春名アナウンサー、ラジオの世界へ飛び込むきっかけとなった爆笑問題と“共演” 「本当に夢が叶った」

入社2年目の春名優輝アナウンサーが、「爆笑問題の日曜サンデー」に出演。ラジオの世界へ飛び込むきっかけとなった爆笑問題と“共演”を果たした。 ©ラジオ関西

 4月7日(日)の『爆笑問題の日曜サンデー』(日曜13:00−15:00)では、ラジオ関西での放送スタートを記念して、「サンデーマナブくん」のコーナー内で、「兵庫県をマナブ」という特集が放送された。そこで、『谷五郎の笑って暮らそう』パーソナリティの谷五郎、田名部真理とともに出演したのが、入社2年目、23歳の春名優輝アナウンサーだ。

「太田さん! ほんま何してんねん! ラジ関で流れるというのに、(前週に負傷のため欠席していたため)太田さんがおれへんのちゃうかと思って、むちゃくちゃ心配したわ! そない若くないねんから、ほんまに気ぃつけや! これがほんまの関西弁や!」

 TBSラジオのスタジオから、中継先のラジオ関西スタジオに向けて話を初めて振られた直後に、春名アナウンサーが突然、矢継ぎ早にまくしたてた。若手が大御所に対していきなりかみついた形になり、一瞬ドキッとさせられたが、それでも、爆笑問題の太田光と田中裕二、そしてアシスタントの江藤愛アナウンサーとは、その呼びかけを皮切りにトークが弾む。

 実は、春名アナウンサーがラジオを好きになった、そして、ラジオの世界に飛び込んだきっかけは、まさに爆笑問題のラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』。地元、兵庫県姫路市にいた中学時代から、podcastを通じて番組を聴いていたということで、「そういうきっかけになった人としゃべるのは、特別な感じでした」。自己紹介の途中には、太田光に対して、もの申したいと乗り出す場面も。「僕の好きなお笑いのスタンスも、『カーボーイ』からしか知らなくて、太田さんのモノマネが大好きだったんです。だから、大学生の新歓コンパで、(太田光がモノマネをしていた)月の家圓鏡(8代目橘家圓蔵)師匠の『メガネクリンビュー(CM)』のモノマネ、『よいしょっと! あれっ、眼鏡曇っちゃった!』を、自分の眼鏡に息を吹きかけながらやったんですが、あれより『すべった』ことはなかったんですよ!」とラジオにまつわるエピソードを話すと、爆笑問題のふたりも大爆笑。まさに、心を掴んだ。その爆笑問題との共演に、「本当に夢が叶った。早すぎる夢の実現ですよ」と春名アナウンサーはいう。

 その後も、谷五郎、田名部真理を交えて、兵庫県やラジオ関西に関する話題を、楽しく、面白く、爆笑問題や、番組を通じて全国のリスナーに伝えていった、春名アナウンサー。「一夜経って、やっと事の重大さがわかってきました」と率直な感想も述べつつ、「ラジオ関西の一番楽しい雰囲気を、谷さん、田名部さんのおふたりとお伝えして、『関西のノリってこんな感じ』、『みんなこういう空気感でやっているよ』というのを、たぶんわかってもらえたと思います。兵庫県のことも、こんな素晴らしいところがあるということと、神戸だけではなく、(県内の)北から南、西から東まで各地のことを言えたので、限られた時間のなかでは、まずまず伝えられたかな」と振り返り、入社2年目の1週目にやってきた大役を果たしたことで「最高のスタートが切れたと思います」と安堵の表情を浮かべる。

 春名アナウンサーは、津田明日香アナウンサーとともに、2018年入社。この1年は、取材活動や、「マンスリーAミュージック」のパーソナリティ、そして、ニュース読みなども経験。「1年間(取材で)いろいろ行政を回ったり、本を読んだり、主に兵庫県のことを勉強してきたつもりでしたが、勉強がまだまだ足りないのは課題」と回顧する。特に、「喫緊の課題」は、アナウンサーとしての本分、「しゃべり(アナウンス)」。「基礎の滑舌や発声のところで、読んでいるだけ、しゃべりっぱなしの部分が多いので、聞いてくれている人を強くイメージして(伝えることを)やっていきたい」。

 元々は制作志望だったが、入社試験でアナウンサーとして見出されて、アナウンス、そして、ラジオの世界に飛び込んだ春名アナウンサー。この1年での厳しい鍛錬を経て、4月からはニュース読み、取材活動だけでなく、『MUSIC LIFE GARDEN』(日曜16:00−17:00)のパーソナリティも担当。初のフリートークにも挑戦するなど活動の幅を広げている。だがしかし、新人の枠がとれた今、春名アナウンサーはさらに気を引き締める。「(入社から)1年経って何もできないと、それこそ終わりだと思っているので。入社の経緯とか、たまに話のネタにすることはありますが、自分から強く発信することもないし、それはたぶんプラスに働くのは1年目だけ。これからはそういうことは関係なく、努力をしていけたらなと思います」。

MUSIC LIFE GARDEN
放送局:CRKラジオ関西
放送日時:毎週日曜 16時00分~16時55分
出演者:春名優輝

※放送情報は変更となる場合があります。

原油価格高止まりか ~OPECプラスが原油増産計画維持を決定

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月3日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。原油の増産計画を維持するとしたOPECプラスの発表について解説した。

OPECのロゴと石油ポンプの模型=2020年4月(ロイター=共同) ©共同通信社

OPECプラス、原油の増産計画の維持を決定

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は12月2日、現在の原油増産計画を2022年1月も維持すると発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にあるが、当面は影響を見極める必要があると判断した模様。

飯田)「増産のペースを維持」と出ていますが。

宮家)それ以上ペースを上げる気はないと。

飯田)上げる気はない。

宮家)ようやく石油価格が上がって来たところで、オミクロン株の影響でまた収縮してしまったら困るため、このままで行くということです。私なりに理解している大きな流れを申し上げると、トランプ政権の時代には「温暖化? そんなものは関係ない」と、シェールオイルを増産したのです。そうすると供給が増えますから値段が下がる。それで産油国が困ってしまったわけでしょう。

飯田)そうですよね。

宮家)ところがバイデンさんになったら、「あれ? いやいや、逆だろ」と。「温暖化が大変だ。厳しくやらなければいけない」となって、シェール生産は制限される。そうなると今度は供給が下がります。コロナがやや収束し、また経済を頑張らなければということで、需要が上向きになったので、「バーン」と価格が上がって来たわけですよ。

アメリカが最も困っているのは原油価格ではなくインフレ

宮家)オミクロン株がどうなるかは別として、いまアメリカが最も困っているのは、石油価格だけではなくインフレです。サプライチェーンの問題もあるし、労働力不足で賃金も上がっています。これを何とかしないと、バイデンさんは次の中間選挙が危ないわけですよ。

飯田)中間選挙が。

宮家)それで必死なのだけれども、いま申し上げた通り、OPECに何かを頼んでも言うことを聞いてくれないわけです。価格が下がったときに助けてくれなかったではないかと言われるでしょう。

飯田)そうですよね。

宮家)これは怒りますよね。

飯田)マイナスの値段になりましたからね。

原油価格は高止まりか ~オミクロン株もあり、様子見の状況

宮家)そこでバイデンさんは原油の備蓄を放出することにした。しかし、放出すると言っても、数日分の原油を放出したところで、マーケットに大きな効果はありません。ただ、産油国へのメッセージにはなる。

飯田)なるほど。

宮家)OPECプラスは現状維持ということではありますが、消費国側からすれば、思ったように増産が進まないと。つまり当面、原油価格は高止まりになる可能性があるのだと思います。

飯田)足元のWTI原油、アメリカのニューヨーク市場では、1バレルあたり67ドル42セント。北海ブレントが70ドル43セントです。

宮家)少し下がりましたね。

飯田)80ドルを超えたところからは少し下がりましたが、これ以上は下がらないという感じですか?

宮家)この辺りで止まることを考えているのだと思います。様子見ですよ。

飯田)様子見。

宮家)結局、オミクロン株がどの程度拡大するかによって、戦略を練り直すことはあるかも知れません。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ