名バイプレイヤー・田中哲司のセリフの覚え方「ブツブツ言いながら街を歩く」

J-WAVEで放送中の番組『TRUME TIME AND TIDE』(ナビゲーター:市川紗椰)。4月6日(土)のオンエアでは、俳優の田中哲司さんが登場。作品への取り組み方や、趣味のガーデニングについて訊きました。


■オファーがきたら「自分が演じる意義があるかどうか」を考える

田中さんは名バイプレイヤーとして映画、ドラマ、舞台、CM、ナレーションなど、さまざまな分野で才能を発揮しています。以前は複数の作品を同時に受けていたものの、セリフが入らなくなってきたりするようになり、1本に集中するようになったそうです。

市川:その1本はどのように選びますか?
田中:オファーがきた順番で選んでいて、あまり自分の好みは出しません。ただ、自分がやる意義を考えて「僕がやるのはどうかな」という役はお断りします。
市川:その“意義”というのは、自分にしかできない、ということですか?
田中:「俺ならこれをうまくやれる」っていう感じですね。とにかくセリフを覚えるのが大変なので、セリフの量もチェックします。なぜかセリフが多くて厳しい役が多いんです(笑)。

セリフを覚えるときは、「歩きながら」なのだとか。

田中:台本を持って、ブツブツ言いながら街を歩くとめちゃくちゃ入るんです。集中して必死に覚えるというよりは、景色を見ながら覚えています。散歩が好きなので、散歩しながら台詞が入るのはいいなと思います。
市川:演技をする上で心がけていることは何ですか?
田中:その作品全体の中で、自分の役がどのような役回りかを考えます。めちゃくちゃにしたほうがいいのか、抑えたほうがいいのか、とか。
市川:なるほど。
田中:あとは何パターンか考えて現場に臨み、監督に言われることを100パーセントやれるよう努力します。監督に「もう少し速く言って」って言われることがあって、セリフが相当体に入っていないとNGを連発してしまうんです。


■俳優に向いているのは「キラキラした人」

田中さんの実家は造園業を営んでいて、三重県の山の近くの田舎で育ったそうです。

田中:テレビや劇や映画に携わっている人がいなかったので、なぜ、俳優の道を選んだんだろうって思います。今でも3回に1回は「向いてない」と思います。
市川:俳優に向いている人はどんな人だと思いますか?
田中:キラキラした感じの人です。舞台でも「はやくお客さんに見せたい」といってキラキラしてる人もいるんです。僕は「なんで役者をやったんだろう」と、そういうことばかり考えてます。

田中さんは日本大学芸術学部演劇学科の出身ですが、受験した理由などは、あまり覚えていないそう。入ったからには続けるしかない、との思いで今に至ると話します。

市川:お芝居を仕事にしようと思ったきっかけはなんでしょうか?
田中:大学の発表会があって、自分たちで一本の舞台を作って上演しました。僕は役者で出たところ、何回か先生に褒められたんです。「いい声してる」とか「立ち姿がいい」とか。そういう単純なところですよ。
市川:先生は褒め上手ですね。
田中:向いているんじゃないかって、そのときに勘違いしちゃったんですね。

20代の頃は、向いてない、辞めようと思ったこともあるそうですが、大学まで行かせてもらった両親への申し訳なさを感じ、方針を変えられなかったとか。その後、田中さんが役者で生活していけるようになったのは30歳くらいからでした。

市川:ガツガツしていた時期はありましたか?
田中:20代、30代はめちゃくちゃガツガツしてましたよ。とにかく仕事がほしくて。人の作品を見ては「俺のほうが上手くやれる」といった感じでガツガツしてました。


■ヒール役が続いているので…

今後、演じてみたい役を訊くと……。

田中:このところヒール役が続いているので、優しい役をやりたいです。ヒール役の方が楽しいんですけど、続きすぎてるなと。
市川:優しい役をやったら物足りないんじゃないですか?
田中:物足りなくなって、ヒール役をやりたくなるかもしれないですね。この前、飲み屋で飲んでて、隣にいた知らないおばさまが「ちょっと言わせてもらっていいですか? 朝ドラ(『まんぷく』)のあなたに腹が立った」って言われて。「すみません」って謝っておきました(笑)。
市川:どうしても言いたくなったんでしょうね。


■趣味はガーデニング

田中さんの趣味はガーデニング。実家の造園業を手伝っていたことも影響しているようです。バラ、オリーブ、ブルーベリー、木蓮、桜などを、バルコニーであまり大きくしないように鉢植えで育てています。

田中:大きくしないようにするの難しいんです。育っちゃうんで。虫がすごいです。
市川:そうですよね(笑)。
田中:虫を見つけるのは上手いんです。糞を見るんです。地べたに落ちてるから分かるんです。大きさも分かります。

育てた花が綺麗に咲いたときは、とても癒されてリフレッシュできると語りました。仕事への向き合い方から、日常のことも伺えるオンエアとなりました。

田中さんの最近の出演作は、木曜ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日)が放映中。映画『新聞記者』は6月28日(金)に公開されます。ぜひご覧ください。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『TRUME TIME AND TIDE』
放送日時:毎週土曜 21時−21時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/timeandtide/

タグ

Sexy Zone松島聡「カッコ良すぎて鳥肌が…」平井大が書き下ろした新曲「Trust Me, Trust You.」を語る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FMの番組「坂本美雨のディアフレンズ」(毎週月曜~木曜11:00~11:30)。9月7日(水)の放送ゲストは、Sexy Zoneの松島聡さんです。ここでは、9月7日(水)にリリースした通算22枚目のニューシングル「Trust Me, Trust You.」について語りました。


◆“ちょっと大人”でクールな新曲

坂本:Sexy Zoneのニューシングルが9月7日(水)にリリースされました。

松島:タイトルは「Trust Me, Trust You.」です。

坂本:ちょっと大人っぽい曲ですよね。

松島:そうですね。今回は(シンガーソングライターの)平井大さんに楽曲提供していただきました。平井さんといえばサーフロック、ハワイアン、カントリーなどを打ち出しているイメージがありますが、今回はクールなダンスナンバーです。カッコよく仕上がっています。

坂本:Sexy Zoneさん側から「こんなふうにしたい」とお伝えしたんですか?

松島:今回はドラマのタイアップ(メンバーの菊池風磨さん出演テレビドラマ「トモダチゲームR4」(テレビ朝日系)主題歌)をいただいていて、作品の雰囲気に合わせて、いろいろ考えてくださったと思います。

坂本:平井さんにこういう(ダンスナンバーも手がける)一面があったんだとびっくりしました。

松島:デモテープの平井さんの声がカッコよすぎて鳥肌が立ちました。普段の平井さんとは違うけど、平井さんのエッセンスはたくさん含まれています。歌詞、言葉の紡ぎ方が平井さんらしくて素敵だなと思いました。



Sexy Zone 初のドームツアー「セクシーゾーン ドームツアー2022 ザ・ハイライト」東京公演は 12月16日(金)、17日(土)に東京ドーム、 大阪公演は12月24日(土)、25日(日)に京セラドーム大阪で開催されます。詳細は公式サイトをご確認ください。

来週のゲストは、9月26日(月)LE VELVETS 佐藤隆紀さん、27日(火)ホフディラン 小宮山雄飛さん、28日(水)渡辺貞夫さん、29日(木)満島ひかりさんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ