「性転換する魚」「お父さんから産まれる魚」がいる! 不思議な生態の魚を、フィッシュヒーラー・鈴木香里武が紹介

画像素材:PIXTA

7月15日は海の日。岸壁幼魚採集家でフィッシュヒーラーの鈴木香里武さんを招いて、水族館に行きたくなるような、不思議な魚たちの生態について訊きました。

【7月11日(木)J-WAVE『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190711083218(2019年7月18日28時59分まで)


■フィッシュヒーラーって、どんな仕事?

鈴木さんの名前、“香里武(かりぶ)”は本名で、両親がカリブ海に新婚旅行に行ったことにちなんで名付けられたそうです。まずは、気になる“フィッシュヒーラー”というお仕事について伺いました。
 

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』

 


鈴木:名乗ってるのはたぶん世界で僕しかいないんですけど、「水族館は癒やしの空間だ」と言われるじゃないですか。それは何でだろうと、科学的に検証してみたいと思いました。魚好きと言っておきながら、大学と大学院では心理学を勉強していたんです。心理学の目線から、魚のどの要素が癒やしなのか。魚はカラーセラピーの色の要素や、「1/fゆらぎ」という要素も持っています。いろいろな癒やし要素を兼ね備えた存在だと思うんです。それを研究した人が誰もいなかったので、今まさに研究途上という感じです。

鈴木さんの著書『海でギリギリ生き残ったらこうなりました。 進化のふしぎがいっぱい!海のいきもの図鑑』も大人気です。魚に興味を抱いたきっかけは両親なのだそうです。

鈴木:両親は暇さえあれば幼少期の僕を海に連れて行ってくれて、漁港で僕を寝かせて、両親は網を持って魚を捕りに行っていたという(笑)。そんな環境で育ったんです。家に水槽もあって、魚のいない生活をしたことがないです。
別所:現在は水族館など、魚の見せ方に関するプロデュースも行っているそうですが?
鈴木:研究テーマのフィッシュヒーリングの観点から、どういう見せ方をすればより見え方が「きれい、可愛い」と感じるのか、お客さんの心に寄り添った展示を考えています。たとえば、館内音楽をプロデュースしたりしていて、ブースごとコンセプトを決めて別の作曲家さんにテーマソングをお願いしました。視覚だけでなく耳からの情報からも魚の魅力を引き立たせたいなと思って、五感に訴える魚の展示を考えています。
別所:もうひとつ「岸壁幼魚採集家」という気になる肩書きがありますね。
鈴木:両親がやっていた、漁港で網を持って上から海面を見て幼魚を採集・観察する活動です。実は幼魚は岸壁にものすごくいるんですけど、みんな身を守るために擬態しているんです。海藻そっくりに擬態していたり、枯れ葉そっくりになって浮かんでたり、様々な方法で見つからないようにしてるので普通は素通りしてしまうんです。でも、一度擬態がわかると漁港がパラダイスと化すんです。「足元にこんなに魚がいるのか」と。


■不思議な生態の魚ランキング

鈴木さんが、不思議な生態の魚トップ3位を紹介しました。

3位:タツノオトシゴ

 

 

 

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』

 


鈴木:お父さんが子育てをするのは、魚の世界では一般的な話。タツノオトシゴもイクメンです。タツノオトシゴは、お父さんのお腹に子育て用の袋が有袋類のようにあって、そこにお母さんが卵を産み付けて孵化するまでお父さんが守ります。なので、赤ちゃんが生まれる瞬間はお父さんから産まれてくるんです。

2位:ウミガメ

 

 

 

 

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』

 


鈴木:魚ではないですけど、ウミガメの性別は何で決まるか知っていますか? 実は、孵化するときの温度なんです。孵化するときの周りの砂が29度よりも高いとメスに、29度より低いとオスになるという決まりがあります。不思議ですよね。親ガメは29度くらいのバランスの場所を探してそこに卵を産むというすごい能力を持っているんです。最近は地球温暖化の影響で、世界中でメスばかり生まれる現象が起きているみたいで、意外と知らないところでそんな影響が出ているんです。

1位:カクレクマノミ

 

 

 

 

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』

 


鈴木:映画でも有名になりましたが、成長とともに性別が変わるという、性転換をする生き物です。これも魚の世界ではたくさんある話なんですけど。最初は「無性」というどちらにもなれる状態で産まれます。群れで生活しているのですが、群れの中で一番体が大きな子がお母さんに、2番目に大きな子がお父さんになります。群れの中で最大の2匹がペアになって、他は予備軍のようなカタチになります。何らかの理由でお母さんがいなくなると、2番目に大きかったお父さんがお母さんに性転換します。予備軍の中で一番大きい子がお父さんになります。

最後に鈴木さんは「日本は島国なので、身近なところでびっくりするような生態に触れ合える素晴らしい環境。身近なところにある未知、これが海・魚の魅力です」と語りました。

鈴木さんの紹介した魚は水族館でも見ることができます。この機会に水族館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

 

 

タグ

高級ハンドソープ、使わないスパイスでオシャレ感…みんなの“生活感の隠し方”

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

5月14日(火)放送のテーマは「隠したい生活感」でした。「見せる収納術」や「ミニマリスト」という言葉にあるように、今の時代は洗練されたおしゃれなライフスタイルを過ごす、という方向に向かっています。そのなかで「生活感」はカッコ悪いという価値観も出てきていますが、生活感を隠すために実際どのような努力をしているのでしょうか。街の人に聞いてみました。

※写真はイメージです。



テーマ「隠したい生活感」

◆ゲストが来たら高級ハンドソープに変更

「普段は洗面所に歯ブラシとか基礎化粧品とかが置いてあるんですけど、人が来たりすると棚に一気にしまって物がない状態にします(笑)。あと、普段だったら100~200 円のハンドソープを使ってますけど、ジョー マローン ロンドンとかモルトンブラウンとか、海外のブランドものにします。

普段は絶対に使わないんですけどね。やっぱり最近の風潮って、子どもがいても全部完璧にっていう感じがあるじゃないですか。だから気にしますよね(笑)。それなりにやらないと、イケてない人みたいになるから」(35歳/女性/会社員)

◆スパイスを試験管に入れてオシャレ感を演出!

「キッチンまわりであれば、スパイスを試験管に入れ替えたりしてオシャレ感を演出しています(笑)。ナツメグとかベイリーフとか全然使わないんですけど、ほぼ見せる用で(笑)。既製品のラベルが並んでいるよりも統一感が出るので、買ってきた容器に移し替えてます(笑)。

コンビニとかで買った安いクッキーとかでも瓶に移し替えたらオシャレ感が出るので。限られた場所でどうやって住み心地の良さを追求するか。これが頭を使うトコですね。

過剰に気を使うといろんな物が目についちゃうので、人を家に呼ぶときに片付ける! っていうくらいのサイクルでやってます」(28歳/男性/自営業)

◆靴やバッグはハイブランドで

「洋服が好きで、ズボンとかはユニクロとかなんですけど、ほかをハイブランドにして、ズボンも高く見せてます(笑)。靴はバレンシアガ、バッグはグッチにして全体を高く見せるようにしてます。

靴下も、チラ見せするときだけいい靴下を履いて(笑)。ジャスティン・ビーバーの私服とかもコンビニに行くだけなのに、すげーなと思うくらいキメてるので(笑)」(20歳/男性/大学生)

◆ある程度の生活感は許しあいたい

「物を隠したい場所はリビングルームです! ゴチャゴチャ感が出ちゃうのでスッキリ見せたい。たとえば、野球関係の物。巨人ファンです(笑)。なかでもカレンダーがありまして、毎日の試合が一覧でわかるようになっていたり、選手のものを貼っていたり。

孫の家族が来るときは孫たちが広く遊べるようにしたいので、それを空いている別の部屋にブチ込みます(笑)。やっぱりスッキリしたお家は居心地がいいし! でも、長く居ると落ち着かなかったり緊張感があったりしますよね。

ゴミひとつ落とせないような感じで(笑)。だから、ある程度の生活感は許しあいましょう(笑)」(60代/女性/元グラフィックデザイナー)

◆カーテンでフィギュアを隠してます

「自分はフィギュア集めが趣味なんですけど、それを隠すためのカーテンがあったりします。鉄道とかが好きで、模型がずらーっと並んでるんですよ。でも、人が来たときに趣味が見えちゃうと、生活感が丸見えなんで。

これからアロマを買いに行こうとしてたんですけど、匂いも雰囲気作りに大事。バラとかお花系の香りを漂わせることによって生活感を隠してますね。いい生活してるんだなっていう、いいほうの印象をつけたいので(笑)」(20歳/男性/大学生)

【「生活感をなくす」のは日々の心地よさの演出】
街でみなさんの話を聞いていると、「隠したい生活感」とは「オシャレに変換したい(思われたい)部分」でもあるよう。また、自分自身が日々心地よく過ごすための工夫でもあり、生活感をなくすための努力にはそれぞれのこだわりも感じました。

「生活感」がダメなわけではありませんが、オシャレで洗練された生活を演出することは、だらけてしまいがちな日々の背筋を伸ばす、そんな行為なのかもしれません。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

Facebook

ページトップへ