浜田雅功メインMCのラジオ番組『ごぶごぶラジオ』とは?

ダウンタウン・浜田雅功さんと出演者、スタッフ、そしてリスナーが五分五分の立場で作り上げるラジオ番組『ごぶごぶラジオ』(MBSラジオ)の過去放送回エピソードなど魅力を一挙解説!

浜田雅功が32年ぶりにラジオ番組のレギュラーに!MBSラジオ『ごぶごぶラジオ』

ダウンタウン・浜田雅功さん出演のレギュラー番組として2023年4月7日から毎週金曜日にMBSラジオで放送中。2023年1月放送のテレビ番組、スピンオフ・ラジオ特別番組放送を経て、満を持してのレギュラー化となりました。

浜田さんがパーソナリティーに就任するのは、同局で放送されている『ヤングタウン』木曜日を担当していた1991年以来およそ32年ぶり。浜田さんと共に出演するのは、プライベートでも交流があるライセンス・井本貴史さん、どりあんず・堤太輝さんと平井俊輔さんです。浜田さんと出演者とスタッフ、そしてリスナーが、上下関係なく“五分五分”の立場で作り上げ、深夜にしゃべり倒します。

ごぶごぶラジオ
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週金曜 25時00分~25時45分
出演者:浜田雅功(ダウンタウン)、井本貴史(ライセンス)、堤太輝(どりあんず)、平井俊輔(どりあんず)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ごぶごぶラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

『ごぶごぶラジオ』コーナー

「くら寿司プレゼンツ ビッくらポン!HYPER」
まだまだ知られていないくら寿司の情報を紹介していくコーナー。くら寿司の広報担当者らが出演し、開催中のフェアや実際に提供されているメニューを浜田さんたちが試食します。

「“そう見えるもの”のコーナー」
全くそうではないのにセクシーに見える写真をリスナーから募集し、出演者やスタッフで見定める“そう見えるもの”のコーナー。浜田さんの特にお気に入りのコーナーで、「そう見えるかも?」という写真を送ると、番組特製ステッカーがもらえるかも?

過去の放送エピソード紹介

「こっち呼ぼうや」東野幸治と掟破りの共演実現!?(2023年4月7日放送)

記念すべき初回放送は、『ごぶごぶラジオ』と同じ時間帯に放送されているいわゆる“裏番組”の話題からスタートしました。「これアレやろ? 裏、東野と被ってんやろ?」と浜田さんが切り出したのは、東野幸治さんがパーソナリティーを担当している『東野幸治のホンモノラジオ』(ABCラジオ)。『東野幸治のホンモノラジオ』は、2023年4月から『ごぶごぶラジオ』、また松本人志さんが出演する番組とも裏かぶりしており、噂では東野さんが「えらい怒ってる」のだそう。

それに関して浜田さんは「なんだそれ」、「知らん知らん。そんなの知らんよ」とコメントするも、「アイツ、収録いつやってるのかな? 生放送でやってるんとちゃうやろ。もしあれだったらこっち呼ぼうや」と東野さんのゲスト出演を提案。それに対し井本さんたちは「いやいや聞いたことないですよ。同じ時間に違う局でなんて」、「過去聞いたことがないですよ。裏かぶりの時点で揉めるのに」と大慌て。しかしスタッフに確認すると「こちらはウェルカムと言っています」と、東野さんの出演を快諾しており、浜田さんも「1回くらい呼んでさ『いや僕裏でやってますけど』みたいなの」と、前のめりな発言をしました。

それから2週間後の4月21日の放送で進展が。番組のステッカーを井本さんや、どりあんずの2人がもらえないことに、浜田さんは「あれはダメですよ。あれ次あげるの、俺は東野だと思ってるから」と発言。「東野、どうせ来るやん」と言う浜田さんに、井本さんは「どうせ来るとかじゃなくて、向こうのラジオでムチャクチャ言ってる。なんか『勝手に呼ぶな』とか『画策するな』とか」と、東野さんの発言を取り上げると、さらに「僕の情報では、吉本興業のまあまあお偉いさんが東野さんのところに行って『浜田さんがこういうこと仰ってます。東野さん、どうされますか?』とお伺いがあったんですって。東野さん、答えようがないからうやむやにしたっていう情報が入ってきてるんですよ」という噂も紹介し、その上で「『ステッカーをあげるのは次アイツ』って言ったら絶対に来なくなるじゃないですか」と、東野さんのゲスト出演が幻に終わることを危惧していました。

ただその一方で浜田さんは「そうは言ってもさ…まあ来るでしょう」と、自身にも東野さんが「どうせ自分が行かないとアカンのやろ」、「どうせ俺の方には浜ちゃん来ないんやろ」、「どうせどりあんずを行かせるんやろ」などという発言が耳に入っていると語り、「もうこれ以上は言いません。2回言ってるわけだから。ま、東野来るでしょう」と言い切り、井本さんらからは「怖ッ」という声が上がっていました。

「あれだけが一番イヤ」浜田雅功が唯一緊張する仕事とは?(2023年4月14日放送)

多くの番組でMCを担当している浜田さん。就職活動中のリスナーから「どうしても面接になると、緊張しすぎて言いたいことが話せなくなってしまいます。緊張するのは分かっているので、緊張している中でいいパフォーマンスが出せるコツはありますでしょうか?」という質問が届きました。「もう緊張することもないでしょう?」と聞かれた浜田さんは、「僕が緊張するのは歌を歌う時だけです」、「あれだけが一番イヤ」と、歌番組に出演することが唯一緊張する仕事だと明かしました。

その理由については「なんやろうな…下手なのはええねんけど、歌詞忘れるとか、間違えたらどうしようというのがいつもどこかにあって」とコメント。「ゲストを回していかないといけない時の方が緊張しません?」という質問には「全然」と即答。2022年になんばグランド花月で31年ぶりに漫才を披露した時も「(緊張は)ないね。なんでかというと、何を言ってくるか分からなかったから。ネタ合わせしてるんだったら『この後こう言わなアカン』とか『飛ばしたらどうしよう』とかがあるやん。でも、ネタ合わせをせえへんのやもん。緊張のしようがない」と語り、井本さんらを驚かせていました。

「佐田に怒られてん」帰宅途中に遭遇した後輩に説教されたワケとは?(2023年4月28日放送)

4月28日のテーマは「日常生活で芸能人に出会うか」。中学生の頃、自転車でABCホールまで出かけた際に見かけた松本ちえこさんが「最初だったと思う」と、人生で初めて見かけた芸能人だったと話した浜田さん。そのほか「もう引っ越しされたけど、水谷豊さんとは何回か」、「絶対握手してくるねん。『どこ行くんですか?』、『うんちょっと振り込みに』って。どこに振り込むねん!」とベテラン俳優との遭遇秘話、子どもが通っていた学校の運動会で渡辺徹さんや堺正章さん、哀川翔さんらが参加した綱引きの様子を語りました。

その中で「逆に浜田さんを見かけたって聞きました!」という目撃情報も届きました。その情報源はバッドボーイズ・佐田正樹さんで、さらに「佐田に怒られてん」と、浜田さんはとあることで佐田さんから注意されたとコメント。

浜田さんは当時の状況を「俺、一応あの時マスクしてたのかな? キャップ被ってTMC(スタジオ)から歩いて帰ってた。そしたら前からいかつい兄ちゃんがチャリンコでバーッて来てたから『これヤバイな』って、知らんふりしててすれ違う瞬間にパッと目が合ったら佐田が俺に『バレますって!』」と、素顔を隠し切れていないことを注意されたと説明。「『何してますの!』、『いや歩いて帰ってる』、『バレますって!』」と、路上で繰り広げたという後輩とのやり取りにスタジオは笑いに包まれていました。

業界人も頭を悩ませている浜田雅功の“誕生日プレゼント問題”(2023年5月5日放送)

2023年5月11日で還暦を迎えた浜田さん。誕生日直前だった2023年5月5日は、スタジオが「全部赤や!」と浜田さんが思わずツッコむほど装飾され、浜田さんの台本だけ赤色というお祝いムードで一色に。「いやいやいや。間違ってる。これ間違ってるって。これケーキちゃう」と、60本のロウソクが差してあるカップケーキも登場し、風変りなお祝いから放送がスタートしました。

そして誕生日プレゼントへとトークテーマが移ると、浜田さんへのプレゼント選びが難航していることが発覚。浜田さんのスタイリストが贈ったマフラーやスニーカーなどは「二度とお目にかかれなかった」という一方で、宮内庁御用達のトイレットペーパーなどは「使ってもらえた!」などの“合格ライン”が明確でないことが明らかになりました。

これは業界全体で問題になっているようで、井本さんに「今、浜田さんが求めているものは何?」と番組スタッフから電話がかかってくるそう。その電話に井本さんは「僕当時、『ONE PIECE』が流行った時に、浜田さんが『ONE PIECEっておもろいんか?』と言ってたんですよ。それを受けて次の日に電話かかってきたんで『ONE PIECE』どうなんかって言ってましたよって。」とアドバイスし、番組スタッフは『ONE PIECE』のDVDセットを贈ったとのこと。

浜田さんもそれを覚えており「もらった」とコメント。ただ井本さんは「本当に喜びました?」と、どこか疑っている様子で……それと言うのも番組スタッフから後日井本さん宛に「全然喜ばなかったよ!どうなってるの!」とクレームの電話が入ったそうです。

「(DVDを)観ましたか?」という後輩ったちからの質問に浜田さんは「3巻までな」と返答。そしてついに「もう欲しいものないでしょ。あります?」とストレートに聞かれると、別荘は「それはみんなそうやんか」、ゴルフクラブは「最近はずっと同じやつ使ってるし」と、どれもいまいちな反応。最終的に「単四(電池)。鼻毛切りが今日ウーンって止まったから」と答え、井本さんたちをさらに悩ませていました。

浜田雅功がお笑い芸人以外になりたかった職業は?(2023年5月12日放送)

リスナーからのお便りには、浜田さんの素顔に迫る質問も多く寄せられます。2023年5月12日は「お笑い芸人以外になりたかった職業は何ですか?」という内容が届きました。

浜田さんは「俺は警察官になりたかった」、「刑事とかじゃなくて警察官。制服着て」と回答。「親戚の兄ちゃんがやってたのかな。何年かで辞めはったけど。その時の話を色々聞いたりだとか、練習している写真を見て『めっちゃカッコええやん』って」と、憧れがあったと明かしました。

そのため以前ドラマで警察官を演じた際、表情には出していなかったものの「テンション上がってた!」と告白。そんな浜田さんのなりたかった職業に井本さんらは「ならんでよかったですね」、「もう汚職汚職で…」などとコメントし、浜田さんは「そんなアホな!」とツッコんでいました。

過去の放送はradikoプレミアムでいつでもどこでも聴ける!

浜田さんたち4人の胸襟を開いたトークが爆笑必須の『ごぶごぶラジオ』。関西以外の地域の方は「電波が届かないから聴けない…」という方もいるのでは? 

そういう場合は、全国のラジオ番組が聴けるradikoプレミアム会員限定サービス「エリアフリー」がおすすめです。「エリアフリー」は、通常のradiko(無料・放送エリア内聴取)とは異なり、日本全国のラジオ局の番組を聴けるサービス(有料・放送エリア外聴取)です。

全国のラジオ番組が聴けるradikoプレミアム会員限定サービス「エリアフリー」【radiko使い方ガイド】

radikoプレミアムのメリットとは? 有料・無料会員の違いを解説!

「エリアフリー」は、「タイムフリー」にも対応しています。「タイムフリー」は、過去1週間以内に放送された番組を聴ける機能。番組を再生し始めてから24時間以内であれば、合計3時間まで聴くことができ、番組の一時停止・巻き戻し・早送りも可能です。

「番組を聴き逃してしまった!」、または「放送が面白かったからもう1度聴きたい」という時におすすめです!

聴き逃したラジオ番組を聴ける「タイムフリー」【radiko使い方ガイド】

聴き逃した番組が聴けるradiko「タイムフリー」を解説&おすすめラジオ番組紹介

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

出演番組をラジコで聴く

円安埋蔵金“外為特会”の活用議論にクギ 「国際政治的に絶対に無理」石川和男が断言

政策アナリストの石川和男が5月26日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送Podcast番組「石川和男のポリシーリテラシー」に出演。最近、国会で政策財源のひとつとして議論された「外国為替資金特別会計(外為特会)」について専門家と議論した。

※イメージ

政府・日銀は4月29日と5月2日、急激な円安の進行を阻止する狙いから、ドル売り円買いの為替介入を実施したと見られている。為替介入は、国の「外国為替資金特別会計」=通称“外為特会”の資金を使って行われるが、この資金をめぐって今、国会で議論が沸き起こっている。

財務省が公表しているデータによると、今年1月末時点の外貨準備高は1兆2917億ドル(約200兆円)で、このうち1兆ドル近くが米国債などの証券、残りがドル現預金とれているが、詳細な内訳は公表されていない。これらドル建ての米国債や現預金の円での評価額が、円安の影響で膨れ上がっており、その差額=「含み益」を政策財源に充てる案が国会で浮上している。

この話題について、ゲスト出演した岩手保健医療大学理事で経済評論家の濵田敏彰氏は「外国為替資金特別会計では、ドルを現金でも持っているが(ほとんどは)アメリカの国債で持っている。(含み益を円に戻して確定させるために)アメリカの国債を日本だけが大量に売るとなると、国際社会の中で生きているので調整が必要」だとして、現実的な選択肢ではないと指摘。石川も「それは国際政治的に絶対に無理」と断言した。

石川は「大量に何兆円というオーダー、あるいは何千億円のオーダーでボンっと一気に売ることになると、アメリカは逆のことをしかねない。日本に次いで、世界のドル保有国2位の中国でさえ、あれだけアメリカと貿易戦争をしておきながら、ドル(米国債)を売らない。それは、アメリカを怒らせたらろくなことはないという証拠」と言及。

濵田氏は「そもそも外為特会は特別会計で、1年で締めて、本当に利益が出たときは、その分きちんと国庫に納めている。今回、その上に売るというのは、為替の調整のためならまだしも、その金で国民にばらまくみたいな話は通らない」と述べた。

Facebook

ページトップへ