【後編】『CHABOと斉藤和義のHappy Hourラジオ 2023』ゆる~くまったり、熱くロック談義に花を咲かせ、ギターで弾き語り

Whole Earth RADIO
「CHABOと斉藤和義のHappy Hourラジオ 2023」
■出演:仲井戸“CHABO”麗市/斉藤和義

【前編】2023年12月16日(土) 20:00-21:00
【後編】2023年12月23日(土) 20:00-21:00 

▼この特集をradiko(ラジコ)で聴くにはこちらから
【後編】https://radiko.jp/share/?sid=CCL&t=20231223200000

収録当日はジョン・レノンの命日で 二人の再会にはピッタリな冬の晴れた日

ギタリスト/ヴォーカリストとして50年以上にわたり第一線で活躍し続けるロック界のレジェンド、“CHABO”こと仲井戸麗市。
「ずっと好きだった」などのヒット曲で知られる稀代のメロディーメーカー、斉藤和義。

世代は違えど、気の合うふたりが年末になると再会。ゆる~くまったり、熱くロック談義に花を咲かせ、ギターで弾き語りもありの、ハッピーでピースフルなひととき。

---------------------------------------------------------------------------
今年で8回目、FM COCOLOでは2回目を迎える年末恒例のロックンロール番組
タイトルは「Happy Hourラジオ ✌︎ 2023」
世界中で色々あるけどできるだけハッピーな日々を送りたいという希望も込めて名付けました

収録当日はジョン・レノンの命日で 二人の再会にはピッタリな冬の晴れた日
「あけましておめでとうだね」というCHABOさんの毎度の挨拶から始まり
穏やかな空気の中で収録は行われました。
それぞれが持ち寄った曲をかけながら1年間積もり積もった話(本人たち曰く雑談?)を
ボケたりツッコんだりしながら、あぁ、ほんわかほんわか。。

斉藤和義さんとチバユウスケさんによる「恋のサングラス」はこの日の収録したスタジオで録音されたそうで曲が流れている間は特別な空気に包まれていました。

今年の共作は『年末ラジオ』
CHABOさん&和義さんが事前にやり取りして当日スタジオで45分ほどの音合わせ&リハーサルを経て挑むガチンコセッション!なかなかの緊張感でしたが、ラジオをテーマにしたピースフルな曲にCOCOLOスタッフも涙涙。。。

「ソロの曲をどっちが先にやるかをOA上でじゃんけんで決めることにしよう!」
日本を代表する2人のミュージシャンによる「最初はグー じゃんけんポン」そんな名場面もありました(笑)

ゆるりと2週分の収録を終えて恒例が恒例のまま続くことの幸せを実感しつつプロデューサーが用意した美味しいサンタの形をしたパンを食べたのでした

帰り際に「来年もできたらいいですね」とボソっと呟いた斉藤和義さんの言葉は妙に印象に残りましたでは、また1年後に再会できますように!

【オンエアリスト】
Happy X'mas (War Is Over)/John Lennon
Rockin' On Top Of The World/Steven Tyler
恋のサングラス/斉藤和義
Love Earth/Neil Young & Crazy Horse
僕の見たビートルズはTVの中(生演奏)/斉藤和義
Hey JOHN!(生演奏)/仲井戸麗市
年末ラジオ(生演奏)/仲井戸麗市&斉藤和義
What A Wonderful World/Louis Armstrong

この特集をradiko(ラジコ)で聴くにはこちらから
【後編】https://radiko.jp/share/?sid=CCL&t=20231223200000

Whole Earth RADIO
放送局:FM COCOLO
放送日時:毎週土曜 20時00分~21時00分
出演者:仲井戸“CHABO”麗市/斉藤和義
番組ホームページ

「Whole Earth Station, FM COCOLO」ならではのコンセプトとメッセージを込めて、さまざまなトピックを取り上げていく土曜の1時間プログラム、『Whole Earth RADIO』。DJがリレー形式で登場し、その時々の特集をお送りします。
グローバルも、ローカルも。歴史上の存在や出来事から、地元で/世界で現在進行形の取り組みまで、“Whole Earth”や“SDGs”の視点から紹介。GOOD MUSICとともに、地球の風を感じて、考える。そんなひとときを過ごしませんか?

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ