「菊花賞」2021! 秋の競馬中継はラジコで聴こう

10月24日(日)には、阪神競馬場で「秋華賞」が開催されます。皐月賞、東京優駿(日本ダービー)に続く、クラシック三冠の最終戦で勝利するのはどの馬なのか? ぜひラジコで中継をお楽しみください。

「菊花賞」とは?

1938年に、イギリスのセントレジャーステークスに倣って創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞競走です。同様にイギリスのレースに範をとり、4歳(現3歳)馬が出走できる皐月賞、日本ダービーと並んでクラシック三冠競走の一つに数えられています。

創設時は「京都農林省賞典四歳呼馬」という呼称でしたが、1948年より現在の名称「菊花賞」に変更されました。4歳(現3歳)馬にとって菊花賞以前に3000m以上の距離を走るレースはなく、未経験の距離を走るタフさと、過酷なコースを走るスタミナを求められる事から「最も強い馬が勝つ」と称されます。

創設以来、京都競馬場・芝3000m(外回り)を舞台に行われてきた菊花賞ですが、今年は秋華賞同様、京都競馬場の整備工事を受けて阪神競馬場で開催されます。直線まではほぼ平坦、ゴール前に高低差1.8mの急な上り坂が待ち構えるコース設計で、最後まで末脚を伸ばすことが要求されます。

「菊花賞」注目馬は?

皐月賞3着、日本ダービー3着とこれまで能力の高さを示してきたステラヴェローチェ(牡、栗東・須貝尚介厩舎)。優先出走権をかけた神戸新聞杯では、ダービー馬・シャフリヤールを抑え堂々の1着、昨年のサウジアラビアロイヤルカップに続いて重賞2勝目を飾りました。3歳馬最後の1冠を狙います。

父はエピファネイア、母はマリアライト、父母ともにGI馬という良血・オーソクレース(牡、美浦・久保田貴士厩舎)。骨折により春は全休、復帰戦となった前走のセントライト記念では3着に敗れたものの、中団から伸びていく鋭い走りをみせました。クラシック初の出走で勝利を目指します。

前走の神戸新聞杯で、ステラヴェローチェと半馬身差の2着と好走したレッドジェネシス(牡、栗東・友道康夫厩舎)。追いきりでは栗東・CWコースでの単走で、気持ちの良い走りを披露しました。同じ阪神競馬場で行われたゆきやなぎ賞では4馬身差をつけて快勝、舞台替わりの菊花賞に向け準備は万端です。

「菊花賞」出走馬はこちら

競馬の中継番組まとめ

日曜競馬実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時35分
出演者:解説:長谷川仁志、佐藤直文、境和樹
番組ホームページ
公式

※放送情報は変更となる場合があります。

GOGO競馬サンデー!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~16時30分
出演者:佐藤哲三(元JRA騎手)、来栖正之(MBSアナウンサー)、河本光正(MBSアナウンサー)、三宅秀一郎、奥村麻衣子、青木行雄、石井健太郎
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

OBCドラマティック競馬
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 10時00分~13時00分
出演者:西村寿一、濱野圭司、田辺大介、三宅きみひと、松下翔、井川茉代
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式

Twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第2(RaNi Music♪)
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

元ビーチバレー選手・坂口佳穗 強さの裏にあった「内面の変化」とは

7月3日(日)、スポーツライター金子達仁がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「The Deep」(ニッポン放送・毎週日曜20時~20時20分)が放送され、元ビーチバレー選手・坂口佳穗が出演。ビーチバレーをはじめた当時の心境を明かした。

一流アスリートたちをゲストに迎え、スポーツの面白さや、アスリートの心の奥底にある想いを届けていく番組、「The Deep」。坂口は小学1年生から9年間、インドアバレーを経験。 高校では一度バレーから離れたが、2014年の大学入学とともにビーチバレーを始めると、「新ビーチの妖精」の愛称で親しまれ、国内外の大会で好成績を残し2021年12月に現役引退と結婚を発表。今回番組では、ビーチバレーを続けた理由や、ビーチバレーで勝てるようになったきっかけについて語った。

坂口佳穗

金子:中学校の段階で、「このままじゃ私は全日本になれるような選手じゃない」と思って(バレーボールは)見切りをつけたわけじゃないですか、ある意味。ビーチバレーの世界に足を踏み入れた坂口さんは、なぜ諦めなかったんですか?

坂口:その時はプロになりたいって思っていなくて。「ビーチバレーが上手になりたい」「あのキラキラした選手たちみたいに私も試合がしたい」っていう一心だったんです。

金子:そっか。オリンピックがどうこうとかじゃないんだ。

坂口:ただ、「できるようになりたい。なんでできないんだ!」みたいな感じで。

金子:「輝きたい」「上手になりたい」で、はじめたビーチバレー。しょっぱい空気も味わった。けど勝った。そのことで坂口さんの内面に変化が出てきましたか?

坂口:出ましたね。勝てるようになったのも内面の意識、変化があったからこそ優勝できたようなものだったので。何をって言われたら、パートナーとの向き合い方で勝てるようになったと思っているので。人と人とのコミュニケーションの取り方、相手への思いやりの気持ち、感謝の気持ちとか。言葉の本質はなんだとか。そういうところを理解しよう、考えようって思うようになってから変わりました。

人が言っていること、私がなんでこの言葉を伝えてしまったのか、そういうことで、自分と向き合える、向き合わなきゃいけない時間が増えて、変わっていったと思います。

金子達仁

その後、リスナーからの質問で、「どういう人がバレーボールからビーチバレーに転向するのに向いているか」と聞かれた坂口は、「朝から日が落ちるまで砂の上にいて練習できる人」と回答。パーソナリティの金子は、坂口との収録を振り返り「(番組の中で本人が)辛い時期についてのテーマにも話が及んだと思うんです。笑顔で話されてるんですけど、目が潤まれていたのは印象的でした」と語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ