デビュー10周年イヤーを締め括るAimerに、FM802が1万字超えのロングインタビュー【後編】

10月に“デビュー10周年イヤー”を締め括る自身初の大阪城ホールワンマンライブも控えているAimer。この度FM802がデビューから現在までの活動を、ライブにスポットを当てて15,000字超えのロングインタビューを実施。デビュー当初からAimerをよく知るFM802 番組ディレクターが本人に話を伺いました。ここでは「hiver」から「Cycle de 10 ans」までの後編をお届けします。

【前編】はここから読めます
https://news.radiko.jp/article/station/802/73710/

新しいチームと踏み出した新しい一歩。オーケストラとのライブは、高揚感が全然違って、忘れられないですね。

ディレクター:そんな2017年の武道館直後の11月から2018年の2月にかけて、「hiver」という、今度は冬をテーマにしたツアーが始まるわけですが、この「hiver」というのが、実は初めてリリースを伴わないコンセプトライブでした。初めてのコンセプトツアーということで、何かツアーに向けての作り方みたいなものも、これまでとはちょっと違っていましたか。

Aimer:このタイミングで、ライブ制作のチームが新しくなったんです。だからライブとしてはここで一つの転換期を迎えました。初めて新しいチームでやるツアーが、この「hiver」でした。冬のツアーということもあって、本編の最後で「everlasting snow」を歌って、それで雪が降ってくる演出とか。すごい自分としても好きなツアーでした。『daydream』、『noir』で今までのAimerになかった、ちょっとみんなで盛り上がる部分を持ちつつ、でも昔の自分を忘れてないよって、静かでみんなを浸らせるような部分もあるんだよっていうのも示せるツアーだったと思います。

ディレクター:今のお話を聞いていると、今のライブにつながるような、曲の世界観をさらにエンターテインメントとしてお客さんに感じてもらう演出が始まったツアーが「hiver」だったという感じですかね。

Aimer:そうですね。今のチームで踏み出した、初めの一歩のツアーだったかもしれないです。

ディレクター:2018年は、4月に大阪城ホールで開催した「FM802 special LIVE REQUESTAGE」に出てもらっていて、[Alexandros]、THE ORAL CIGARETTES、クリープハイプ、ASIAN KUNG-FU GENERATIONと、ロックバンドの中に、Aimerさんが入った形になっていました。

Aimer:それまでもいろんなロックのイベントやフェスに出ていたのもあって、端から見たら異色ですけど、意外と自分的にはすんなり馴染んでいるというか。でも、自分のスタイルを貫くっていう意味で、アコースティック編成でライブに臨んだんですけど、小編成でやるときと、大きいバンド編成でやるときの使い分けというか、自分のライブのあり方のスタイルをその場その場でちょっと変えていくっていうのを「REQUESTAGE」でもお見せできたのでは、と思っています。小編成のアコースティックスタイルだからこそ伝えられる思いもあって、その特別感をお客さんに楽しんでいただけるんだなっていうのを分かったステージでもありました。

ディレクター:大阪城ホールでやるのは、これが初めてでしたよね?

Aimer:初めてです。

ディレクター:大阪城ホールの印象は覚えていますか?

Aimer:そのときも360°ステージだったので、とても楽しかったです。360°ステージが好きですね。どこを見ても人がいるから面白いし、天井が高くて気持ちよかったです。

ディレクター:会場の大きさというのも、Aimerさんのパフォーマンスにとても影響しますか?

Aimer:今はどんどんホールライブを重ねるにつれて、自分の歌のエネルギーが会場の壁を突き破ってその先まで届くようなイメージで歌っていますけど、もちろん会場によって届けたい歌の表現は変わっていくと思います。たぶんもっとお客さんとの距離が近いところで歌うときは、もっと近くて優しい歌い方になったり、とか。父がバンドをやっていて、アットホームな距離感でのライブをしていたので、小さな会場のライブは自分の原点でもあります。なので、そういうところで歌うのもいいですよね。

ディレクター:違う編成でいうと、2018年に、「special concert with スロヴァキア国立放送交響楽団 ”ARIA STRINGS”」というのがありました。オーケストラとのライブは2017年、2018年と京都の岡崎音楽祭OKAZAKI LOOPSでされましたけど、このスロヴァキア国立放送交響楽団とのライブは非常に大変だったそうですね。

Aimer:LOOPSという京都のイベントで、ワンマンではないけれどボーカルとして出演する形で参加させていただいて、それが初めてのオーケストラとの出会いだったんですけど、それがとても新鮮でしたし、新しい音楽のグルーブに出会えたという楽しさがすごくて。それもあって、ご一緒させていただく、ということになりました。
ただ、今まではリズムの取り方がベースとドラムというリズムがいて、その上に音楽を乗せていくけれど、その基盤となるものが指揮しかないから、みんなどうやってそこに乗っていくのだろうというのは、いままでの私の音楽のスタイルとして経験がなく、とても戸惑いました。

ディレクター:それは音楽的に、みんなで合わせることが難しいということですか?

Aimer:難しいです。クリックもないし、指揮の方の指揮棒を見て合わせなくてはいけないし、他の方がいなくて私の歌がメインになる部分も結構あったのでリズム、グルーブを保つのが大変でした。

ディレクター:なるほど。でも、すごく大きな経験になったんじゃないですか?

Aimer:本当に勉強になりました。同じ音楽でも、やはり畑が違うとこんなに違うのだなというのは思いました。そのライブはとても反響を頂いて映像化もしました。非常によかったと言ってくださる方が多かったので、自分でもフルバンドでやるのとは高揚感が全然違って、それは忘れられないですね。

ディレクター:やはりオーケストラになると違うのですね。

Aimer:違いますね。

ディレクター:2018年のツアーの話に戻ると、「soleil et pluie」、太陽と雨というツアーが始まって、実はAimerさんがツアーの前に「またその先の一歩を進むつもり」とツイートをされていたんですよ。これはどういう意味で、どんな気持ちでその言葉を発せられたのか、覚えていますか?

Aimer:『Sun Dance』と『Penny Rain』というアルバムを出して、これはそのリリースツアーだったんですけど、『Penny Rain』のほうは今までの自分の世界を踏襲したようなアルバムで、『Sun Dance』のほうは、初めて自分で作った光の下にいるアルバムだったんですよね。「ONE」で踏み出した、みんなと一緒に作っていくライブをもっと広げるために、ライブのことを考えて作った曲をたくさん入れたアルバムだったから、初めてライブで披露できることにとてもワクワクしていました。

ディレクター:このツアーに向けてやってきたという感じだったのですね。

Aimer:そうです。もっとその先の、一緒に作っていくライブをこのツアーで踏み出そうという。エンターテインメントとしてのライブというのも楽しんでもらえるように作り上げつつ、自分の原点でもある夜の部分っていうのも大切にしていきました。

タグ

女性はクラゲ? 男性はドレッドが人気? アメリカZ世代が語る「2024年のヘアトレンド」

Cartoonがパーソナリティを務めるinterfmで放送中のラジオ番組「sensor」(毎週金曜19:00-22:00放送)。番組コーナー「NY Future Lab」では、これからの時代の主役となる「Z世代」と「ミレニアル世代」にフォーカス。アメリカの若者たちが普段何を考え、何に影響を受け、どのような性質や特徴があるのかなどについて、Z世代・ミレニアル世代評論家のシェリーめぐみが座談会形式で彼ら、彼女らの本音を引き出していきます。

3月22日(金)のテーマは、「クラゲ、姫、ドレッド…Z世代のヘアトレンドは未来的でエッジの効いたスタイル」。「NY Future Lab」のメンバーが、2024年のZ世代のトレンドヘアについて語り合いました。

※写真はイメージです


◆Z世代の女性に“クラゲ”ヘアスタイルが人気!?

いよいよ春のシーズンが到来。心機一転で新しいヘアスタイルに挑戦したい人も少なくないはず。今回は、Z世代に人気を集めているヘアスタイルに注目します。まずは、女性のヘアスタイルから。

髪を伸ばしているラボメンバーのシャンシャンが目指しているスタイルは、クラゲのような見た目が特徴的な「ジェリーフィッシュ・カット」。ファッション雑誌の「TEEN VOGUE」が選ぶZ世代女性の今年のヘアカットでは、1位に選ばれています。

実は、ジェリーフィッシュ・カットは日本にルーツがある説が。ラボメンバーのトークを聞いてみましょう。

シャンシャン:私はジェリーフィッシュ・カット、クラゲカットにしたいんだよね。ジェリーフィッシュ・カットは基本的に「姫カット」と似ていて、もともと日本から来ているんじゃないかな。姫カットは昔のお姫様ヘアーのことで、今のトレンドはアニメから来ていると思うよ。前と横をまっすぐ短くカットして、後ろだけロング。

TWICEのモモがこのスタイル(姫カット)を復活させ、最近人気のK-POPアイドルのぺ・スジもこのスタイルにしていた。ジェリーフィッシュ・カットは姫カットと似ているけど、違いは前だけ短いのではなく、後ろも同じようにまっすぐ短くカットしていること。そして、後ろの内側部分だけがまっすぐ長く伸びている。

メアリー:私的にはジェリーフィッシュ・カットは絶対にあり得ない。でも、いつかはウルフカットでレイヤーにしたいとは思っているよ。レイヤーはクールだからね。

私には短い前髪はまったく似合わないと思う。前髪が大好きだから似合ったらいいなと憧れるけど、たぶんダメ。だから、ときどき横流しの前髪にしたりしている。

シェリー:ところで、ジェリーフィッシュ・カットの写真のなかにゼンデイヤが入っていたけど。

メアリー:あれはあまりクラゲには見えなくない? 未来的な感じはするけど。

ノエ:前髪がスタートレックのスポックみたい。

ケンジュ:なんだか異様な髪型だよね。

メアリー:意図的にやっているんじゃないかな。奇妙に感じるっていうのは、未来的な感じだから。わかる?

シェリー:彼女の映画、「デューン 砂の惑星 PART2」が間もなく公開される時期で、それを意識したんじゃない?

メアリー:そうかも。「フィフス・エレメント」は観たことがある? あの映画の主役の女性も同じような前髪だったよね。

ケンジュ:超短くて乱れた前髪。とても尖っていて、エッジの効いた前髪だよね。

ウルフカットと姫カットの融合とも言える、特徴的な見た目が目を引くジェリーフィッシュ・カット。ファッション雑誌の「グラマー」によると、「ジェリーフィッシュ・カットは、日本の平安時代に生まれた姫カットにインスパイアされたもの」と記されています。

「デューン 砂の惑星 PART2」が大ヒットしているゼンデイヤも、ジェリー・フィッシュっぽい、前髪が尖ったイメージの未来的なヘアスタイルでした。西洋人にとっての前髪は、日本人と感覚が異なるとZ世代評論家のシェリーは話します。「西洋人にとって前髪を垂らすことって冒険なんですよ。日本人のように直毛じゃないからなかなかしっくりこないんです。そういうこともあって、前髪が未来的だと感じたみたいです」と説明しました。

(左から)ミクア、シェリー、ヒカル、ノエ、シャンシャン、メアリー/©NY-Future-Lab



◆ヘアスタイルは時代を映す鏡

続いて、男性のヘアスタイルのトレンドについて、ラボメンバーのケンジュに聞きました。

ケンジュ:人気はドレッドヘアじゃない? 最近、ドレッドの男性をよく見るよ。やたら多いんだ。今はドレッドの時代じゃないかな。

シェリー:ボブ・マーリーの映画もやっていたよね。

ケンジュ:映画が公開される前から流行っていたんだよ。ドリル・ラップ(シカゴで生まれたトラップ・ビートに乗ったギャングスタ・ラップ)の影響じゃないかな? ドリル・ラッパーがしているドレッドヘアに影響されていると思う。トレンドは音楽に大きく影響をされるからね。今、多くの子どもたちはドリル・ラップを聴いているから。

ノエ:でも、ドリル・ラッパーってそんなにみんなドレッドなの?

ケンジュ:かなり多くのドリル・ラッパーが短いドレッドにしているよ。それをMVで見せているんだ。

ノエ:これを言うととても失礼に聞こえるかもしれないけど、ホームレスモチーフのファッションが、今とても流行っていると思う。ホームレスが言い過ぎなら、ヒッピーのような感じかな。

ケンジュ:たしかにヒッピー・スタイルは流行っているよね。

ノエ:ボブ・マーリーもヒッピーっぽいし、ジェイ・コールもそんなイメージじゃない? きちんとした三つ編みやすっきりとしたウェーブよりも、乱れたスタイル。そういう尖ったエッジーなヘアが今のトレンドだと思う。

男性のヘアスタイルでは今ドレッドヘアが人気。ドリル・ラップのラッパーの影響で流行ったのではないかとラボメンバーは分析します。

ドレッド以外でも、全体に尖った感じの乱れたスタイルが人気。ヒッピーやホームレスの要素を打ち出すトップデザイナーも存在します。

シェリーは男性のヘアは女性よりも時代を反映していると感じており、「パンデミック前はかっちりと固めて、クリーンに刈り上げるヘアが人気だったんです」とコメント。現在のトレンドはファッションと同じくナチュラルで、むしろ乱れたスタイルが人気です。

ホームレス・シックも、いいか悪いかは別として、アメリカ全体でホームレス問題が深刻化していることと無縁ではありません。シェリーは「今は上がった家賃がどうしても払えなくてホームレスになってしまう人が本当に多いんです。ヘアのトレンドでホームレスに対する偏見が少しでも減るといいなと思いますね」と話し、話題を締めくくりました。

<番組概要>
番組名:sensor
放送エリア:interfm
放送日時:毎週金曜19:00-22:00放送
出演:Cartoon、シェリーめぐみ
番組Webサイト: https://www.interfm.co.jp/sensor/
特設サイト:https://ny-future-lab.com/

Facebook

ページトップへ