バラエティ豊かなナイターオフのラジオ番組【西日本編】

音楽や天気の番組まで! バラエティ豊かなナイターオフのラジオ番組【前編】」の後編をお届けします!

ABCラジオ『伊藤史隆の…ラジオノオト』

その日の話題や、あるテーマについて、リスナーからのメッセージや音楽を交えながらたっぷりとトーク。パーソナリティの伊藤史隆アナウンサーは、ABCのスポーツ中継でおなじみのベテランです。プロ野球はオフシーズンですが、阪神の最新情報も細かく伝えています。火曜日には、吉田義男さんがある年のある日の阪神について振り返る「吉田義男のあの日の阪神タイガース」のコーナーも。

■放送日時:火曜〜金曜18時〜21時

MBSラジオ『次は〜新福島!』

月か太陽で例えるなら、月(しかも、たまに雲に隠れるような)のように、後ろ向きなフリートークが人気の福島暢啓アナウンサーが、MBSのナイターオフに登板。『福島暢啓のどうぞお構いなく』(毎週金曜日 25時〜26時)では、まだ30歳の福島アナによる昭和初期の歌謡曲の紹介やマニアックな話が好評で、ラジオファンに愛されるアナウンサーとして、人気を博しています。

『次は〜新福島!』では、しっかりと時間をかけてゲストの話を引き出す、曜日ごとコーナーも聴きどころの一つ。火曜日はピザの窯やボウリングのレーンなど、個人では絶対に買わないような商品を紹介する「妄想ラジオショッピング!」、水曜日は板東英二さんや桑原征平さんなど、ラジオ界のレジェンドをお招きする「ラジオ博愛主義!パイセンがやってきた!」、木曜日は、毎日文化センターの人気講師の方々に話を伺う「ラジオ文化センター!」をお届け。さらに、その日の放送を振り返ってリスナーが「優」「良」「可」で判定してもらう「今夜のモニターさん」のコーナーなど、”ラジオ通”向けのコーナーが多数あります。

■放送日時:火曜日〜木曜日 20時〜22時

MBSラジオ『こちら茶屋町お天気部!』

お天気の話に特化した生放送番組です。MBSにある「気象情報部」通称「お天気部」に所属する気象予報士とその部員、スタッフが制作、出演します。

注目は、若手気象予報士・広瀬駿さんの解説。「風はなぜ吹くの?」「木枯らし一号はなぜ発表されるようになったの?」など、基礎的な質問にも非常に分かりやすく解説します。NHKのテレビ番組「おはよう日本」の気象情報で、ダジャレを言うことでおなじみのベテラン予報士・南利幸さんのアシストもあるので、どんな質問が寄せられても優しく解説します。なかには、勉強のため毎回録音をしているという人もいるそうです。

■放送日時:毎週金曜日 20時〜21時

RNB南海放送『まっすんのこれかラジオ』

コンセプトは「"これからのラジオ" を産み出す、挑戦する番組」。番組の柱となるのは、愛媛の "挑戦者" を応援するインタビュー、商品を紹介しつつリスナーからさまざな意見や質問に答える「チャレンジショッピング」、世界の出来事を "愛媛の普通の人の目線" で読み解くトークです。

もともと、30分番組として5年半に渡って放送されましたが、今年の10月からは2時間半の番組としてパワーアップ! パーソナリティーで劇団P.Sみそ汁定食の主宰も務める桝形浩人さんは、ビジネスからカルチャーまで博識な男性。経営コンサルタント兼コメンテーター・山本裕治さんの解説と合わせて情報量が非常に多いので、radiko.jpのタイムフリーも使いつつ、じっくり聴きたい番組です。

■放送日時:毎週火曜日 19時〜21時30分

RKBラジオ『中谷仁志・下田文代の夜なおし堂』

RKBラジオで喋り続けて30年。劇団ショーマンシップ座長・中谷仁志さんと、報道記者歴20年の下田文代さんがタッグを組みました! その日の出来事をインタビューなどを交えて掘り下げる「きょうのフカボリ」、下田さんの辛口コラム「ちょっと言わせて」、リスナーのプライベートな出来事を紹介する「プライベートニュース」など、その日の話題が盛りだくさん。中谷さんの明るいトークと下田さんのピリッと真面目なコメントで、メリハリの効いた生放送となっています。

なかでもユニークなのは、その日に放送されたRKBラジオの自社制作番組から、傑作シーンを紹介する「RKB今日イチ!反省会」。まさにradiko.jpタイムシフトの生放送版です。

■放送日時:火曜日〜金曜日 20時〜21時47分

KBCラジオ『KBC長浜横丁』

仕事でお疲れ気味の時間帯にピッタリな、ゆる〜いトーク番組。

月曜日は年間を通じて放送されている「居酒屋清子」(2017年「第54回ギャラクシー賞」ラジオ部門優秀賞 受賞)、火曜日はルーシーさん扮する“ママ”とコガ☆アキさん扮する“チーママ”、波田陽区さん扮する“常連客”の雑談が楽しい「ナイトクラブとしま」、水曜日はニコニコしながらも、時々ズバズバ話す岩部見梨さんと、福岡発のお笑いコンビ・ブルーリバーの「タコ焼き 岩部」、木曜日は元高校球児でマニアックな話も大好きな長岡大雅アナウンサーと、ものまねが大好きな“常連客”の倉富順子さんの「缶詰酒場 長岡」、金曜日はサッカーや歴史など、好きなことにどハマりするオタク気質な沖繁義アナウンサーと、”アルバイト”の涼本理央那さん(アイドルグループLINQ研究生)による「OTAカフェ おっきー」をお届け。

ゲストがふらりと登場したり、缶詰を食べながら進行したりと、自由で流動的な放送です。「缶詰酒場 長岡」では、気になる缶詰を放送中に開けて食べますが、開けた途端に入っていた汁が服に飛び散って大騒ぎしたことも。リスナーの中にはそれぞれの出演者のファンも多く、ほどよいタイミングでツッコミのメッセージが紹介されます。

■放送日時:月曜日〜金曜日 19時〜21時55分

RKKラジオ『裸ラの発信! 情熱先生』

毎週、高校の先生をゲストに迎えて送る珍しい番組です。

学校の特徴や進路の状況などを、パーソナリティー・裸ラさんとのやりとりを通じてお伝えしています。生放送なので放送中に「2組のTです。先生、ラジオを聴いてます。頑張って〜!」という生徒からのメッセージや、その学校の卒業生からは学生時代のエピソードが寄せられることもあり、微笑ましい雰囲気が漂っています。カチカチに緊張していた先生が、生徒からのメッセージを聞いて喜んで饒舌になることも。

■放送日時:毎週金曜日 20時50分〜21時20分

宮崎放送『お父様の夕焼け倶楽部』

気になる話題について、川野武文さん&外種子田結アナウンサーの、親子ほどの年齢の離れたコンビが話します。

他の番組ではあまり取り上げないようなトピックや、世代間によるギャップにも注目。世にあまねく名言・格言を独自の視点で解釈する「お父様のための名言集」や、月に一度、川野さんが名曲の歌詞を解説する企画もあります。10月の放送ではDREAMS COME TRUEの「忘れないで」をじっくり解説しました。二人の会話に「なるほど!」と思うような話がたくさん詰まった番組です。

■放送日時:毎週木曜日 18時30分〜19時

ラジコでナイターオフ番組を聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/3d014928

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のナイターオフ番組を楽しむことができます。

この記事を書いた人


やきそばかおる

子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

三島由紀夫「立派な『近代ゴリラ』になりたい」“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは?

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは映像の力、一触即発の状況で敵対する相手から“笑い”とる三島由紀夫の魅力などについて語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:討論の書籍(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)を読んだのですが、映像を観ると(書籍では)半分くらいしか(真意が)伝わっていないことが分かります。書籍には、討論での発言が全部書いてあるのですが。映像の力というか。

例えば、三島由紀夫が討論の冒頭10分くらいの時間をもらって、自己紹介を兼ねて宣戦布告ではないですけど、「君たちと僕には共通点があるんだ。暴力を否定しないところである」みたいな話から始めて、ところどころで笑いを取ってくるんですよね。

刀根:つかみが上手いですよね。例えば、書籍には「自民党の政治家から頼まれて、暴力反対決議というのをやるから署名してくれと」と書かれてあって、ここに「(笑)」がついているんですけど、なんの笑いなのか分からなかったけど(映像を観たら理解できました)。

三島は敵とされている学生側(東大全共闘)からの笑いを、ちゃんと待つんですよね。そして、何とも言えない顔をして「私は生まれてから一度も暴力に反対したことがないから、署名ができませんと返事をした」と続ける。そして、またウケるという。

豊島:その辺が、ちょっと知的なことに対してプライドのある学生の心をくすぐるようなギャグを放り込むので、学生たちもつい笑っちゃうんですよね。

あと、東大全共闘が三島を揶揄するような「近代ゴリラ」と書いたポスターを(構内に)貼って、三島を待ち受けるわけですけど、三島は「『近代ゴリラ』として立派な『近代ゴリラ』になりたい」と言ってまた笑いを取る。

会場で笑いが起きるということは、相手の緊張を解くことでもあるし、自分がより言いたいことを言いやすく、やりたいことをやりやすい環境にさせる。三島は写真集の被写体になり、映画にも出ているような人だからかもしれませんが、自分をどういう状況に置いて、どういう発言をして、どういうふうに振る舞うと、自分が輝くのかということを、ものすごく理解している人だなと、この映像を観て思いました。

刀根:Wikipedia(ウィキペディア)的に言うと、“三島由紀夫の項目”が多すぎるので全体がボヤッとしか分からなくなってしまうのですが、この討論だけを掘っても相当おもしろい。逆に、そうしないと三島が見えてこない。ここだけ掘っても、まだ全然分からないんですけどね。三島は本当に頭が良い。そして魅力的。

豊島:この映画を鑑賞してくださった方々の感想をSNSなどで見るのですが、よく見かけるのが「紳士的な言葉の交わし合いがあって驚いた」と。単純な分け方をすれば、右翼・左翼という敵同士なわけで、もっと相手を罵り合うような討論を想像していたと。

実際にそうですよね。三島は当時44歳、相手は10代後半~20代前半の学生たち。言ったら子どもみたいなものですよ。その人たちを相手に、まずは真摯に人の話を聞き、自分のなかで咀嚼した上で、丁寧に返すって姿を学生たちの前で見せるわけです。学生たちもかなり面食らったのではと思います。

刀根:あの場で少しでも否定的なスタンスで入ったら、本当に殴り合いが起きたかもしれない。それと、三島が討論に行く前、「近代ゴリラ」のポスターを見てニヤリとする写真が残っているじゃないですか?「近代ゴリラ」というフレーズを、わざわざ冒頭の演説で入れて笑いを取って、どんどんみんなに興味を持たせつつ。

豊島:あと、映像で残っていることが素晴らしいと感じたのが、例えば……対立するスタンスの三島由紀夫と芥正彦さん(あくた・まさひこ:東大全共闘主催者として三島由紀夫を招聘。現・劇団ホモフィクタス主宰者)が、議論を交わした後にタバコを交換して火を点け合う姿があったり。

刀根:豊島さん、あの場面が本当に好きですよね。ロマンチストですよ。

豊島:好きですけど、そんなことはない。僕はある種、冷静にあそこを編集していますからね。ロマンチストな人がこれをどう理解するか楽しみだなと思って編集していました。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶ 三島由紀夫は、いかに生きたのか…詳しい放送内容は「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ