嵐・二宮和也のまったりとしたトークが魅力の冠ラジオ番組『BAY STORM』

1999年に嵐のメンバーとしてCDデビューを果たし、音楽活動のみならず、バラエティ番組やテレビドラマ、映画にも数多く出演する二宮和也さん。

最近では2022年公開予定の映画『収容所(ラーゲリ)から来た遺書(仮)』の主演を務めることが発表されました。今回は、二宮さんがパーソナリティを務める『BAY STORM』(bayfm78)をご紹介します。

『BAY STORM』とは

『BAY STORM』は、嵐・二宮和也さん初のレギュラーラジオ番組です。2002年10月に放送開始され、今年で放送20年目に突入します。2021年10月17日(日)で、放送回数は987回と、放送1000回も目前です。

番組タイトルは、放送局である「bayfm78」と、嵐が所属するレーベル「ジェイ・ストーム」から。二宮さんの達観した人生観や、まったりとしたトークを楽しむことができます。

BAY STORM
放送局:bayfm78
放送日時:毎週日曜 22時00分~22時30分
出演者:嵐(二宮和也)
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#ベイスト」

※放送情報は変更となる場合があります。

主なコーナー・企画紹介

『BAY STORM』にはさまざまな常設コーナーが存在します。

何気ない生活の情報や近況報告、二宮さんへのメッセージなど何でもありな内容を、オープニングを飾る一言と一緒に募集している「オープニングの一言」と、グループ全体や二宮さん個人への質問を募集している「裏嵐」のコーナーはほぼ毎週放送されています。

そのほか、ラッキーな出来事、奇跡のような体験を募集する「神が来た」や、謝罪エピソードの懺悔企画「どうか穏便に」など、ユニークなものも。メッセージ採用者の中から、二宮さんが気になった投稿主にはステッカーとボールペンが贈呈されます。

不定期人気コーナー「縛りニノフェス」

通常の放送では、リスナーからリクエストされた嵐の楽曲3曲をオンエアしていますが、「縛りニノフェス」は、二宮さんによる選曲を楽しむことができる企画です。

第一回は2020年8月2日(日)に放送。リスナーから募集したおすすめのアーティストの中から抽選を行い、企画開催日までに二宮さんが、選ばれたアーティスト"縛り"で曲を聴き込んで3曲セレクトしました。抽選の結果決まったのは、ピアノの弾き語りを行うシンガーソングライター・日食なつこさん。「開拓者」、「廊下を走るな」、さらに「あのデパート」の3曲がオンエアされました。また、日食なつこさんは、二宮さんがゲスト出演した2018年9月23日(日)放送分の『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』にて、「人生の1曲」というお題でも選曲しているアーティストで、偶然にも愛聴しているアーティストからの選曲となりました。

続く第二回、2020年10月18日(日)は米津玄師さんを特集。二宮さんは「ゴーゴー幽霊船」、「Flamingo」、そして「Lemon」の3曲をセレクトしました。米津玄師さんとは、米津さんが作詞・作曲を行った嵐の楽曲「カイト」でコラボレーションしているほか、日食なつこさん同様、二宮さんが普段から愛聴しているアーティストということで熱の込もったプレゼンも披露しました。

木村拓哉からメッセージ!年に一度の誕生日企画

二宮さんの誕生日である6月17日付近の放送では、二宮さんと縁のある著名人からサプライズでバースデーメッセージが届くのが恒例となっています。

2012年以来6年ぶりとなる、誕生日当日と放送日が重なった2018年6月17日(日)は、木村拓哉さんがメッセージゲストとして登場。「わー、すごい。木村くんのところに行ったの?」、「(今回で)最終回だな。」と、先輩のゲスト出演に二宮さんも驚いていました。事務所のタレントで出演したのは、2015年の山田涼介さん、2017年の岡田准一さんに続く3人目でした。

2021年6月20日(日)は、映画『浅田家!』で共演した中野量太監督からのメッセージが到着。音声が流れた際には、二宮さんも「これは分かるよ、俺だって。ずっと聴いていた声だもん。」と、聞き慣れた声に反応していました。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

引退試合翌朝に番組生出演!ソフトバンク長谷川勇也選手が心境語る

左から近藤鉄太郎アナ、長谷川勇也選手、岡田理沙アナ、早川裕章解説委員 ©九州朝日放送株式会社

長谷川勇也選手(ソフトバンク)の引退セレモニーが10月21日の試合終了後に行われた。一夜明け、長谷川選手が『アサデス。ラジオ』に生出演。引退後の心境を語った。

引退会見で「順風満帆ではなかった」と涙ながらに野球人生を振り返った長谷川選手。試合後のセレモニーでは「プロ野球生活15年間は多くの方々に支えられ、順風満帆の野球人生でした」と変わった。番組では会見からの心境の変化、さらにセレモニーで述べた「順風満帆の野球人生」の真意、「悔いはない」とした本人の心の内側に、長年プロ野球実況を務める近藤アナが迫っている。今後については「少しゆっくりする」と前置きしたうえで、「200安打を打てる選手と関わりたい」と早くも「打撃職人」としてプロ野球に関わっていく夢を描いた。

長谷川選手は2006年にドラフト5位で入団し、ホークス一筋15年。ケガに苦しみながらも「打撃職人」として6度のリーグ優勝、7度の日本一に貢献した。2013年には首位打者と最多安打を獲得し、ベストナインにも選ばれている。

 

Facebook

ページトップへ