芸人・ヒロシ「嫌なことはやりたくない」 YouTuberとしての成功舞台裏を語る

J-WAVEで放送中の番組『INNOVATION WORLD』(ナビゲーター:川田十夢)。3月15日(金)のオンエアでは、お笑い芸人のヒロシさんが登場。「芸人のイノベーション」をテーマにトークしました。

まずはヒロシさんの性格を、番組アシスタントのAI Tommyが以下のように分析しました。

Tommy:ヒロシさんは、やる気があるタイプです。自分自身に高い目標を持ち、それを達成するために熱心に取り組みます。自意識はとても低く、感情の起伏も比較的低いです。

結果を聞いたヒロシさんは、「感情の起伏は意外と激しいですけどね」とコメントしました。


■売れやすいネタを…

川田は、メディアで初めてヒロシさんを見たときのことを「インパクトが大きくて鮮明に覚えている」と振り返ります。そこで、当時の戦略についてこんな質問をしました。

川田:世間の流れを見て、「自分は『ヒロシです』でいこう」とか計算しましたか?
ヒロシ:もともと漫才スタイルに憧れてお笑いを始めたけど、相方が辞めると言い出してピン芸人になりました。漫才で活動をしていたときは自分が面白いものを優先させていたけど、ピンになったときは年齢も30を過ぎていたから、売れやすいネタをつくろうと思いました。音楽を入れたり一言ネタをしたり。


■“ビジネスキャンプ”の日々

ヒロシさんはピン芸人であるほか、趣味であるソロキャンプの様子を配信するYouTuberとしても活躍しています。

ヒロシ:ただし、(プライベートで)キャンプをしていたのは、2年前か昨年までです。キャンプをしているうちに仕事につながったんです。現在はキャンプには行ってるものの、仕事で行ってます。仕事で行くキャンプとプライベートは別物で、今は自分のキャンプができてない状態です。僕の中では、仕事だといろいろと合わせないといけないから“ビジネスキャンプ”。そこが大きく違っていて、キャンプに関してはストレスがたまっている状態です。
川田:ヒロシさんは、いかなるときも自分の気持ちをないがしろにして、仕事だけをやるタイプじゃないんですね。
ヒロシ:わりと自分を通したがるっていう、よくないところがあるんです。私が“がんこ”というイメージはないでしょ?
川田:ないですね。
ヒロシ:だからこそ、ギャップが強いんだと思います。

また川田は、ヒロシさんがYouTube配信をはじめたことに関して、「一度大ホームランを打った人がYouTubeをやるとき、そのネタをやらないのはダイナミックな選択ですよね」と言います。

ヒロシ:キャンプで自分が撮った動画を配信するのが楽しかったんです。普通だったらやらないけど、ネタをアップするのは“いまさら感”が強くて、絶対にクオリティが下がるんです。
川田:2015年時点でYouTuberとして成功する雛形みたいなのがあったけど、その真似をしないのがヒロシさんらしいですよね。
ヒロシ:“こうしたほうが人気が出る”といったセオリーも自分に合えばやるけど、自分に合わないと思ったら基本的にやりません。
川田:それがヒロシさんの持ち味ですよね。


■気分よく生きていく方法

ヒロシさんの著書『働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける』(講談社)が発売中です。ヒロシさんは、これまでにも著書を数冊上梓していますが、ビジネス書は初めてです。

ヒロシ:僕自身、成功者の話を吸収したくて、19歳くらいのときからビジネス書を読んでました。でも、寝ずに夢中になれるものなんてなかなかないし、「サラリーマンを辞めて自分で起業しなさい」と言われても、なかなかできません。読んでアツくはなるけど、実際に行動に移せない人に、僕の本はピッタリだと思います。僕自身も怠け者で、嫌なことはやりたくない。
川田:成功の仕方というより、気分よく生きていける方法ですよね。

番組では、初期のパンクロックが好きと言うヒロシさんの選曲で、セックス・ピストルズ『Anarchy in the U.K.』をオンエアしました。

【番組情報】
番組名:『INNOVATION WORLD』
放送日時:毎週金曜日 22時−22時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ