ナイツ、アンタッチャブルの漫才復活に「M-1出たら全員なぎ倒される」

ナイツのお2人がパーソナリティを務める、TBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』。11月30日(土)の放送では、アンタッチャブルの10年ぶりの漫才復帰についてを語りました。(TBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』11月30日(土)放送分)

「M-1はもう出れないですよね」

番組の冒頭、おなじみミニ漫才でも「と言うことでアンタッチャブルのお2人、10年ぶりの漫才復帰おめでとうございます。」というオチとともに締めくくられるなど、ナイツのお2人はこの話題に夢中な様子。

塙:いやあ、厄介ですね。アンタッチャブルが復活したのは。

土屋:強いよなあ。あの漫才は(笑)。大人しくしててくれたのが。やばいですか? これは。

塙:M-1はもう出れないですよね。10年のブランクがあったとしても。

土屋:あったら出れるんじゃない? 芸歴25年経ってるならいけるけど…いや、出ねえよ。

塙:なぎ倒されるよ全員。まじで。

続けて、復活の模様を放送したフジテレビ系列の番組『全力!脱力タイムズ』についても。

塙:告知しなかったのが良かったんでしょ。

土屋:視聴者も本当に驚いたっていう。生放送じゃないわけなんだけど。

塙:あの番組の良いとこですよね。あれ、出てるでしょ?『脱力タイムズ』。

土屋:はい。僕たまに出させてもらってますよ。

塙:だから、ナイツが漫才やるって言ってうちの兄貴が来るのと一緒でしょ?

土屋:そうそう(笑)。「ナイツの漫才が見たい」って言われて。最後は結局塙兄が来るっていう。

塙:だからこれも、10年くらい寝かしてやりたいですよね。話題になるかもしれない。

土屋:おんなじようにやるんだ。10年ナイツブランクおいて。そのときは『脱力タイムズ』でね。

必要なのは友情パワー?『キン肉マン』40周年パーティで感動

『キン肉マン』の40周年パーティに参加したというナイツのお2人。パーティでは、原作を担当する嶋田先生と作画を担当する中井先生が、お互いに感謝を伝え肩を抱き合うという場面が。塙さんはそれを見て思うことがあったようで。

塙:友情パワーでね。愛されて。ゆでたまごの相棒ですよ。2人抱き合って。終わるの。

土屋:リングがね。設置されてるんだよね。パーティの舞台に。リング上で2人が握手するっていう。

塙:だからアンタッチャブル見て、ゆでたまご見て、そして今日の漫才大会でおぼん・こぼんを見て!

土屋:ある?(笑)舞台上で握手ある? おぼん・こぼん。それに活動休止じゃないからね。

塙:おぼん・こぼんは50何周年でしょ? 10年間仲悪かったアンタッチャブルと、40周年のゆでたまご合体させたみたいななもんでしょ。

土屋:(笑)。アンタッチャブルさんに刺激されて仲直りしてくれたら良いですけどね。

ゲストはラグビー日本代表・流大選手!

また、番組内コーナー『TOKYOよもやま話』では、塙さんに似ているとされるラグビー日本代表・流大選手が登場!塙さんが直接対決だと語るお2人の因縁とは? ぜひ詳細はタイムフリーでもお楽しみください。

土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週土曜 9時00分~13時00分
出演者:ナイツ、出水麻衣(TBSアナウンサー)、流大(ラグビー選手)
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

ツイッターハッシュタグは「#chaki954」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

進学校に入学も「学校に行きたくない」娘を案じる母親に、若新雄純「目標は低くして、加点法で楽しもう」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。7月14日(木)放送の「若新雄純の『無責任相談所』」のコーナーでは、木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が、リスナーからの相談に答えました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純



若新がリスナーからのお悩みに答えるものの、その回答には一切責任を取らないという斬新(!?)なコーナー。この日紹介したメッセージは、高校生の子を持つ母親からの相談です。



<リスナーからの相談>
4月から高校生になった娘の相談です。中学までは毎日楽しく学校生活を送っていました。高校は、大学受験も視野に入れて進学校に進みました。しかし、想像以上に学習面が手強い学校で、宿題漬けの毎日にすっかり落ち込んでしまいました。

毎日、仕事のついでに車で学校まで送っていきますが、「学校に行きたくない」「行かなきゃダメだよね?」と言いながら、なかなか(車から)降りません。部活は楽しくしているようです。

母として、私は何と言ってあげたらいいのでしょうか? 叱咤激励するか、「じゃあ休む?」と言ってあげたらいいか、毎日悩んでいます。ご意見を聞かせてください。

◆“減点法”よりも“加点法”で生きるほうが人生は楽しい

若新は、偏差値の高い進学校など“立派だとされる居場所”について、「所属することにも価値がある」としつつも、人生を楽しく生きるには「いい居場所ができたら、そこであえて低い目標を持つことも大切」と主張します。

例えば、いい大学に入って成績がずっとビリでもかまわないし、いい会社に入って万年窓際社員でもかまわないんじゃないかと話す若新。しかし、それらの場所では「せっかくいい大学に入ったんだから……」「立派な会社に入れたんだから……」などといった「謎の期待と圧力がある」と言います。

それがプレッシャーとなり、「もっと勉強しなきゃ」「一生懸命働いて成果を出さなくては」という気持ちになりがち。また、周囲からは「進学校なんだから、これぐらい勉強して、このぐらいの大学に入れて当然」「有名な会社の一員なんだから、これはできて当たり前」……などの高い基準値が設けられ、そこに到達できたかできなかったかによる「“減点法”で判断されてしまう」と指摘します。

若新は、人生において「減点法で生きていくのはつまらない」とし、それよりも「視点を切り替えて、“加点法”にしたほうがいい」と力を込めます。例えば、「有名な高校に入れたんだから、まず卒業できればそれだけで最高」「偏差値の高い学校なんだから、留年しなければオーケー」といった具合に、あえて基準値を下げて、あとはできたことを全てプラスにする加点法で過ごすことを推奨。

毎日宿題に追われて成績のことばかりを考え、周りの友達よりもいい大学に進めずにつらい思いをするなど、後ろ向きな思い出となるよりも、「まずは高校の3年間が“楽しかった”と、いい思い出として語れるようになったほうがいい」と話します。

若新自身、現在、慶應義塾大学で教員を務めていることについて、「僕は、慶應義塾大学で先生ができていることだけでラッキーだと思う。“大学で仕事ができるだけで最高”という低い設定にして、やってみたいことは全部加点法で実験的にやってきた。その方が、結果として役割以上のことにも楽しく取り組めるし、そういうふうに生きたほうが人生は楽だと思う」と語りました。

そんな若新のアドバイスに、番組Twitterにはリスナーから早速反応が。「加点法の考え方はすごくいいですよね」「私は減点法で生きているなと思った……加点法で生きていきたい。加点法で生きていこう!」といった声が寄せられました。

あらためて、若新は今回の相談者に向けて、娘さんにかけてあげるべき言葉として「部活は楽しんでいるみたいだし、目標とする進学校に入れたのであれば『卒業できれば儲けもの』ぐらいの気持ちでいいのでは?(進学校に)入れただけでもすごいことなのだから、目標は卒業することぐらいにして、受験や進学は、うまくできたならさらにプラスが増えるというもの。人生は加点していくような気構えでいられたら良いのでは」とアドバイスを送りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、角田陽一郎(月曜)、副島淳(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/38286

Facebook

ページトップへ