細野晴臣が明かす最新アルバムの裏話に、ネバヤン安部が驚愕! 「訊いてよかった」

J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(水曜担当ナビゲーター:never young beach)。3月20日(水)のオンエアでは、ボーカル・ギターの安部勇磨が、敬愛するミュージシャン・細野晴臣さんのプライベートスタジオからお届け! 細野さんとのスペシャル対談をお送りしました。

昨年2月にも細野さんをゲストにお迎えし、今回で2度目の対談です。この日も訊きたいことをたくさんメモしてきた安部は、冒頭からかなりマニアックな質問をぶつけます。

細野晴臣、ネバヤン安部との対談で質問攻めに!「20代、やっぱり悩んでいたのは...」

安部:細野さんの声のエアー感と言いますか、響きの豊かさと言いますか、「これは一体なんでなんだろう?」っていうのがすごく気になりました。
細野:わっかんないなぁ(笑)。
安部:細野さんに訊いてみたいのが、歌うときのマイクとの距離感は? 近いですか? それとも遠いですか?
細野:場合によって変わるけど……。でも、だいたい近いかな。

3月6日にリリースされた細野さんのニューアルバム『HOCHONO HOUSE』では、リボンマイクやコンデンサーマイクを使用しています。細野さんがゲストに登場した際、「機材でいちばん大事なもの」を訊いていた安部。「マイクだと思うよ」との答えを受け、決意してヴィンテージマイクを購入しました。そのことを細野さんに報告したところ……。

細野:そうなんだ!? それでちょっと質感が変わったのかね?
安部:買ってよかった! ご本人に言われるのがいちばん嬉しいです(笑)。
細野:よく手に入れたね。
安部:たまたまあって。ちょうど細野さんと会ったときに迷ってて。どうしようって。
細野:言ってた言ってた。
安部:買おうかどうしようか迷ってたんですけど、「いいと思うよ。責任は取らないけど。ハハハ」って言われて。「いやでも、これはいくしかいない!」と思って。
細野:ヴィンテージマイクって当たり外れがあるからね。だからきっと当たったんだね、それは。


■細野晴臣の一言でプライドを捨てる安部

続いて、アルバムの曲順について気になったことを訊いた安部。ニューアルバム『HOCHONO HOUSE』は、1973年にリリースされた細野さんのアルバム『HOSONO HOUSE』を細野さん自らがリアレンジと新録で再構築した作品です。ただし、曲順が逆になっています。

安部:僕のイメージなんですけど、最初は電子音とかいろんな打ち込みが入ってて、最後のほうになるにつれて生っぽい曲だったり……これは意図してそうなっているでんすか?
細野:いやいや、元がそうだからしょうがないんだよね。たとえば、『僕は一寸・夏編』とかは元はカントリーで。それを打ち込みでやるのは、ちょっとできないから。自分では。カントリーをやるとスチールギターを入れたくなるし、高田漣くんとか呼びたくなるじゃない? でも「ひとりでやる」って言ったからには人を呼んじゃいけないって思って(笑)。
安部:ドラムとかもご自身で叩いたんですか?
細野:叩かなかったね、今回は。
安部:え?
細野:一応、生の音は用意したんだけど。でも全部、そこら辺の機材を適当に使っただけ(笑)。
安部:え!? じゃあこれ全部、打ち込みなんですか?
細野:そう。
安部:え!? そうなんですか!? え!? それインタビューで言ってます?
細野:言ってないかもね。
安部:え!?

細野さんに関するインタビュー記事などはすべてチェックしている安部ですが、まったく知らない情報が細野さん本人から明かされたため、驚きが隠せない様子。細野さんは隠していたわけではなく、「誰も訊かないから」と、安部のリアクションとは真逆にさらっと話しました。

安部:訊いてよかった! すげぇ、知らなかった!
細野:なにメモに書いてるの?
安部:参考にしようと思って(笑)。僕は逆に「いや、生だろ」とか、変なプライドがある青臭い歳なんで。やっぱそんな打ち込みなんて、「ドラムは生だろ」とか思ってたんですけど。
細野:ぜんぜんこだわってない、僕は。
安部:細野さんがそう言うんだったら、僕は右に倣えなんで(笑)。
細野:いやいや(笑)。あんまり鵜呑みにしないで、自分の道を歩んで。

感化されまくりの安部に、「滅多なこと言えないなぁ」と困ってしまった細野さん。それほど安部にとっては細野さんの一言一言が響くようです。その他オンエアでは、細野さんの子どもの頃のエピソードなどが明かされました。詳しくはradikoでチェックしてみてください!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

タグ

水樹奈々、シンフォギアライブでの裏話を披露!〜11月27日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

今回の放送回では11月20日(日)にベルーナドームにて開催された「シンフォギアライブ2020→2022」について語った。
今回のライブは、本来は2020年に開催が予定されていたものの、感染症の影響を考慮し延期されており、約2年の時を経て遂に開催となったものだった。

水樹「先日無事に開催してきましたよ〜!」
福圓「お疲れ様でした!」
水樹「生憎の雨で本当に寒い中の開催になったんですけど、最後まで思いっきり盛り上がって下さってありがとうございました。
あのね!私たちも舞台上での衣装が薄着で歌ってる時の吐く息が白いの。」
福圓「え?舞台上でですか?」
水樹「そう!もう寒くて寒くて!」
福圓「照明もあってそれは相当凄いですね…。」
水樹「もう寒過ぎる!芯から冷えた!ベルーナドームは有難いことに何度も歌わせていただいているんですけど、いつも私が立たせていただくのは7、8、9月の夏場なんですよ。」
福圓「本当だ。」
水樹「初めて11月の半ば過ぎで、こんなにも寒いのか!って思いました。前日のゲネ(最終リハーサル)をさせていただいた時は晴れてたからまだひんやりするな、くらいだったんだけど、一気に気温が下がって。私トップバッターだったから、まず水樹奈々としてゲームの主題歌や挿入歌を歌わせてもらったんだけど、体はキンキンなわけよ(笑)しかも、前日もすごい大渋滞してて、都心から車で2時間くらいかかって。」
福圓「あら、かかりましたね。」
水樹「遅れちゃうと半野外ってこともあって音止めの時間があるから「もう楽屋に行かずにこのまま舞台袖に車を横付けしてください!はい、このままテントに入って早替えして、マイク持って、歌って!」って言われて「え?!はい!METANOIA!」みたいな。」
福圓「流石すぎる(笑)」
水樹「だからもう体がビックリしちゃって(笑)」
福圓「全然準備ができずに。」
水樹「声出しもできないし、大渋滞でずっと座って固まったままでアップもできずに、来て着替えてスタジアムダッシュよ。当日もすごい混んでやっぱり2時間くらいかかったの。ついてメイクして着替えてもう出番で。しかも、METANOIAからのFIRE SCREAMからのFINAL COMMANDERよ。」
福圓「カロリー激高!」
水樹「普段最後の方に歌うやつを3連続よ!本当にまた修行をさせていただいたな、と思いましたね。」

とコメント。
「段取りが多くて、 みんなと1回しか合わせてないから緊張したけど楽しかった!」と当日の様子を興奮気味に語った水樹。
天候や渋滞のアクシデントはあったものの、1人のライブとはまた違ったチームの良さがあるライブになったと語った。

「水樹奈々 スマイルギャング」11月27日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20221127233000

Facebook

ページトップへ