【しいたけ.の占い】2019年は激動だった…2020年は「オタク化」が進む!?

11月4日(月・祝)にオンエアされた特番『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL POWER OF WOMEN VOGUE JAPAN 20th ANNIVERSARY EDITION』(ナビゲーター:冨永 愛)。ファッションと音楽で女性をエンパワメントする、ファッション誌『VOGUE JAPAN』創刊20周年を記念したスペシャルプログラムだ。14時台には、現在「当たりすぎる」と話題の占い師・しいたけ.が登場。

この番組をラジコで聴く



■「しいたけ占い」で話題の人気占い師・しいたけ.

しいたけ.は『VOGUE GIRL』のウェブサイトで毎週連載している「しいたけ占い」が話題の占い師。12星座別にその週の運勢をオーラカラーと共に診断する方法で、若い世代を中心に人気を得ている。

オーラカラーと占星術を組み合わせた独特の占い法について、しいたけ.が意識していることを伺った。

しいたけ. :自分の中で大事にしているのは、星の動きをそのまま説明するんじゃなくて、小説を書くように......。星座によって、たとえば「ピンチ」って出たときに反応の仕方が分かれることがけっこうあって、獅子座だと「おもしれーぶっ潰してやるよ!」みたいになるんですよ。逆に魚座だと「何が起きてるかよくわかんないけどおもしろそう」みたいな。そういう違う反応をする12個として、ちゃんと分けて書くようにはしてますね。

■2019年は特殊な年だった! 2020年は...

そんなしいたけ.が、残りわずかとなった2019年は占星術的にどのような年だったのかを分析した。

しいたけ. :今年はとくに"仕切り直し"っていうのがキーワードかなと思っていて、かなり2019年は特殊な1年だったんです。令和になったり、来年にはオリンピックが控えたりと、皆さんが自分のこれまでのことを振り返ったときに、強制的に「自分の立場とか役割、やっていきたいことを変えていかなくてはいけない」みたいになっていったからとにかく慌ただしくて......。

例年より節目が多く、多くの人が自分自身のことを考えながら慌ただしく過ごし、流れが早すぎたという2019年。来年、オリンピックを控えた2020年はどうなっていくのか?

しいたけ. :日本って海外からの影響を強く受ける国民性だと思っていて。何年か前に僕がハワイに行ったときに、ハワイの歩いているおじさんにすごく癒されたんです。好きな格好をして、好きなときに歌って踊っちゃうみたいな、そういう外国の人に出会ったときに「もっと自由でいいんだ」って思える、それを実感するもうひとつの流れとしては、オタク化が進むと思います。それは、今年がとくに激動の年だったから、「自分の枠をちゃんと狭めたい」っていう人が多くなってくるので。自分の関わることには責任持つけど、それ以外の大きな動きにはノータッチみたいな、そういう自分を守るみたいな方向が強くなるのかなと思います。

しいたけ.は、そのあとも12星座それぞれの2020年の運勢を解説した。「当たりすぎる」と話題の占い師による直接解説は必聴! ぜひ、メモの用意をしてタイムフリーでじっくりと聴いてほしい。

【しいたけ.が語る運勢をradikoで聴く】

音源の再生はradikoで2019年11月11日28時59分まで。

牡羊座(おひつじ座)の運勢を聴く
牡牛座(おうし座)の運勢を聴く
双子座(ふたご座)の運勢を聴く
蟹座(かに座)の運勢を聴く
獅子座(しし座)の運勢を聴く
乙女座(おとめ座)の運勢を聴く
天秤座(てんびん座)の運勢を聴く
蠍座(さそり座)の運勢を聴く
射手座(いて座)の運勢を聴く
山羊座(やぎ座)の運勢を聴く
水瓶座(みずがめ座)の運勢を聴く
魚座(うお座)の運勢を聴く

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL POWER OF WOMEN VOGUE JAPAN 20th ANNIVERSARY EDITION』
放送日時:11月4日(月・祝)9時-17時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/holiday/20191104/

タグ

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ