宇多丸、映画『ジョーカー』を絶賛! 「俺と同じような映画が好きなやつが作った映画だ」

ライムスター宇多丸さんがパーソナリティを務めるTBSラジオ『アフター6ジャンクション』。宇多丸さんが自腹で映画鑑賞をし、評論を行う人気コーナー「週間映画時評 ムービーウォッチメン」では、10月4日(金)に公開された映画『ジョーカー』を紹介しました。(TBSラジオ『アフター6ジャンクション』10月18日(金)放送分)

映画『ジョーカー』大ヒットの背景「やっぱりジョーカーというブランド!」

宇多丸さんは、連休最終日の深夜に『ジョーカー』を鑑賞したとのこと。映画館は深夜にも関わらず、上映開始後も観客の入場が絶えないほどの人気だったそうです。

宇多丸:アメコミのヴィラン(悪役)を単独で扱った映画が一般層まで巻き込んで大ヒットというのは、10年以上前だったらちょっと考えづらかった状況だと思うんですけど。成り立たせている背景のひとつとして、やっぱり「ジョーカー」というブランド。

ジョーカーというブランドが何であるかと言えば、間違いなく『ダークナイト』(2008年)での、ヒース・レジャーによる歴史的名演で強烈に印象づけられたジョーカー像が前提としてあると思うんですね。「『ダークナイト』のジョーカーが凄かったから、ジョーカー単体の映画も観に行きたい!」という気持ちが、一般層にも浸透しているというのもあると思います。

宇多丸「俺と同じような映画が好きなやつが作った映画」

宇多丸:1970年代から80年代初頭の、治安が超悪かった頃のニューヨークが写っている映画が大好物と公言している私にとっては、今回の『ジョーカー』は、まさしくその時代そのものを描こうとしている。

(作中でのシーンで)ブライアン・デ・パルマ監督の『ミッドナイトクロス』とか、ジョージ・ハミルトン主演の『ゾロ』とかが登場したので、(時代設定は)具体的には1981年です。1981年のニューヨークという設定で……ってかゴッサムなんだけど明らかにニューヨークですよ。とにかく僕が言っているような、1981年のニューヨークを思わせるゴッサム・シティ及びその時代の映画たちを再現しようとしている作品であるということが、開幕早々にわかるわけですね。要は「俺と同じような映画が好きなやつが作った映画だ!」っていうのが開幕数分でわかっちゃう! 

リスナーからのメールも絶賛の嵐!

リスナーから届いたメールの約9割も絶賛だったという、映画『ジョーカー』。宇多丸さんがたっぷりと語った評論は、ぜひタイムフリーでお楽しみください!

アフター6ジャンクション
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 18時00分~21時00分
出演者:ライムスター宇多丸、山本匠晃(TBSアナウンサー)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#utamaru」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

yamaがZIP-FM『SWEET VOX』に登場!『くびったけ』レコーディング秘話を語る

ZIP-FMが平日のお昼にお届けしている『SWEET VOX』(毎週月曜から木曜、14時~17時放送)。8月17日(水)の放送では、ゲストにyamaをお迎えしました。2020年4月にリリースした「春を告げる」が大ヒット!しかし、プライベートは謎に包まれたyamaに、番組ナビゲーターの高木マーガレットがインタビュー。

この日の番組テーマ『山派?海派?』という質問には「山派!」と即答。この夏、アルバムリリースの祈願も込めて、富士登山を計画しているそうです。

さらに、先月より配信されている『』のレコーディング裏話も披露。同楽曲のプロデューサーVaundy独特の語尾で下がる"フォール"に苦労したとのこと。カラオケでなりきって"フォール"するには?という質問にも快く回答。レコーディングでディレクションもしてくれたVaundyから様々なことを吸収できたと話してくれました。

また、8/31リリースのアルバム『Versus the night』に収録される『それでもぼくは』について、自身が初めて作詞作曲をした楽曲で、自信がなかったが、つたないけど自分の言葉を表現する等身大を意識した楽曲と語りました。

素顔を明かさないyamaですが、真摯な受け答えに人柄が垣間見え、アルバムがますます楽しみになったインタビューでした。

Facebook

ページトップへ