にこるん、みちょぱ、めるる、玉城ティナ、河北麻友子…人気モデルが出演するラジオ番組

"にこる"んこと、藤田ニコルさんのTBSラジオ『アットホーム presents 藤田ニコルのあしたはにちようび』や、"みちょぱ"こと、池田美優さんのニッポン放送『#みちょパラ』など、モデルとしてはもちろん、テレビのバラエティ番組や、女優としてドラマや映画でも注目を集める人気モデルがパーソナリティを務めるラジオ番組をご紹介します。

それぞれの持つキャラクターを活かした企画、さらにリスナーとの距離感が近く親しみやすいトークは、ファンのみならず多くのラジオリスナーから愛されています。

藤田ニコル出演 TBSラジオ『アットホーム presents 藤田ニコルのあしたはにちようび』

今や各メディアで姿を見かけない日は無いほど大活躍の"にこる"んこと、藤田ニコルさん。小学生の頃にオーディションを勝ち抜き「nicola」専属モデルに、その後「Popteen」専属モデルを経て、現在は「ViVi」の人気専属モデルとしても活動中です。『アットホーム presents 藤田ニコルのあしたはにちようび』、通称『にこにち』は、2020年1月にお笑いコンビ・タイムマシーン3号の2人をアシスタントに迎えて放送をスタートしました。

『にこにち』は、藤田さんが近況報告をしたり、ものまねの練習をしたり、さらに藤田さんに対してネガティブなコメントを投稿する「アンチ」と呼ばれるリスナーとの電話対談したりとさまざまな内容をオンエア。藤田さんは、飾らず素直な魅力がラジオでも感じられます。

藤田ニコル初の冠番組! 恋人に振る舞う料理や理想について語る「料理好き男子がいい」

藤田ニコル「今日初めて言いました」夢が叶う秘訣を伝授!

アットホーム presents 藤田ニコルのあしたはにちようび
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週土曜 19時00分~20時00分
出演者:藤田ニコル、タイムマシーン3号
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタッグは「#にこにち」

※放送情報は変更となる場合があります。

生見愛瑠出演 文化放送『めるるのはっぴーsu👀💖るーむ』

『めるるのはっぴーsu👀💖るーむ』は、2020年10月から文化放送『レコメン!』内でスタートした新番組。バラエティ番組で大活躍中の"めるる"こと、生見愛瑠さんがーソナリティを務める初の冠番組です。生見さんは、小学生の頃に「ニコ☆プチ」専属モデルとなり、現在は「Popteen」専属モデルとして活躍中です。

特徴的な番組タイトルは生見さんのトレンドマークでもある、小指と薬指でピースサインをつくる「はっぴーす」と、語尾を小文字のアルファベットに変える「めるる語」から。生見さん曰く「憧れていた」というラジオパーソナリティですが、放送では毎回同じところで何度も噛んでしまったり、笑ってメールが読めなくなってしまったりと大忙し。"マネネ"こと生見さんのマネージャーと一緒にお届けする楽しい放送をぜひチェックしてみてください!

めるるのはっぴーsu👀💖るーむ(『レコメン!』内)
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~木曜 22時00分~25時00分
出演者:オテンキのり
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#めるーむ」
『めるるのはっぴーsu👀💖るーむ』は水曜22時30分から

※放送情報は変更となる場合があります。

玉城ティナ出演 ニッポン放送『玉城ティナとある世界』

『玉城ティナとある世界』、通称『たませか』は、2017年10月にスタート。雑誌「ViVi」の専属モデルを経て、女優として活躍中の玉城ティナさんの冠ラジオ番組です。玉城さんは、講談社が主催する「ミスiD」で2013年に初代グランプリを受賞。その後はモデルとしての活動はもちろん、女優としてさまざまなドラマや映画に出演。昨年は、映画『Diner ダイナー』や『惡の華』のヒロイン役や主演映画『地獄少女』での演技が話題に。今秋はドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」、「極主夫道」など注目のドラマに出演中です。

番組は、玉城さんが世の中のあらゆる「狭く」も「新しい」コミュニティを提案し、番組を通して再発見していくというもの。毎回異なるテーマに対する玉城さんの意見や考えが伺えるところが魅力です。リスナーからの悩み相談(恋愛相談!)に答えたり、アーティストや映画監督、小説家、漫画家といった度々登場する多彩なゲストとのトークが聞けたり……番組を聴いてぜひ新たに玉城さんの魅力を見つけてみてください!

玉城ティナが映画「Diner ダイナー」の魅力を語る!「蜷川組のヒロインが務まるのかプレッシャーでした」

玉城ティナがリスナーの「卒業したいこと」を応援!

玉城ティナとある世界
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週水曜 21時20分~21時40分
出演者:玉城ティナ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#たませか」

※放送情報は変更となる場合があります。

河北麻友子出演 ニッポン放送『河北麻友子のマユコレ!』

『河北麻友子のマユコレ!』は2015年から放送が続く、河北麻友子さんがパーソナリティを務める人気番組。。河北さんは、2003年にこれまでに多くのスターを輩出してきた全日本国民的美少女コンテストでグランプリを獲得。その後「ViVi」の専属モデルとして活躍しつつ、テレビ出演時の明るいキャラクターが話題を呼び、タレントとしても存在感を発揮しています。

『マユコレ!』では、毎月異なる分野からゲストを呼び、マンスリーゲストとして一ヶ月間登場。過去には水野良樹さん(いきものがかり)、スキマスイッチらアーティスト、玉城ティナさんやemmaさんら河北さんのモデル仲間、さらには俳優の山崎育三郎さんが出演しました。河北さんと多彩なゲストとのトークをぜひお楽しみください!

河北麻友子のマユコレ!
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週金曜 17時10分~17時30分
出演者:河北麻友子
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#マユコレ」

※放送情報は変更となる場合があります。

池田美優出演 ニッポン放送『#みちょパラ』

2019年5月にスタートした『#みちょパラ』。ファッション雑誌「Popteen」の専属モデルを経て、現在はモデル業だけではなく、数多くのバラエティ番組で大活躍の”みちょぱ”こと池田美優さんがパーソナリティを務めるレギュラー番組です。

番組では、池田さんの地元・赤羽にまつわるコーナーがあり、かなりパーソナルな内容が魅力のひとつ。講談師・神田伯山さんや、フリーアナウンサー・鷲見玲奈さんといったさまざまな有名人がリスナーを公言。ゲストとして、野性爆弾・くっきー!さんや、かまいたち、ニッポン放送で『オールナイトニッポン0』のパーソナリティも務めるテレビプロデューサーの佐久間宣行さんが出演し、話題を集めました!

また池田さんは、放送で仕事やプライベートでも交流のある藤田ニコルさんや生見愛瑠さんの話題もオープンに語っています。

#みちょパラ
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週日曜 23時00分~23時30分
出演者:池田美優
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#みちょパラ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ