Benthamが『THE KINGS PLACE』卒業! 最終回は“無茶ぶり”もOK!?

J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(木曜担当ナビゲーター:Bentham)。3月21日(木)のオンエアでは、小関竜矢(Vo/Gt)、辻 怜次 (Ba)が登場して、汗っかきエピソードや辻が手がけた楽曲『MIRROR BALL』について、2人で盛り上がりました。


■“超汗っかき”小関の対策とは?

番組でたびたび話題になる“番組特製ラグラン”について、リスナーからこんなメッセージが届きました。

【関連記事】Bentham・辻「頑張って選曲してたのに…」ナビゲーターならではの悩みとは?
【関連記事】Bentham小関がファンにお酒をおごる!? その条件は…

「先日、ラグランが届きました。ツアーに着ていこうと思うのですが、暑がりで汗っかきなので、これからの季節に長袖のラグランでライブに行ったら、間違いなく汗だくになると思います。みなさんは、ライブのときに汗や暑さ対策をしていますか?」
 

 


小関:俺と辻くんは汗っかきだからね。敬(鈴木)は全然汗かかないよね。あれは体温調節できているのかね。
:わからない。
小関:乳首の上のツボを「ギュン」とやると、汗が止まるっていうじゃない?

小関曰く、舞妓さんや役者などが、ツボの部分を紐で縛るなどして、汗を止めているそう。

:オゼ(小関)は、写真撮影、MV撮影、ライブ、全てでめちゃめちゃ汗かいてるじゃない。それやればいいんじゃないの?
小関:俺が汗かかなくなったら心配でしょ。「あいつ汗腺を切ったんじゃないか」って。
:そんな心配しないですよ。
小関:俺は、汗込みで小関だから。汗込みで愛してくれよという話だね。

こう話すものの、以前は小関も汗に悩んでおり、ワキ汗パットを試したり、試行錯誤したけれど、バンドをはじめて数年経って、最近は気にしなくなったと言います。「ライブで『みんな、いけますかー!?』って言っているときに、俺のワキが一番イッちゃってるんだけど、気にしない」と明かしました。


■エレクトロやブラック要素のベースに憧れ

続いて、ニューアルバム『MYNE』から、辻が手がけた『MIRROR BALL』について解説しました。

:エレクトロな音楽をよく聴いていたときに、Daft Punk『Random Access Memories』ってアルバムが出たりして、人力でやるエレクトロやブラック要素のあるベースに憧れを持ちました。そういうのをBenthamでもできないかなってところから作り出して、オケを作ってオゼにメロディをのせてもらうっていう流れで作りました。それがダンサブルな感じの、今のアレンジになったんです。
小関:1音目のシンセの音に対して、僕がどういうメロディを付けるかにこだわったんですけど、サビはフジファブリックを意識して、あそこの「メロもいいんだけど一癖二癖あるぞ」というのを、Benthamなりに出してみたかったんです。言葉数多めで、いろいろと雰囲気を出しながら4つ踏んで、シンセサウンドで、サビはBenthamらしさもありながら歌ものという感じ。ライブをかなり意識している曲です。

「『Do you wanna dance?』と歌っているので、ライブで踊りながら聴いてほしい」と小関。続いて、辻が「デモからこだわったので、Bメロの『ぶっ飛んだネジが〜』のところの裏のベースを聴いてほしい」と、それぞれ聴きどころを語りました。


■番組卒業を発表!

Benthamが3月いっぱいで『THE KINGS PLACE』を卒業することが発表されました。小関は「『2年間はやれないかな』というフラグは立っていましたが、みなさまのご協力があり、2年間やらせていただきました」と語り、メンバー全員で出演することも明らかにしました。

最終回では、ラグランを番組内で全てプレゼントするため、メッセージをたくさん紹介します。いつもより読まれる確率が上がるので、ぜひメッセージを送ってみてください。小関は「何かやってほしいこと、無茶ぶりなど、なんでも送ってください」と話し、「アコギ1本だけ持って『夜な夜な』を歌ってもいい?」と、番組で誕生した曲を演奏することを予告しました。最終回は3月28日(木)。お聴き逃しなく!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

 

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ