イモトアヤコ 「私、結婚したんだ!」ラジオでリスナーに結婚を報告!

11月24日(日)に日本テレビ系バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!(以下:イッテQ)』の生放送で、同番組ディレクターの石崎史郎さんとの結婚を発表したイモトアヤコさん。11月27日(水)放送の自身のラジオ番組では、「イモトアヤコ・結婚スペシャル」と題して、イモトさんが結婚に至るまでのエピソードを語りました。(TBSラジオ『イモトアヤコのすっぴんしゃん』11月27日(水)放送分)

石崎Dに恋心を抱いたきっかけ

イモトさんは、11月24日(日)放送の『イッテQ!』で、番組ディレクター・石崎史郎さんとの結婚をサプライズで発表。番組オーディションから10年以上の付き合いである戦友・石崎さんを結婚相手として意識し始めたきっかけを語りました。

イモト:2年前(2017年12月)に南極登山をしたんですけど、そのとき最後に、アタック手前で石崎さんが高山病で行けなくなって、私が行くことになったんです。そのとき急に、空気のようにいた方がいきなりいらっしゃらなくなったときの自分の不安に気づいて、「あれ、これはなんだろう?」っていう。

本当に少女漫画のような「はて、これは? あたし、もしかして好きになっちゃったのかな?」みたいな。わかってはいたけど、たぶん12年間気づくことはなくて。過酷な状況で、急にいなくなったときにそういう気持ちに気づいたのかなって、後から思うとそういう風に感じるんですけど。

「告白したこともすべて吹っ飛ぶ」台湾ロケ

南極ロケ終了後、イモトさんは石崎さんに手紙で愛の告白をし、告白の返事を待っている状態の中、2人は一緒にロケをしたそうです。

イモト:そのロケっていうのが、なんと「台湾で行われた安室奈美恵さんとサプライズで会う」ロケ(2018年7月29日(日)放送)だったんですよ。だから私的にはあのロケは、いろんな意味で思い出の詰まったロケで。

出発前は「このロケ、大丈夫かな」と不安いっぱいだったというイモトさん。しかしロケが始まると石崎さんとの関係性を改めて実感したと語りました。

イモト:ロケをしたときにチケットチャレンジっていうのがあって、ヒップスライディングをするんですけど。私がスクール水着になって、石崎さんがケツを引っ張ってひきずるっていう。あれも今思うと、告白した人(イモト)と告白された人(石崎さん)、でもまだ返事をもらっていない状態の2人が台湾でケツを引きずるっていうすごい状況……(笑)。自分でも「私は何してるんだろう」と思いながらやったんです。そのときに思ったのが「あ、全然大丈夫だ」と。やっぱり、私たちは12年間その関係性でやってきたんだから、全然何の気まずさもなく、普通にロケはいつも通りできたんですね。そのロケをやってみて、フラれたとしても「これは大丈夫だな」ってすごく感じたのを覚えています。

台湾ロケの後半には安室さんの登場により、「告白したこともすべて吹っ飛ぶくらい」の思い出深いロケになったと振り返るイモトさん。その後、石崎さんと結婚前提の交際が始まり、約1年半の交際期間を経てゴールインとなりました。

イモトが結婚を実感した出来事

今回の放送は『イッテQ』緊急生放送の翌日に収録という状況でしたが、番組にはリスナーから多くのお祝いメールが届きました。イモトさんは「どんなときに結婚を実感しましたか?」という質問に答えました。

イモト:今日、新婚1日目なんです(笑)。実は昨日の生放送が終わって、そのあと婚姻届を出しに行ったんですよ。いわゆる時間外受付みたいなところに行って、ふたりで婚姻届を出してタクシーに乗ってお家に帰ったんですけど。タクシー運転手の方が降り際に「結婚おめでとうございます」って言ってくださったときに、「あれ? 私、結婚したんだ!」みたいな(笑)。

続けて、イモトさんは「主人」という言葉をさらっと言えるようになりたい、と語りました。

イモト:『イッテQ』メンバーLINEっていうのがあるんですけど、お礼を言ったあとに「主人共々よろしくお願いいたします」って、自分で打ちながら「うわあ! 結婚したんだあ!」って(笑)。内村(光良)さんから「イモトの口から"主人"っていうのは、すごく感慨深いものがあるなあ」って言っていただいて。自分でも打ちながら「感慨深いなあ」って思いながら、今後さらっと主人という言葉が出てくる風になれたらいいなあと思ってます。

イモトさんの新婚トークたっぷりの記念すべき放送は、ぜひタイムフリーでもお楽しみください!

イモトアヤコのすっぴんしゃん
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週水曜 21時30分~22時00分
出演者:イモトアヤコ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ