FM802 DJ落合健太郎が第58回ギャラクシー賞 ラジオ部門 DJパーソナリティ賞を受賞!

落合健太郎

FM802で『ROCK KIDS 802 ‐OCHIKEN Goes ON!!‐』『Chillin’Sunday』を担当している、DJの落合健太郎がこの度、第58回ギャラクシー賞ラジオ部門 DJパーソナリティ賞を受賞しました。

【落合健太郎コメント】
大変光栄なことで、自分のことではないようです。
ラジオDJはスタッフやリスナーに作ってもらっているな、と常に感じています。
ラジオDJとして20年と少し、本当にいろいろな人に作ってもらって、導いてもらったと思います。

コロナ禍において、人との距離が難しい時代になりましたが、
物理的な距離を取らなくてはいけない時代だからこそ、
ラジオはほっとできる、心が密接になれるメディアだと思うことがこの一年日々多くありました。
想像しながらオンエアしたり、聴いてもらったりすることで、一方的ではない優しさがラジオにはあると思います。

音楽との出会い、新たな発見、そして、人々の生活に寄り添えるようなラジオを届けることを心がけていきたいです。
この賞を大きなご褒美だと思って、これに慢心せず1つずつまた積み重ねていきたいと思います。

【放送批評懇談会 講評】
FM802「ROCK KIDS 802」のパーソナリティを長年つとめ、オチケンの愛称で親しまれています。関西の若者向け音楽番組を牽引。リスナーを「ラジ友」と呼び、学校訪問や学園祭作り、「ラジ友交換日記」など番組だけでなくリアルの場でも若い世代に向き合ってきました。3月に放送した「ラジオで卒業式~ラジ友卒業生全員集合」では、コロナ禍のなかで卒業を迎える多くのラジ友のラジオネームを読み上げ、アーティストとともに門出を祝いました。

ギャラクシー賞とは
ギャラクシー賞は、放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰するために、1963年に創設しました。

審査は放送批評懇談会会員から選ばれた選奨事業委員会が担当します。賞の決定を第三者に委託する顕彰制度が多いなか、ギャラクシー賞は、放送批評懇談会の会員が一貫して審査にあたり、賞の独立性を維持しつづけています。

現在、ギャラクシー賞はテレビ、ラジオ、CM、報道活動の四部門制をとっています。毎年4月1日から翌年3月31日を審査対象期間と定め、年間の賞を選び出していきます。

<各部門の活動と推薦制度>
ギャラクシー賞の特徴は、応募作品だけに頼らず、委員会自身が自主的に番組を推奨する制度をもつことです。

●テレビ部門は上期・下期にギャラクシー賞選考会を開催し、応募作品の審査と受賞作品の選考を行います。また毎月の定例選考会では、委員の推薦により「月間賞」を選び、「GALAC」誌上に番組内容と選評を掲載します。毎月の「月間賞」はギャラクシー賞の入賞候補作品となります。

●ラジオ部門には月間賞制度はありませんが、毎月定例会を開いて番組やパーソナリティについての意見交換や合評を行うとともに、上期・下期の選考会には委員により番組、個人等が推薦されることがあります。

●CM部門は現在のところ応募作品だけが審査の対象ですが、毎月定例会を持ち、CM状況についての意見交換や作品合評をおこない、その一部を「GALAC」誌上に公開しています。

●報道活動部門は委員が日常的に視聴活動や情報収集をおこない、選考時の参考にしています。
ギャラクシー賞は審査の時だけテレビを見てラジオを聴くわけではありません。年間を通して日常的に番組/作品と向きあい、日々の放送の中から優秀作品を見つけています。
こうした推奨制度のメリットのひとつは、番組/作品をその番組が放送された時点の時代感覚のなかでとらえることができるため、一個の作品性だけに寄りかからない、ジャーナリスティックな批評活動が行えることです。多くの番組賞のなかでも、こうした視点をもつのは、ギャラクシー賞だけといえるでしょう。
ローカル局の番組/作品もギャラクシー賞には数多く参加しています。ギャラクシー賞はローカルのもの作りに対する真摯な姿勢を評価しています。

https://houkon.jp/galaxy/galaxy/

落合健太郎 担当番組

ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-(毎週月曜~木曜 21:00~23:48)
1989年6月の開局時から30年以上続く番組。放送時間やDJの変更を重ね、2013年4月~現在はDJ落合健太郎が月曜~木曜の4曜日のDJを担当しています。オールリクエストプログラムで、リスナーからのリクエストで構成。学生リスナーが主で、日々たくさんのメッセージが寄せられる。

Chillin' Sunday(毎週日曜 15:00~18:00)
2015年10月スタートの番組。休日が終わる手前の日曜の午後、落合健太郎がクールにお届けする3時間の生放送プログラム。

乃木坂46 久保史緒里「なんか、息子みたいな感じだよね」 家のルンバを溺愛

8月3日(水)深夜、乃木坂46で3期生の久保史緒里がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)が生放送。ロボット掃除機・ルンバの名前にこだわる理由や、上京してから使っている小さいテレビを使い続ける理由について語った。

乃木坂46 久保史緒里

前回7月27日(水)の放送は、久保は新型コロナウイルス感染の療養のため休演し、代打として同期の7人がパーソナリティを担当。同期が“久保あるある”を披露し、「久保ちゃんの家には物が無い」「テレビがすごく小さい」「ルンバに名前をつけ、改名もした」「プロジェクターでただただ野球を見ている」などと暴露。

これを受け、8月3日の放送で久保は「検証していこうと思います」と切り出し、全て事実だと語った。

「ルンバを買った直後につけた名前が『ひなた』です。何でかというと、よく同級生と『子どもに名前をつけるなら?』みたいな会話をするじゃないですか? その流れで『ひなた』っていい名前だよね、ってなって。

でも今は、うちのルンバは『むぎた』って言います。『ひなた』って名付けてから少したって、映画『花束みたいな恋をした』を見たんですよ。有村架純さんと菅田将暉さんの、めちゃめちゃ素敵な映画を見に行ったんです! お2人の、主人公の名前が『絹ちゃん』『麦くん』で、まんまと影響されちゃって(笑)

何でルンバに名前をつけたかというと、遠隔操作ができて、スマホで家のルンバを動かせるんですよ。でも、障害物とか、なにかに絡まったりとかすると止まって、スマホに通知が来るんです。『“むぎた”が困っています。助けてあげてください』って! あと、『むぎたが無事、家に帰れました』とか。なんか、息子みたいな感じだよね。だから名前をつけているんですよ」

ロボット掃除機の名前を自由に変更できる機能があり、その通知がかわいい為、真面目に名前をつけたという久保。

乃木坂46 久保史緒里

また、「テレビがすごく小さい」ということについても、「本当です」と告白し、大きさはB4サイズの紙、ノートパソコンのモニターほどの大きさとのこと。買い替えない理由について「上京した時、私は中学生だったから、自分でお金を稼ぐことができていなくて。そういう中で親が買ってくれたっていうのが、なんか私の胸の中にすごいあって。親が買ってくれた物を買い換えるっていうことが、罪悪感じゃないんですけど、なんか違うな……って」と説明。家族との思い出から、新しい物を買うことに躊躇していると明かした。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ