細野晴臣が明かす最新アルバムの裏話に、ネバヤン安部が驚愕! 「訊いてよかった」

J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(水曜担当ナビゲーター:never young beach)。3月20日(水)のオンエアでは、ボーカル・ギターの安部勇磨が、敬愛するミュージシャン・細野晴臣さんのプライベートスタジオからお届け! 細野さんとのスペシャル対談をお送りしました。

昨年2月にも細野さんをゲストにお迎えし、今回で2度目の対談です。この日も訊きたいことをたくさんメモしてきた安部は、冒頭からかなりマニアックな質問をぶつけます。

細野晴臣、ネバヤン安部との対談で質問攻めに!「20代、やっぱり悩んでいたのは...」

安部:細野さんの声のエアー感と言いますか、響きの豊かさと言いますか、「これは一体なんでなんだろう?」っていうのがすごく気になりました。
細野:わっかんないなぁ(笑)。
安部:細野さんに訊いてみたいのが、歌うときのマイクとの距離感は? 近いですか? それとも遠いですか?
細野:場合によって変わるけど……。でも、だいたい近いかな。

3月6日にリリースされた細野さんのニューアルバム『HOCHONO HOUSE』では、リボンマイクやコンデンサーマイクを使用しています。細野さんがゲストに登場した際、「機材でいちばん大事なもの」を訊いていた安部。「マイクだと思うよ」との答えを受け、決意してヴィンテージマイクを購入しました。そのことを細野さんに報告したところ……。

細野:そうなんだ!? それでちょっと質感が変わったのかね?
安部:買ってよかった! ご本人に言われるのがいちばん嬉しいです(笑)。
細野:よく手に入れたね。
安部:たまたまあって。ちょうど細野さんと会ったときに迷ってて。どうしようって。
細野:言ってた言ってた。
安部:買おうかどうしようか迷ってたんですけど、「いいと思うよ。責任は取らないけど。ハハハ」って言われて。「いやでも、これはいくしかいない!」と思って。
細野:ヴィンテージマイクって当たり外れがあるからね。だからきっと当たったんだね、それは。


■細野晴臣の一言でプライドを捨てる安部

続いて、アルバムの曲順について気になったことを訊いた安部。ニューアルバム『HOCHONO HOUSE』は、1973年にリリースされた細野さんのアルバム『HOSONO HOUSE』を細野さん自らがリアレンジと新録で再構築した作品です。ただし、曲順が逆になっています。

安部:僕のイメージなんですけど、最初は電子音とかいろんな打ち込みが入ってて、最後のほうになるにつれて生っぽい曲だったり……これは意図してそうなっているでんすか?
細野:いやいや、元がそうだからしょうがないんだよね。たとえば、『僕は一寸・夏編』とかは元はカントリーで。それを打ち込みでやるのは、ちょっとできないから。自分では。カントリーをやるとスチールギターを入れたくなるし、高田漣くんとか呼びたくなるじゃない? でも「ひとりでやる」って言ったからには人を呼んじゃいけないって思って(笑)。
安部:ドラムとかもご自身で叩いたんですか?
細野:叩かなかったね、今回は。
安部:え?
細野:一応、生の音は用意したんだけど。でも全部、そこら辺の機材を適当に使っただけ(笑)。
安部:え!? じゃあこれ全部、打ち込みなんですか?
細野:そう。
安部:え!? そうなんですか!? え!? それインタビューで言ってます?
細野:言ってないかもね。
安部:え!?

細野さんに関するインタビュー記事などはすべてチェックしている安部ですが、まったく知らない情報が細野さん本人から明かされたため、驚きが隠せない様子。細野さんは隠していたわけではなく、「誰も訊かないから」と、安部のリアクションとは真逆にさらっと話しました。

安部:訊いてよかった! すげぇ、知らなかった!
細野:なにメモに書いてるの?
安部:参考にしようと思って(笑)。僕は逆に「いや、生だろ」とか、変なプライドがある青臭い歳なんで。やっぱそんな打ち込みなんて、「ドラムは生だろ」とか思ってたんですけど。
細野:ぜんぜんこだわってない、僕は。
安部:細野さんがそう言うんだったら、僕は右に倣えなんで(笑)。
細野:いやいや(笑)。あんまり鵜呑みにしないで、自分の道を歩んで。

感化されまくりの安部に、「滅多なこと言えないなぁ」と困ってしまった細野さん。それほど安部にとっては細野さんの一言一言が響くようです。その他オンエアでは、細野さんの子どもの頃のエピソードなどが明かされました。詳しくはradikoでチェックしてみてください!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

タグ

「夫以外の人に恋…」結婚12年目・42歳主婦に、江原啓之が届けた言葉は…

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回番組では、恋心を封印したいと悩む主婦からのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。


◆妄想は膨らむばかり…
「結婚12年目で42歳の主婦です。子育ても一段落し、そろそろ社会復帰をしたいという思いで、昨年末から資格スクールに通い始めました。ところがあろうことか、そのスクールの同年代の担当講師に恋をしてしまいました。それからは勉強どころじゃなく、授業を受けていてもドキドキ、エレベーターで一緒になっただけでクラクラ……。最近は、とにかく彼のことばかり考えて、勉強がまったく頭に入りません。正直、この年齢でこんなおばちゃんが恋をするなんて思いもよりませんでした。妄想は毎日膨らむばかりで……。胸が苦しいです。講師の方への気持ちを封印し、何か勉強に集中できる方法があればアドバイスお願いします」

◆江原からの“ことば”
「好きな人がいて、その人が講師だったら、逆に勉強に身が入りませんか? 集中力が増して、勉強して『よくできましたね』なんて言われたら嬉しいもの。変に“落ち着いて、落ち着いて”と、思えば思うほど落ち着かなくなってしまう。そういうことと同じ。心の恋愛は、悪いことではない。心の不倫は、夫を裏切ることではない。想いの恋愛は、全然ウェルカム! 妄想、膨らましちゃいましょう! 現実に持っていくなというだけ。つまらない変な人に教えられるよりは、楽しい! それだけでも授業料の元を取ったようなものです」

◆江原啓之 今宵の格言
「人間不信は依存心の顕れです」
「自己憐憫に愛は訪れません」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ