今注目! 車中泊をしたい人と駐車場を貸したい人をつなぐサービス「Carstay」

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。4月17日(水)のオンエアでは、車中泊スポットのシェアリングサービス「Carstay」に注目しました。


■「Carstay」ってどんなサービスなの?

1月に始まった「Carstay」。どんなサービスなのでしょうか?

宮下:車中泊をしたい人が、日本全国どこでも泊まる場所をみつけて寝ることができる、予約決済のサービスになります。
別所:車中泊できるスポットというと、駐車場ということですか?
宮下:そうですね。空いている駐車場や空き地に泊まれることができて、誰でも貸し出すことができます。
別所:そこを事前予約できるということですね?
宮下:はい。事前に空いているところを検索して、予約する仕組みです。

実際にクルマを宿泊の手段とする人は増えているのでしょうか?

宮下:1月に始まったばかりのサービスですが、すでに数百名の方にご登録いただいています。ゴールデンウィークは多く予約をいただいています。
別所:いろいろな場所にドライブで旅して、そのまま車に泊まって楽しむことができますからね。

どのような方々が「Carstay」を利用しているのでしょうか?

宮下:キャンピングカーを持つ40代から60代の方が利用しているほか、最近は20代の方だったり、安心して車中泊したいという女性の方もご登録いただいています。


■人気の観光地・旅スタイルは?

日本でもキャンピングカーの販売台数が増えています。レンタカー需要も高まっており、特に外国人旅行者によるレンタカー利用や車中泊が増加傾向にあります。

宮下:日本を訪れる3000万人の外国人のうち、リピーターを中心に100万人以上が車を借りて、日本を旅しているというデータがあります。
別所:車中泊を利用する方は、どんな車を使っていますか?
宮下:普通車でフラットに寝られる車が圧倒的に多いです。

保険も完備されており、三井住友海上と共同開発した車中泊保険がついています。場所を貸すとなると、騒音や車をぶつけてしまうこともあるため、保険を備えています。

別所:今年は10連休がありますが、車中泊の需要は実感していますか?
宮下:自然が豊かな地域の予約がたくさん入っています。関東近郊なら山梨、静岡、長野などが人気です。
別所:どんな旅のスタイルが多いですか?
宮下:金曜夜に出発して、どこかで車中泊をして、土日をフルで楽しみたい方から予約をいただいています。
別所:お風呂はどうするのでしょうか?
宮下:温浴施設の方にも登録いただいているので、車中泊スポットになっています。
別所:道の駅や日帰り温泉なども利用しながら、ということですね。


■おすすめの車のレンタルも

車をオフィスとして活用する動きも広がっています。メインのオフィスを都内に構えつつ、地方に行くときに車をオフィスとして活用しています。宮下さんによると、旅行系やIT系の会社は車をオフィスとして活用しているケースがあるのだとか。

また、宮下さんは、モバイルハウス協会も立ち上げました。

宮下:車で仕事をしたい、車中泊をしやすい車を借りたいという声をたくさんいただき、オフィスにも宿にもなる車をレンタルしようと、軽トラックの荷台に“シェル”という箱を積んでいます。アメリカのタイニーハウスと一緒なんですけど、これを日本でも普及させていこうと進めています。ペットも大丈夫ですよ。

これからの発展に注目です。

この番組をラジコで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

鶴瓶 電話予約の様子を奥様に怒られる

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(5月19日放送)では、ゴールデンウィーク中の出来事が話題に挙がった。


最近肩が上がらず腕に力が入りづらくなっていた鶴瓶は、療養のため温泉に行った。その温泉は、何度か訪れたこともあるという有馬の温泉。しかしゴールデンウィーク真っ只中ということもあり忙しそうな電話口。なんとか一部屋「絞り出しました!」ということで温泉に入ることができたそうだ。

無事に部屋を予約できた鶴瓶だったが、その様子を見ていた奥様にはとても怒られてしまったとか。というのも、予約の際に「笑福亭鶴瓶ですけど……」と、本名ではなく“笑福亭鶴瓶”と名乗っていたからだ。世間的にも知らない人はほぼいない名前を使って忖度してもらおうとしていたのでは?という様子がよくない印象を受けたそう。鶴瓶のように芸名のある芸能人にとって、本名と芸名とで態度を変えられてしまったら複雑でもあり、悩みどころのひとつなのかもしれない。

奥様には怒られてしまった鶴瓶さんだが、心の中では「でも(部屋は)取れたやんけ…」と思っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ