阪神淡路大震災から26年。神戸発、未来とWhole Earthへのメッセージとは? FM COCOLO『Whole Earth RADIO』

1995年1月17日に発生した 「阪神淡路大震災」 あの日から26年
“神戸は人の中にある” ― 1/17からの『Whole Earth RADIO』は、町と人々の歩みを辿る3回シリーズ。

「Whole Earth Station, FM COCOLO」ならではのコンセプトとメッセージを込めて、さまざまなトピックを取り上げていく日曜の1時間プログラム『Whole Earth RADIO』。グローバルも、ローカルも。歴史上の存在や出来事から、地元で/世界で現在進行形の取り組みまで、“Whole Earth”と“SDGs”の視点から紹介。
1月17日・24日・31日の3回にわたり「阪神淡路大震災から26年 -神戸発、未来をWhole Earthへのメッセージー」を放送します。

1995年、“Communication, Cooperation, Love”の意味を込めて開局したFM COCOLO。
同年1月17日に発生した阪神淡路大震災の経験から、多様な文化と言語を持つローカル・コミュニティの情報インフラとして、外国語放送を含む広域ラジオのニーズが高まったことが背景にありました。

それから四半世紀。震災を経験していない世代が増え、その記憶が薄れつつあるとも言われる中、「神戸」は未来や世界の様々な地域に、何を繋いでいくのか。新たな災害にも直面する2021年のいま、当時から変わってきたこと、変わらないこと、変わらなければならないこと―― 人々の声を通じて、光をあてていきます。

3回にわたって、まずは神戸に暮らし復興に携わってきた人々が登場。「BE KOBE」のプロジェクトや、神戸での映像撮影を誘致する活動を率いてきた松下麻理さん。毎年、町の主要地点で人々の声を取材して伝える「ドキュメント1.17」に取り組み続ける神戸新聞。毎週末に東遊園地で開催され、住民や農家、多様な世代が交わる場となっている「EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET」。いずれも、震災の記憶を繋ぎながら、未来に向けた発信を続けています。

番組後半では、外国出身で被災し今も日本に暮らすFM COCOLOゆかりの方々から、当時の体験や思いを聴きます。番組進行は、神戸出身・神戸在住のFM COCOLO DJ、MEMEが担当。

●第1回: 1月17日(日) 17:00-18:00 「神戸は人の中にある」
ゲスト: 松下麻理 (神戸フィルムオフィス 代表)/ ロジェリオ (『COCOLO Earth Colors Portuguese Edition』DJ)
●第2回: 1月24日(日)17:00-18:00 「神戸新聞の1.17」
ゲスト: 長沼隆之 (神戸新聞 編集局報道部長) / ロクサナ(『COCOLO Earth Colors Spanish Edition』DJ)
●第3回: 1月31日(日)17:00-18:00 「未来へ、そしてWhole Earthへ」
ゲスト: 小泉亜由美(一般社団法人KOBE FARMERS MARKET 理事)/伍芳(中国古箏奏者) 他

<番組概要>
■タイトル:FM COCOLO Whole Earth RADIO「阪神淡路大震災から26年 -神戸発、未来とWhole Earthへのメッセージ-」
■放送日時:2021年1月17日(日)・1月24日(日)・ 1月31日(日) 17:00-18:00
■進行:MEME

 

Whole Earth RADIO「阪神淡路大震災から26年 ー神戸発、未来とWhole Earthへのメッセージー」
放送局:FM COCOLO
放送日時:毎週日曜 17時00分~18時00分
出演者:DJ:MEME
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

一足早い春の彩りを…心と身体をリセットする“春待ち野菜のボタニカルレシピ”

「ボタニカル」=「植物」の力でキレイと元気を磨くをコンセプトにお届けしている、TOKYO FMの番組「NOEVIR BOTANICAL LIFE」。3月5日(金)の放送では、美味しく身体をリセットしてくれるボタニカルレシピを紹介しました。3月に入ると、長かった冬も終わりの気配が見え、春の訪れに期待が膨らみます。春に向けて、寒さに疲れた心と身体を元気にしてくれるのが、野菜たっぷりの春待ちボタニカルレシピです。


春待ちボタニカルレシピ



◆目でも楽しめる春感覚の野菜レシピ
日差しのなかに春の気配を感じるこの時期の野菜は、みずみずしくて香りが豊かです。ビタミンなどの栄養素も豊富で、身体を内側から元気にしてくれます。また、フクノトウなどの冬のあいだに落ちた代謝を促進してくれる春野菜もあります。食べ方を工夫して“目”でも一足早い春の彩りを味わってはいかがでしょう。

<春待ち野菜のホットサラダ>
肌寒い日もある春先は、ドレッシングにしょうがを使って身体を温めながらいただくホットサラダがおすすめです。緑と白が“春らしさ”を届けてくれるブロッコリーとカリフラワーは柔らかくてジューシー。豊かな甘さの新にんじんには、カロチンも多く含まれています。


春待ち野菜のホットサラダ




■材料(3人分)
ブロッコリー……1/2株
カリフラワー……1/2株
新にんじん(2種)……それぞれ1/2本分
オリーブオイル……大さじ1/2
塩……適量

A(ドレッシング)
オリーブオイル……大さじ3
レモン汁……大さじ3
しょうがすりおろし……小さじ1
はちみつ……大さじ1と1/2
塩……小さじ1/2
粗挽き胡椒……小さじ1/4

■作り方
1. 新にんじんは皮をきれいに洗い、斜め薄切りに切る。ブロッコリーとカリフラワーは食べやすい大きさに房取りをし、さっと水にくぐらせて厚手の鍋に入れ、少量の塩とオリーブオイル大さじ1/2を回しかける。


食材を厚手の鍋に入れます



2. 火をつけ蓋をして、湯気が出てきたら弱めの中火で5分間加熱し、そのまま2分置く。

3. 鍋ごとテーブルに出し、器にとりわけ、Aを混ぜ合わせたドレッシングをかけていただきます。


Aを混ぜ合わせたドレッシング



<春待ち野菜のディップスタイルサラダ>
フキノトウをメインにしたディップで食べるサラダです。デトックス効果の高いフキノトウ、みずみずしいアスパラガス、ビタミンCが豊富なスナップエンドウなど、いろいろな野菜をいただくことで身体をリセットできる一品です。


春待ち野菜のディップスタイルサラダ



■材料(3人分)
フキノトウ……3個
味噌……大さじ1/2
クリームチーズ……100g
オリーブオイル……大さじ1/2
粗挽き胡椒……適量
野菜数種(新にんじん、カブ、グリーンアスパラ、スナップエンドウなど)
バケット……スライス適量

■作り方
1.フキノトウは粗みじん切りにし、オリーブオイルを熱したフライパンでじっくり炒めます。


フキノトウを炒めます



2. 火を止めてフライパンが熱いうちに味噌、クリームチーズを混ぜます。


味噌、クリームチーズを混ぜます



3. 2を冷蔵庫で冷まし、お好みで粗挽き胡椒をふります。

4. バケットを添え、盛り合わせた春野菜につけていただきます。

季節の変わり目は疲れが出やすいとき。旬の野菜で、元気の源となる栄養をしっかり摂って、春に備えましょう。

TOKYO FM「ONE MORNING」では、毎週金曜日、8時38分から、隔週テーマでボタニカルな暮らしを紹介する「NOEVIR BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。3月6日(土)は、女優の鈴木保奈美さんを迎えてお届けします。どうぞ、お聴き逃しなく。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年3月13日(土)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NOEVIR BOTANICAL LIFE
放送日時 :毎週金曜8:38~8:43
出演:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/botanical/

Facebook

ページトップへ