火曜『シン・ラジオ』エピソード一杯のリクエスト楽曲放送回

©bayfm

火曜日の『シン・ラジオ』は文系CLUBラジオ、2月28日(火)ありそうでなかった、シン・ラジオ火曜日で初のリクエスト特集!
パートナーに平成ノブシコブシ徳井健太さんを迎えての放送です。そして本日は火曜放送で初となるリクエスト特集。「あの人に届け!リクエスト」と題し、大切なあの人に届けたい曲を、メッセージとともにお届けしました!

舞台稽古の真っ最中の鈴木さん

鈴木おさむ(以下、鈴木) 今ですね、今田耕司さんと「正偽の芸能プロダクション」という舞台の稽古中でして。3月15日から始まるんですけれども、今田さんとやるときは深夜の稽古なんです。
徳井健太(以下、徳井) ああ、昼間はお忙しいので……
鈴木 りんたろー。(EXIT)とかも出るんですけど、みんなTVの収録とか終えてくるんですよ。
徳井 じゃあ、クタクタの状態で来るということですね?
鈴木 そうなんです。昨日も夜9時から始まって終わったのが1時で、家に帰たのが2時とか。稽古やってそれでラジオとか、やっぱめちゃ疲れるね~。今日もこの後やるんですよ、それでまた明日朝8時から文化放送なんで……。やっぱ若手の仕事っぷりだよねこれ(笑)
徳井 20代ですね、いっても30代前半ですねそれできるのは。
鈴木 今日、日差しがすごいじゃない? まぶしいもん。
徳井 寝不足で目が刺激に耐えられない(笑)?

疲れた時には熱いストーリーを!

鈴木 今日は初めてのリクエストで、「あの人に届け」ということで、テーマはなんでもいいですよ、熱いストーリーを聞きたいです。疲れてるから気持ち熱くなりたいんですよね。
徳井 涙活(るいかつ)だ! 涙流すとストレス発散できますからね。
鈴木 俺、『ライフ・イズ・ビューティフル』見た時、めっちゃ元気になったもん。
徳井 それも泣いてスッキリということですね。
鈴木 あと熱いストーリーといえば、この前『情熱大陸』を見まして。元SMAPでオートレーサーの森(且行)君が出てたんですけど彼、2011年に大事故起こしちゃったんですよね。
徳井 すごかったですねあれは。
鈴木 落車というか、ぶつかってしまって。森君は僕の1コ下で49歳、すごい大事故で生きてるのが奇跡だったんだけど、リハビリして50歳の誕生日までに復帰したいというのを追っていて、まだ復帰できてないんですけどそこに向かって「諦めたくない」んだって。
徳井 現役でいることを?
鈴木 いや、2020年に優勝したじゃない? ケガしたままこのまま引退するのが嫌で、もう1回1着になって終わりたいと。
徳井 有終の美ですね、逃げて辞めたくないと。
鈴木 それで知らなかったんだけど、オートレースのバイクってハンドル調整はバーナーで曲げるんだね? でブーンと走って「もうちょっとかな」ってまたバーナー。
徳井 そうなんだ。昔、やんちゃな友達がチャリンコのハンドルをバーナーで曲げてたんだけど、正しかったんだな!?
鈴木 それと同じかも(笑)。で、結局まだレースに出れていないんだけど、ちゃんと終わらせたいんだなと思って。自分がアイドルを途中で抜けたわけじゃん!? 途中で抜けたからこそ多分オートレースの方はちゃんと終わらせたいんだろうね。
徳井 ああ~
鈴木 これは推論だけど、SMAP の終わり方が色々あって、最後コンサートもやらなかったんだよね。ファンも思うところがたくさんあったんだろうけど、森君もどこかそういうところを背負っている感じがある。
徳井 うんうん。
鈴木 だからヘルメットに星のマークが貼ってあるの。それで「これが中居君、これが木村君……」って言うのよ。
徳井 この話、SMAPファンはたまりませんな。
鈴木 しかも森君と中居君はなかなかいい関係で、森君がSMAPを辞めるとき、一人で会見するところ中居リーダーは「受けきれないんじゃないか」と巨人のユニフォームを着てやってきて、明るい会見にしたんです。
徳井 だってまだそのころ中居さん25とかそんな感じですよね?
鈴木 23ですよ。
徳井 23でそれできるんですか!
鈴木 だから中居君がジャニーズ退社するとき、森君から俺行こうかというメールもあったみたい。
徳井 恩返しというか、逆パターンで。
鈴木 そんな話も知ってる中で『情熱大陸』を見てたら、病気になった中居君に森君が「大丈夫?」というメールのやりとりをしているところ、「森はそろそろか?」って森君が復活するのを分かっているかのような会話があって。だから(森君としては)星マークを背負って走っているんだって。
徳井 すごい絆ですね!
鈴木 そんなストーリー、みんな好きなんじゃない?

鈴木さんならではのとっておきストーリーが出たところで、この後はリスナーからのストーリーとリクエストが続々紹介されます。家族のこと、受験のこと、友達のこと……とくに本日最終日の津田沼パルコにまつわる話も出てきました。

鈴木 さてさて、火曜日シン・ラジオで初めてのリクエスト特集です。最初は小比類巻かほる『City Hunter〜愛よ消えないで〜』から。
徳井 懐かしい!
鈴木 俺らは『シティーハンター』がやってた時もう大人になってたかと思うんだけど、『GET WILD』とか、世代によって聞いてた曲は違うんでしょ?
徳井 『GET WILD』のときのオープニングが小比類巻かほるさんだったような……記憶ではTMネットワークとセットになってます。
鈴木 あ、そう? 岡村靖幸とかもあったよね。年代によって違うかも。やっぱり『シティーハンター』見てた?
徳井 漫画は全巻持ってましたよ。やっぱかっこいいいじゃないですか。ちょっとエッチな振りして実はニヒルで優しい男って。
鈴木 それとモッコリね(笑)。鈴木亮平ですよ、今度の実写版ドラマは。
徳井 俺が女性だったら、ルパンか冴羽獠がいいな~。
鈴木 でも声優の神谷明さん、キン肉マンと冴羽獠はいいんだけど、ケンシロウは辞退してほしかったな(笑)
徳井 確かにジャンプのヒーロー全部やりすぎてますね!

スタジオから見える景色、これまで5時になれば真っ暗でしたが少し明るくなってきました。明日から2月。太陽の日差しをありがたく思い、季節の移り変わりを感じながら番組は後半へと進みます

津田沼パルコの話題は続く

鈴木 リスナーさんから「今日は津田沼パルコの最終日です」と来てます。
徳井 あーー! ニュースで見た。結構なくなっちゃいますよね、青春を過ごしたところ。
鈴木 (2人が出演している)『ドキュメント72』でデパートの最後あったよね。あれも切なかったよね。
徳井 渋谷の東急もそうですよね。老朽化とかもあるんでしょうけど。
鈴木 寂しいですけど、津田沼パルコは何になるんだろうね?
徳井 かなり大きいですし、街の象徴と言っても過言ではない……
鈴木 というわけで(笑)、津田沼パルコへの感謝を込めて、いきものがかり『ありがとう』をリクエストにいただきました。いきものがかりが一番びっくりするだろうな。
 

鈴木 リクエスト来ています、『よければ一緒に』というKANさんの曲知ってます?
徳井 知らないです。
鈴木 「鈴木さんもお疲れのようなので、普段リクエストしても長くてかからないものを。聴いてる間に休んでください」だって(笑)
徳井 優しすぎるなあ。
鈴木 この歌本当にいいんですよ、竹山君に教わったんだったかな? それでふと思い出したんだけど、若いころにとある局で仲の良かったバイトの子(23歳くらい)が50歳の局の人と不倫関係にあったんですよ。僕が22歳くらいで僕らからしたらすごいオッサンじゃない?
徳井 お父さんですからね。
鈴木 確かにいい人だったんだけど、「何がいいの?」って聞いたら、「そのオヤジの渋さの味」がいいんだって。
徳井 いや~シャカリキな23歳ですね!
鈴木 それでふと思ったんだけど、今俺その年齢になってんだよね。あの「味がいい」と言われる側になったんだなと(笑)。それでその子もみんなに喋ってるから、周囲に知られてるんだよね、不倫してるの。
徳井 すごいストロングスタイルっすね。50代の人も気が気じゃないですね。
鈴木 いや、その人も意外と図太いんです。ああやって生きなきゃだめだよね(笑)。

津田沼とサギの話

鈴木 津田沼パルコの思い出がだくさん届いています。「高校生の時にプリクラ取りに行った」「35年前にビートたけし展が開催」などなど。
徳井 そんなに歴史があるんですね。
鈴木 俺、実は津田沼に強烈な思い出があって。高校3年のとき、お姉ちゃんが南砂町に住んでいて、お姉ちゃんの家に泊まって津田沼の塾に通っていたんですよ。
徳井 そうなんですか。
鈴木 それで丸井かなんかの通路のところで、男の人に「映画のチケットあるよ」って声かけられたの。映画が10回分で安くなるって話で、確か3000円くらい。
徳井 おお、安いですね。
鈴木 それで「2つください」って話になって。で、よく見たらその映画が見れるのがめっちゃ遠い映画館で。
徳井 あ、サギじゃないんだ?
鈴木 ただ映画に関するそうしたサギに近いものがあったんだよね。ものすごい遠いところの映画館1件だけ見れるみたいなもので。
徳井 (爆笑)それ、交通費とか考えたら絶対マイナス。
鈴木 それでも詐欺と考えたくなかったんだけど、お姉ちゃんに聞いたら「有名なサギだよ」と。つまり、俺みたいな田舎者がまんまとかかったっていう話。それが人生初めて町でキャッチされたもので、それ以降ものすごいガードが固くなった。
徳井 僕も「絵を見ませんか」っていうやつで。入ったら100~200万するものが飾っていて、もちろん払えるわけないじゃないですか。それで出口行ったら出れなくて、「消費者金融紹介する」とか言われて。
鈴木 ええっ、それでどうなったの?
徳井 1~2時間ほど問答があって、最後は馬鹿な振りして帰りました。「わっかんないな~」みたいな。
鈴木 それすごいわ(笑)。それも有名なサギですよね。僕の場合はそういうものを気付かせてくれたのが津田沼でした。
徳井 若いころに「プチ痛い」経験するのは大事かも。失恋と一緒ですね。

そんな鈴木さんの苦い思い出のリクエストをはじめ、この後も続々とTwitterなどからリクエストが届きました。
とくに今の季節ならではの受験に対する家族の話や、シン・ラジオが始まって約1年が経ち、放送開始時の振り返りなど、今だから話せる内容も盛りだくさん!
続きはぜひ、radikoでお楽しみください!

シン・ラジオ-ヒューマニスタは、かく語りき-
放送局:BAYFM78
放送日時:毎週火曜 16時00分~19時00分
出演者:徳井健太
番組ホームページ
公式Twitter
公式LINE

人間特化型・情豊ワイド番組、2022年4月、bayfmから発進!
強い、濃い、熱い、厚い!言葉の浸透力を持った“ラウド・スピーカー”達が曜日ごとに登場、
5曜日5者5様、「ヒューマニスタ」として、それぞれの部屋に「言葉の力」で大胆にあなたを吸引。
刺さる、笑える、響く、泣ける・・・とにかく「人間」ってこんなにも素敵で、素晴らしい存在なんだ!
情に豊かな“シン=親”近感、“シン=真・芯”の感動を、ダイレクトにお届けしていきます。
今までもラジオを愛し聴いてくれるリスナーも、また、これまでラジオは聴いたことがないという人も、
全ての方々に、「ラジオって、こういうことなら・・・いよいよ本気で好きになっちゃうな」と感じさせる、
そんな新しいラジオです!

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

上野大樹 曲作りは「今しかない熱量みたいなものを書く」

TOKAI RADIO『OH! MY CHANNEL!』(月~金13:00~16:00 DJ大前りょうすけ)4月17日(水)の放送に、シンガーソングライターの上野大樹がゲスト出演した。

Facebook

ページトップへ