったら、多少下ネタもありでいこう」ってなったら、こんな全面的に下ネタになっちゃった(笑)。

(※1)KBS京都ラジオ『ミキの兄弟でんぱ!』毎週日曜日 13時~14時放送

下ネタしゃべって、爆笑できる兄弟ってあんまりいない

Photo by:Ryota Isomura

――番組を始めて気づいたことは?

亜生:お兄ちゃんがエッチなことしゃべる時は、すごい気持ち悪いなと。

昴生:(爆笑)自分でも分かってしまうんです。これをしゃべったら、「俺、気持ち悪くなってしまうなと……」。あと、変わった兄弟やなって改めて思いました。こんなことしゃべれる兄弟ってあんまりいない。

亜生:爆笑しますしね、二人で下ネタの話をして。他の兄弟って引いてもうたりすると思うんですよ。いや聴きたないねん……。お兄ちゃんのそんなんって。

――亜生さんの「お兄ちゃん」が下ネタをマイルドにしているような気がしますが。

亜生:ほんまはお兄ちゃんを「にぃ」って言いたいですもん。いつも呼んでるのは「にぃ」なんですけど。

昴生:それは絶対現場では言うな、と言うてます。

亜生:僕ん中では「お兄ちゃん」はもう、他人で言うところの「おまえ」って言うてんのと一緒ぐらい。

昴生:あ、そうなん。その位置にあるん……。

亜生:そう、他人行儀やもん。「お兄ちゃん」は。

昴生:……それは嘘やろ。

亜生:ウソ(笑)

昴生亜生:(爆笑)

――本当に仲がいいですね~。

昴生:僕ら兄弟、結構昔から下ネタが好きで、一緒にしゃべってたんです。亜生には、僕が何歳の時にどのセクシー女優さんが好きだったかがバレてますから。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ