関ジャニ∞・大倉、脱退発表した錦戸への思いを語る「心に穴が空いたみたいです…すげー寂しいですね」

関ジャニ∞・大倉忠義さんとシンガーソングライター・高橋優さんが、毎週土曜日にお送りするニッポン放送『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』。

今週は、大倉さんが9月5日(木)発表された関ジャニ∞のメンバー・錦戸亮さんの脱退と事務所退所についてコメントしました。(ニッポン放送『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』9月7日(土)放送分)

「この度、亮ちゃんが抜けて関ジャニ∞が5人になることになりました」

大倉さんは、番組の冒頭からeighter(関ジャニ∞のファン、以下:eighter)に向けて書いてきた手紙を読み上げました。

大倉:eighterのみなさんへ

今回自分の考えをしっかり伝えたいと思い、手紙を書いてきました。聴いていただければ幸いです。

この度、亮ちゃんが抜けて関ジャニ∞が5人になることになりました。

同期の亮ちゃん、ヤス(安田章大)、マル(丸山隆平)とは出会って約22年。僕にとっては唯一の幼馴染みのような存在です。

「チャレンジの方向性の違いです。」

大倉さんは、8人でデビューした状態から内博貴さん、渋谷すばるさんが脱退についても触れ、「グループは永遠に続くものだと当たり前のように思っていたけれど、すばるくんの脱退ということで、永遠はないのだと改めて知り、ヤスの病気で命について深く考え、濃い2年間を過ごして来ました。」と当時の心境を吐露。そして6人になった自分たちの方向性の考えた際は、「全員がグループを閉じる覚悟もしたはず」と語りました。

それでも6人で時間をかけてたくさん話し合った結果、今回の件に至ったとのことでした。

大倉:チャレンジの方向性の違いです。亮ちゃんは多くを語る人ではない分、これから自分の活動で、体現していくはずです。

今回の件は今年の3月末に決まっていたと言い、どうやったらeighterのみんなが安心してくれるんだろうと考えた結果、「47都道府県ツアーをやりたい」とスタッフに申し出たそうです。それが自分たちの新しい方向性を示し、eighterに決意・覚悟を見せることについては、「正直ハードルは高いと思います」と語り、「傷だらけでも、泥臭くても、前を向いて、上を目指していこうと。僕らは元々、諦めの悪い人たちです。こんな状態でも頑張っていこうと、今5人で結束しています。」と現在の思いをコメント。

そして、発表を知ったeighterには、以下のように語りかけました。

大倉:まだ発表されて2日、eighterのみんなも気持ちが追いついてないと思います。素直に応援できない人もいると思います。

実際、5人になって覚悟できていたはずの僕も、心にぽっかり穴が空いたみたいです…すげー寂しいですね。

でも、みんなはまだ立ち止まっててもいいかなと。後ろを振り返ってても全然大丈夫です。

時間が経って前を向いた時に、ちゃんと僕たちがそこに立っていられるように、笑顔で迎えられるように準備をします!

「僕にとっても、グループのメンバーにとっても、一度きりの人生。今の選択が正解になるように、頑張ります。」

発表のタイミングについては、「今まで夢を見て過ごして来た15年間は、宝物のようなキラキラした僕にとっての青春です。だからこそ15年を祝ってもらう、そして自分たちにとってもおめでたいライブを悲しいものにしたくない。そしてeighterのみんなには、心から楽しんで欲しいということから、発表はライブが終わってからということに決めました。」とコメント。

最後には、再びeighterへ向けてメッセージを送りました。

大倉:このラジオで優くんのファンもいる中、この時間を設けさせていただき、ここまで語らせていただいて、本当にありがとうございました。

eighterのみんなには、本当にすごく感謝しています。あなたたちがいたからこの半年、ずっと笑顔で居られました。

みんなも日々、辛いこと、悲しいこと、たぶんたくさんあるよね……でもだからこそ、ライブで笑顔で会えるあの瞬間が、すごい幸せだよね。

明日からお互い頑張って、またライブで会う時には、泣いててもいいから、笑顔で会えるといいなと思ってます。

お互い元気もらって、支え合って、ここまで来られたと自分では思っているので、これからもこんな大変な俺たちだけど、よろしくお願いします。

オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 23時30分~25時00分
出演者:大倉忠義(関ジャニ∞)、高橋優
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#大倉くんと高橋くん」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ