友達に話しかける感覚でメールを送ってくれたら嬉しい!『クリエイターズ』かわにしみきインタビュー

ここ数年、″インフルエンサー“として幅広い世代に影響を与えるYouTuberがパーソナリティを務めている東海ラジオ『クリエイターズ』。今回は、水曜日を担当するかわにしみきさんのインタビューをお届けします。

注目ポイントは、お悩みに答えるコーナー

ーーご自身が思う番組の魅力や、注目して欲しいポイントを教えてください。

リスナー参加型の番組になっているところ。お悩みに答えるコーナー「ドクターP」などは注目ポイントです。

ーー普段活動されているYouTubeとラジオの違いはありますか? また、逆に共通する点はありますか?

YouTubeはカットや修正が入っていて情報量を10分くらいの間にギュッと詰めているので、片手間で見るというよりは「見るぞ!」と思って見るのかなと思うのですが、ラジオは空いた時間や通勤時、登校時に気軽に聴けるのかなと思います。共通点は私の噛み加減(笑)。

『三四郎のオールナイトニッポン』が大好きで毎週2回聴いている!

ーー元々ラジオは聴く方でしたか? 好きな番組や普段聴いている番組があれば教えてください。

小中高時代に毎日ラジオを聞いていました! 音楽が好きだったのですが、お金が無くてCDが買えなかったので、音楽だけを流してくれる番組や、毎回アーティストさんがゲスト出演する番組をよく聴いていました。

毎週楽しみにしている番組は、三四郎さんの『オールナイトニッポン』! 大好きで毎週2回は必ず聴いています(笑)。

友達に話しかける感覚でメールを送ってくれたら嬉しい

ーーこれから番組でやりたいことや挑戦してみたいことを教えてください。

ゲストを迎えての放送や生放送なども挑戦していきたいです。

ーー最後に番組を聴いているリスナー、radiko news読者に向けたメッセージをお願いします。

いつも聴いてくれたり、番組にメッセージを送ってくれたり、皆さまありがとうございます。

そして、私のことを知らないという方も気軽に参加できる番組だと思うので、今日あった出来事とか、友達に話しかける感覚でメールを送ってれたら嬉しいです。

【かわにしみきプロフィール】
美容系YouTuber Multi-Influencer
みきぽんことかわにしみき。特にプチプラブランドのメイク紹介動画が大人気で、若い女性たちを中心に絶大な人気を誇り、コスメを中心としたプロデュース業も多数。アイス、ゲーム、K-POPアイドル、漫画好きなどオタクな一面も。

かわにしみき出演『クリエイターズ』(水曜日)

チャンネル登録者数107万人超! 人気ビューティー系YouTuber・かわにしみきさんが美容の事はもちろん、プライベートな事までお話する1時間。音楽好きのかわにしさんが選曲した音楽と共にお送りします。

リスナーからのお悩みや相談をスパっと解決に導く「ドクターP」、お家時間の楽しみ方を共有する「自宅警備員からの報告!」、そしてリスナーからオススメのレシピや料理、お店を教えてもらう「深夜の飯テロ?!オススメご飯」」など、リスナーとの距離が近い内容盛り沢山!

放送中、本人自らTwitterで「#みきぽんラジオ」を付けて感想を共有。リスナーのツイートへ「いいね」や「コメント」も展開しています。

クリエイターズ(水曜日)
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週水曜 25時00分~26時00分
出演者:かわにしみき
番組ホームページ
公式Twitter

番組ハッシュタグは「#みきぽんラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

“女性の社会進出”で比較するアベノミクスと岸田政権

6月6日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、火曜コメンテーターで上武大学教授の田中秀臣氏と番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーが、政府が男女共同参画会議で掲げた新目標「女性役員3割、起業家2割」について意見を交わした。

岸田内閣は高市早苗さんを冷遇してません?

政府は6月5日の男女共同参画会議で、女性活躍・男女共同参画の重点方針「女性版骨太の方針」の原案を示した。東証プライム市場に上場する企業の女性役員の比率を2030年までに30%以上にする目標を設ける。

「田中さんこれはどうご覧になりますか?」(寺島アナ)

「率直に言って、女性が働きにくい環境になっているのは間違いないと思います。別に“女性役員”というわけではなくて、色々な会社のなかで“おっさん優位”の社会風土は未だに健在ですよね。そんな中で政府が旗振りをするわけですが、なかなか難しい側面があります。ただ“東証プライム市場で上場したいのであれば、この規則を守れ!”と、民間が民間に突きつけるやり方は有効に作用するんじゃないでしょうか。基本的に会社の風土を変えることは時間がかかると思うんですけど、地道に取り組んでいくことが重要です」(田中氏)

そして田中さんは女性の社会進出において、アベノミクスと岸田政権を比較した。

「女性の社会進出のためにも、景気を良くして働きやすい環境を作っていくことが大前提なわけですよね。アベノミクスを評価する点で“女性の社会進出”を熱心にやっていたんですが、いま岸田政権になっておざなりにされつつあって。“ここで下手を打って自分が責任を取るのが嫌だから、ゼロベースで以前やっていたことを継承してやるんだ”、“だけど財務省に言われてステルス増負担をやっちゃってごめんなさい”みたいなことが岸田政権なんですよね」(田中氏)

岸田首相は今年4月に、従来よりも踏み込んだ具体策で「女性登用の促進に弾みをつける」と強調していた。重点方針は、女性登用に関する目標を定める意義を、「女性のキャリア形成の意欲向上のみならず、社会経済の意思決定における多様性」と発言していた。

「それを言うなら岸田内閣なんか高市早苗さんを明らかに冷遇してますからね。それを取りやめて“やっぱり君に譲るよ”と言って、いきなりアベノミクスpart2みたいにやる方がよっぽどいいんじゃないですかね。現状は閣内で明らかにいびりまくってる感じですからね。そこは一体どうなんだよ! っていう感じです」(田中氏)

 

Facebook

ページトップへ