ニュースを効率良くチェック!仕事前に聴ける朝のラジオ情報番組まとめ

ラジオでニュースを効率良くチェック! TOKYO FM『Blue Ocean』やFMヨコハマ『ちょうどいいラジオ』、RCCラジオ『平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま』など、朝の忙しい時間帯でも聴ける情報番組をまとめてご紹介します。

東日本エリアの番組

TBSラジオ『森本毅郎・スタンバイ!』

2020年4月に放送30周年、2021年1月に放送8000回を迎えたTBSラジオの長寿番組。首都圏で最も聴かれている早朝の情報番組の一つで、「聴く朝刊」をコンセプトに、森本毅郎さんと遠藤泰子さんによるコンビでお送りしています。

新聞記者やジャーナリストを始め、さまざまなジャンルに精通した人たちをコメンテーターに迎えて、政治経済にスポーツ、生活情報などのニュースをお届け。「朝刊読み比べ」のコーナーでは、森本さん自ら朝刊各紙を比較しながら独自の視点で解説していきます。

森本毅郎・スタンバイ!
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 6時30分~8時30分
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#TBSスタンバイ」

※放送情報は変更となる場合があります。

文化放送『おはよう寺ちゃん』

文化放送ではおなじみ、寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務める早朝ワイド番組です。充実したコメンテーター陣とともに、今知っておきたい情報を3時間にわたってお届けします。

政治・経済にまつわるニュースはもちろん、映画パーソナリティ・コトブキツカサさんによる映画紹介や週刊誌スタッフによる最新情報といった日替わりコーナーも満載です。7時台後半には、武田鉄矢さんがテーマに沿ってさまざまなトークを展開するミニ番組『武田鉄矢・今朝の三枚おろし』も放送しています。

おはよう寺ちゃん
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~金曜 5時00分~8時00分
出演者:寺島尚正
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#おはよう寺ちゃん」

※放送情報は変更となる場合があります。

ニッポン放送『垣花正あなたとハッピー!』

2022年10月で放送15周年を迎える平日朝の情報バラエティ番組です。垣花正さんがニッポン放送アナウンサー時代からパーソナリティを担当しています。

森永卓郎さんや中瀬ゆかりさんら、個性的なレギュラーコメンテーターやゲストの専門家とともに、旬な話題や気になるニュースを独自の目線でお届け。「毎朝健康 ハッピーメーター」のコーナーでは、垣花さんが番組で実際に紹介した健康法を実践し、毎週月曜には体重測定を行っています。

垣花正あなたとハッピー!
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜~木曜 8時00分~11時30分
出演者:垣花正、熊谷実帆、森永卓郎
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#垣花正ハッピー」

※放送情報は変更となる場合があります。

TOKYO FM『Blue Ocean』

フリーアナウンサー・住吉美紀さんがパーソナリティを務め、主婦層をターゲットにお送りする平日朝のワイド番組。美容や健康、生活情報をメインに発信するほか、TwitterやInstagramなどSNSも積極的に活用しています。

「東京ガス Blue Oceanスマイルナビ」では、毎日を笑顔で過ごすためのトピックスを紹介。世界のニュースや刺激を与える情報、日々の食べ物にまつわる話など幅広いテーマでお届けします。

Blue Ocean
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~金曜 9時00分~11時00分
出演者:住吉美紀
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#BlueOcean」

※放送情報は変更となる場合があります。

J-WAVE『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』

月曜から木曜の早朝6時からお送りする3時間の情報番組。ナビゲーター・別所哲也さんは、前番組『J-WAVE GOOD MORNING TOKYO』から15年以上にわたってJ-WAVEの朝の顔を務めています。

健康と美のトピックスにフォーカスした「PLEASURE PICK UP!」や、世界のニュースをピックアップする「KONICA MINOLTA GLOBAL SCALE」など、ビジネスやライフスタイルを中心としたコーナーから感度の高い情報を提供します。

J-WAVE TOKYO MORNING RADIO
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週月曜~木曜 6時00分~9時00分
出演者:別所哲也
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ohayomorning」

※放送情報は変更となる場合があります。

bayfm78 『AWAKE』

社会性のある情報から身近な話題まで、リスナーとともに考えていく「情"考"番組」。月曜から木曜は有馬隼人さん、金曜は柴田幸子さんがDJを担当します。スタジオにはAIリスク情報配信サービス「FASTALERT」を導入し、リアルタイムの情報を即座にリスナーに提供しています。

毎月第1火曜は、ガスエネルギー新聞編集長・大坪信剛さんをレギュラーゲストに「月刊大坪信剛」をお届け。エネルギーに関する話題はもちろん、新聞報道にまつわる論議も行います。金曜日は月刊誌「日経トレンディ」の編集部スタッフが不定期で出演し、最新号の特集記事について話を伺います。

AWAKE
放送局:bayfm78
放送日時:毎週月曜~金曜 6時00分~9時00分
出演者:有馬隼人(月~木)、 柴田幸子(金)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#あうぇいく」

※放送情報は変更となる場合があります。

FMヨコハマ『ちょうどいいラジオ』

世の中のニュースや出来事をリスナーと共有し、意見を寄せ合う3時間の情報番組。番組DJを務める光邦さんをオピニオンリーダーに、「チョドリゲス」と呼ばれる番組リスナーもコメンテーターとなって意見を交わしています。

地元球団・横浜DeNAベイスターズ情報や、横浜きぬた歯科院長・きぬた久和さんによるトークなど、神奈川に密着したコーナーも満載です。

ちょうどいいラジオ
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時00分~9時00分
出演者:光邦
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ちょうどいいラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ZIP-FM『BRUNCH STYLE』

ランチタイムに人に話したくなるようなネタをお届けする情報番組。ナビゲーターは、モデルとして活躍する永田レイナさんです。

「I LOVE NAGOYA」のコーナーでは、リスナーがおすすめする名古屋市内の魅力をたっぷりと紹介。「家族がつながる」をテーマにしたミニコーナー「FAMILY TALKING」では、「絵本」や「遊び」など日替わりのトピックスをお届けし、毎月最終火曜日には永田さんお気に入りの料理レシピも紹介しています。

BRUNCH STYLE
放送局:ZIP-FM
放送日時:毎週月曜~木曜 9時00分~11時30分
出演者:永田レイナ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ぶらすた」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM AICHI『MORNING BREEZE』

人々が動きだす平日の朝、1日を気持ち良く始められる音楽やトレンドなどその日に使える情報をお送りする情報番組。月曜から水曜は水城あやのさん、木曜と金曜は小林美鈴さんがパーソナリティを担当します。

番組では、さまざまなジャンルで活躍する人たちを週替わりゲストで招き、日々の生活に役立つ話を伺います。そのほか心理テストや大喜利、自分をアップデートする一言なども紹介しています。

MORNING BREEZE
放送局:FM AICHI
放送日時:毎週月曜~金曜 8時20分~10時50分
出演者:水城あやの(月~水)、小林美鈴(木・金)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ブリーズ807」

※放送情報は変更となる場合があります。

西日本エリアの番組

FM802『on-air with TACTY IN THE MORNING』

FM802のDJ・大抜卓人さんが、月曜から木曜の朝6時から5時間にわたってお送りする音楽情報番組です。快適な朝を過ごすための音楽と気になるニュースをピックアップしてお届けします。

毎朝6時台には、日替わりでアーティストのリクエストTOP3を発表。8時台には毎回テーマに沿った楽曲で10分間のミックスアレンジをオンエアしています。そのほか人気アーティストへのインタビューや、西日本でおすすめの旅行スポットも紹介しています。

on-air with TACTY IN THE MORNING
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜~木曜 6時00分~11時00分
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#おはたく」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM大阪『Marche Coucou』

関西圏のエンタメや食、ショップなどの情報、幅広いジャンルからセレクトされた音楽をお届けする生ワイド番組です。DJは珠久美穂子さんが担当しています。

9時台後半のコーナー「Picks Marché(ピックマルシェ)」では、気になる経済ニュースをわかりやすく紹介。番匠公式Twitterアカウントをフォロー&RTした人の中から抽選で1名に、オリジナルエコバッグ「赤い入るちゃんと緑の入るちゃん」がプレゼントされます。

Marche Coucou
放送局:FM大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 8時20分~11時00分
出演者:珠久美穂子
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#まるしゅく」

※放送情報は変更となる場合があります。

Kiss FM KOBE『シャカリキ』

神戸の音楽や地域、教育などの最新情報を発信する地域密着型のワイド番組。「誰よりも神戸のことを知り尽くしたい男」を自称する、ワタナベフラワーのボーカル・クマガイタツロウさんが、持ち前の明るいトークで3時間半の生放送をお届けします。

「フォーカスワン」のコーナーでは気になる人やモノ、音楽にスポットを当てて紹介。毎週水曜にお送りする「高須クリニック presents YES! クマ散歩」では、クマガイさんが神戸を中心に、ブラブラ散歩しながら街の魅力や人の魅力を伝えていきます。

シャカリキ
放送局:Kiss FM KOBE
放送日時:毎週月曜~木曜 7時30分~11時00分
出演者:クマガイタツロウ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「シャカリキ」

※放送情報は変更となる場合があります。

RCCラジオ『平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま』

2022年春に放送20年目を迎えた、RCCラジオの看板番組です。横山雄二アナウンサーや地元球団・広島東洋カープでも活躍した安仁屋宗八さんら、個性豊かな日替わりパーソナリティが平日の午前を盛り上げます。他県のリスナーも多く、近年では爆笑問題・太田光さんが自ら出演のラジオで話題にすることも。

10時台の日替わり特集コーナーでは、安仁屋さんがカープやスポーツの話題を本音で語る「安仁屋宗八の直球勝負」や、世の中の生活に密着した情報をお届けする「ごぜん様通信」など、さまざまなテーマでお送りしています。

平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま
放送局:RCCラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 9時00分~11時40分
出演者:安仁屋宗八(月)、横山雄二(火~金)、(火)渕上沙紀、(水)中根夕希、(木・金)河村綾奈
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#ごぜん様さま」

※放送情報は変更となる場合があります。

RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』

RKB・田畑竜介アナウンサーが、入社25年目を迎えた2022年4月春からラジオの生ワイド番組に初挑戦。「エリアから世界まで」、「ニュースからエンタメ、ライフスタイルまで」をテーマに、福岡や全国、世界のニュース、経済にエンタメなど多岐にわたるジャンルの情報を発信します。

音楽プロデューサー・松尾潔さんやスポーツ文化評論家・玉木正之さんら日替わりコメンテーターを迎えて、気になるニュースを深掘りするほか、独自のソースによるニュースコラムをお届けします。

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介(月~木)辻満里奈(月)武田伊央(火・水)田中みずき(木)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#grooooowup」

※放送情報は変更となる場合があります。

KBCラジオ『アサデス。ラジオ』

福岡・佐賀エリアの情報をいち早くお届けする情報番組。2022年春から5時間半の放送にリニューアルされました。

リスナー参加型の企画が多いのも特徴で、朝7時台のコーナー「アサトレ。」では、出題された問題に正解した人の中から1名に4000円が当たるチャンスです。9時台「キキミミ」のコーナーでは、番組プレゼントを芸人がプレゼンし、紹介された注目の食品をリスナーにプレゼントしています。

アサデス。ラジオ
放送局:KBCラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 6時30分~12時00分
出演者:(月〜木)近藤鉄太郎(金)田上和延 / (月)百市なるみ(火)山﨑萌絵(水・金)加藤恭子(木)原直子
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#アサデスラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko社員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

台湾有事の際の戦略がない日本 「台湾有事は日本有事である」ということを踏まえた議論が必要

ジャーナリストの須田慎一郎が8月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米議会の超党派による台湾訪問について解説した。

台湾の蔡英文総統(台湾・台北)=2020年8月12日 EPA=時事 ©時事通信

アメリカの超党派議員団が台湾を訪問

台湾外交部は8月14日夜、アメリカ議会の超党派の議員団が台湾に到着したと発表した。15日には蔡英文総統と会談し、安全保障などについて意見交換する予定。

飯田)8月上旬にはペロシ下院議長が台湾を訪問しました。矢継ぎ早な感じに見えますね。

須田)中国側の対応も的外れなものなのです。大統領府に対して抗議しているのですが、アメリカの場合は中国と違って明確に三権分立が成り立っていますから、行政府が議会に対してクレームをつけたり、「止めてくれ」とは100%言えないというような状況です。議会、あるいは議員が独自の行動を取っているということです。

中国への牽制の意図もある ~ペロシ氏訪台の際の軍事演習は以前から計画されていたもの

須田)とは言え、台湾を訪問することに対して、中国からの圧力あるいは挑発が目立ってきています。流れとしてはペロシ下院議長が台湾を訪問してから、あのような大きな軍事演習を行ったと言われていますけれども、軍事演習は「明日からやるぞ」と言ってできるものではありません。

飯田)準備もなくできるわけがないですものね。

須田)軍事演習を行うということは、戦争することと同義語なわけです。兵力や武器・弾薬などを調達しなくてはならないことを考えると、何ヵ月も前から準備しているはずです。それを察知しているからこそ、今回のような議会の動きが出てきている。ある意味で、中国への牽制(けんせい)と言えるのではないでしょうか。

日本は台湾に対して何ができるのか

飯田)ペロシさんも台湾を訪問したあと、韓国や日本に訪問して、各国に対しても「訪問すべきだ」と呼びかけていました。その辺り、日本からの動きは見えてこないですね。

須田)鈍いですよね。訪問しても日本が台湾に対して何かできるかと言うと、何の法律もないからできないのです。台湾に対して何かをやる、例えば武器などの軍事的な支援ではなく、それ以外のことでも、なかなかできないというのが実態ではないでしょうか。

台湾有事の際の戦略がない日本

飯田)アメリカの場合は、そもそも台湾関係法という法律があって、それにプラスする形でいろいろな法律をつくってきている実績があります。

須田)日本でも「日本版台湾関係法」をつくらないと、正式には動けないということになると思います。

飯田)何かあったときに日本人をどうやって逃がすかなど、オフィシャルな形で話そうと思っても、台湾と日本の行政府同士で話をすることは難しくなってしまうわけですよね。

須田)しかも台湾有事は日本有事と言われるように、南西諸島や沖縄に対して大きな影響を及ぼすわけです。その辺りをどう連携付けて対応していくのかという戦略が、日本にはまったくない状況だと思います。

北京の清華大学で講演するペロシ米下院議長 同議長は中国での人権問題に対する厳しい態度で知られている 撮影日:2009年05月28日 EPA/ANDY WONG/POOL EPA=時事

台湾と中国には明確なレッドラインがある ~米議会も大統領府もレッドラインの範囲のなかで行動

飯田)現地台湾の台北事務所、事実上の大使館ですけれども、ここにはいわゆる駐在武官、防衛駐在官がいます。しばらく前まではOBの方が行っていて、今回、初めて「背広組を出す、出さない」という話が報道されているくらいです。ここも意思疎通ができないですものね。

須田)弱腰ですよね。台湾と中国に関しては明確にレッドラインがあって、台湾独立派と関係を深めたりバックアップをしたりすると、中国サイドはいきり立って、場合によっては軍事攻撃をしかねないことは明確です。逆に考えると「できる範囲」はあるはずですから、そこはやっていくべきだと思います。

飯田)中国側は、いまの蔡英文政権なども独立派だと言おうとしていますけれども、蔡英文さんの発言を見ると、基本的には「現状維持」を言っていると思うのですが。

須田)しかも台湾のなかでも独立派とは連携していません。アメリカ議会、大統領府も独立派に対して何かメッセージを送るとか、支援をするということは一切やっていません。レッドラインの範囲のなかでの活動だと思います。

憲法9条を改正しない限り台湾に対して何もできない日本 ~台湾有事は日本有事であるということを踏まえて議論するべき

飯田)アメリカ議会ですけれども、上院で台湾に関する新しい法律である「2022年台湾政策法案」が上程され、いま審議中だということです。「台湾をNATO非加盟の主要な同盟地域に指定する」という、かなり踏み込んだ表現になっているという話もあります。

須田)日本はどういう立ち位置を取るのかということなのだけれども、そう考えていくと、やはり憲法改正を考えざるを得ないのだろうと思います。特に9条です。9条の交戦権の否定について、交戦権とは何も戦争する権利のことを言っているわけではなく、戦時下に認められている諸権利のところなのです。

飯田)諸権利。

須田)専守防衛の自衛のための範囲内でしか、日本の場合は諸権利が認められていないのですから、例えば臨検や相手国の領土への進出、占領などは、普通の国にはあるのです。交戦権のなかに含まれているのですけれども、日本にはありません。「交戦権の放棄」をどう捉えていくのか。いまはやれる範囲のギリギリのところまでいってしまっていますから、ここは「台湾有事が日本有事だということを踏まえて、どこまでやるべきか」を議論するべきだと思います。

集団的自衛権と個別的自衛権の区別がない日本

飯田)そう考えると集団的自衛権というか、アメリカも台湾に対して「アライ(ally)」という言葉を使うのは、ヨーロッパにおけるNATO的な複数の国で地域を安定させていくという仕組みが必要だと考えて、動き出していると見た方がいいですか?

須田)日本の場合は特殊な議論の立て方をしていて、世界的な標準で考えると、集団的自衛権と個別的自衛権の区別がないのです。

飯田)そもそも論として。

須田)すべて自衛権なのです。ただ日本の場合は、先ほど申し上げた交戦権の範囲のなかで個別的自衛権と認められるところしか選んでいないものですから、そこで差が出てきてしまう。これを見直していかないと、台湾との連携は取れないと思います。

飯田)逆にここが弱いから、「そこを突けばいいではないか」と相手に思わせてしまいますよね。

須田)対応できる範囲は極めて限定的です。日本の自衛隊も。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ