小西 遼、リモートで音楽制作する「TELE-PLAY」始動。J-WAVE夏のキャンペーンソングとしてオンエア中

J-WAVEは夏のキャンペーン「MY NORMAL NEW SUMMER」を、8月30日(日)まで実施中。「新しい生活様式」「ニューノーマルな暮らし」と言われるけれど、自分にとってはどういうものなのか? 外出を控えなければならない状況でも、夏をあきらめず、一人ひとりMY NORMALをみつけてほしいという気持ちを込めて、自分らしい生き方や働き方、ライフスタイルやエンターテインメントなどを、番組を通して提案する。

【キャンペーン公式ページはこちら】

「MY NORMAL NEW SUMMER」のキャンペーンソングである『あいにいきたい(feat. BASI, Chara, SIRUP, TENDRE and Ryo Konishi)』は、リモートコラボで音楽制作をおこなうプロジェクト「TELE-PLAY」が制作した。CRCK/LCKSのリーダーで、サックスプレイヤー・作編曲家の小西 遼が率いるプロジェクトだ。

小西は7月27日(月)、J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)に出演。「TELE-PLAY」が生まれた経緯を語り、プロジェクト第1弾の楽曲を紹介した。

「TELE-PLAY」は緊急事態宣言が出た夜に生まれた企画

小西はバークリー音楽院を主席で卒業。帰国後は、表現集団「象眠舎」を主宰し、バンドのCRCK/LCKSとしても活動している。CharaやTENDREといったアーティストのサポートやコラボをするなかで、新たに企画したのが「TELE-PLAY」だ。

クリス:「TELE-PLAY」の第1弾楽曲である『あいにいきたい(feat. BASI, Chara, SIRUP, TENDRE and Ryo Konishi)』は、6月30日に配信リリースされましたね。東京で緊急事態宣言が出た夜に思いついた企画だと伺いました。
小西:そうですね。緊急事態宣言が出されたことで、自身のなかで納得していなかったことや抱えていた感情が爆発してしまったんです。「とにかく動かないと、どうにもならないな」と感じたので思いついたことを一晩で書きだしました。そうして「TELE-PLAY」の草案が生まれました。
クリス:「TELE-PLAY」ではCharaさんやSIRUPさん、TENDREさんといったアーティストが総勢16組参加されていますね。もともと、たくさんの人と共同作業をすることを想定されていたのでしょうか?
小西:だんだんと増えていって、今に至っています。こんなときだからこそ、みんなと何かを作りたいと思ってプロジェクトを進めました。「こんなことを考えているんだけど、どうかな?」と声をかけていくところからスタートしましたね。
クリス:今の時代だからこそ、思っていることを会わなくても伝えられるのはプラスですよね。
小西:そうですね。SNSやLINEなどが普及しているので、昔よりも遥かに連絡が取りやすい状況だと思います。
クリス:参加メンバーは、もともと繋がりがある方なのでしょうか?
小西:はい。第1弾のメンバーについては、僕がお世話になった方たちに声をかけました。

リモートでの楽曲制作は「思ったよりもできる」

続けて小西は、『あいにいきたい(feat. BASI, Chara, SIRUP, TENDRE and Ryo Konishi)』の制作秘話を語った。



クリス:メンバーが決まって、まずは何からスタートしようと思ったのでしょうか。 曲のタイトル? それとも曲の制作?
小西:「みんなで曲を作ろう!」でした。僕の作った曲にみんなが参加するっていうのは、ソロプロジェクトみたいで「なんか違うな」って思ったんですよね。離れた状態でどうやったらいい曲を作れるだろうかということをみんなで決めて、そこからは手探りで進めていきました。
クリス:これまで、みんなで音を出して曲作りを進めていくっていう環境があったわけですが、今回はそれができないじゃないですか。リモートでの制作期間は、どんなことを感じましたか?
小西:直接会って話せないので、どうしてもタイムラグを感じましたね。対面だと「こんな感じでお願いします」というのが、表情を見て伝わることってあるじゃないですか。そういうのって、対面ならではのコミュニケーションだと思うんですよ。一方で、やることが決まっているとリモートのほうがスムーズに進行する場面もありましたね。
クリス:なるほど。きっと、「こういう状況だからこそ、何か面白いものを作ろうよ」という、結束力もあるんでしょうね。
小西:そうですね。「困った」と感じることよりも、「思ったよりもできる」と感じることのほうが多かったですね。
クリス:どうしようもない状況だなと思っていても、意外とやれることってあったりしますよね。

外出自粛を余儀なくされた緊急事態に生まれた楽曲『あいにいきたい(feat. BASI, Chara, SIRUP, TENDRE and Ryo Konishi)』。配信や、J-WAVEのオンエアでチェックしてほしい。「TELE-PLAY」の今後の活動については、公式サイトまで。

タグ

マスクで疲れた顔を「ハリウッド式笑顔術」でリフレッシュ!

笑顔トレーナーの川野恵子が、『口角トレーニング』と『ハリウッド式笑顔術』を紹介した。

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」では、自宅で簡単にできるストレッチを特集するなかで、一般社団法人「笑顔トレーナー協会」代表理事の川野恵子氏が、『マスクで疲れた顔の表情筋をリフレッシュ!』と題して『口角トレーニング』と『ハリウッド式笑顔術』を紹介した。

「笑顔トレーニングとは、顔の表情筋のなかでも、特に『笑顔』に必要な筋肉を鍛える顔の体操のことです。『マスクを外した後』も、ハリウッド女優のような笑顔を手に入れましょう!

マスクをしていることで、口周りの筋肉が緩んでいる方もいるのでは? 口角は上に上げることを意識しないと、重力とともに下がりやすくなってしまいます。口の周りの筋肉、口輪筋を縮めて伸ばすトレーニングをしましょう」

 

【口角トレーニング】

「まず、口をオーバーに動かしながら、日本語の母音『あ』『い』『う』『え』『お』とゆっくり動かします。そのなかで唇を縮める動きの『う』と、唇を伸ばす動きの『い』を繰り返すトレーニング。

ポイントは『い』の形!『い』のときに、上の歯が8本見えるよう口角をあげます。上唇が前の歯に覆いかぶさっている人が多いので注意!

また、このとき下の歯は見えないよう、上の歯が下の唇に軽く乗るようにします。左右の口角の高さが同じになるように、鏡を見て確認しながらやってみましょう。

これを1日1~2分、トレーニングしましょう」

【ハリウッド式笑顔術】

「『ハリウッド式笑顔術』のポイントは3つ!

(1)口元は上の歯が8本見える形。『う』と『い』のトレーニングで口角が上がりやすくなっています。

(2)口角を上げると頬が自然と上がり、頬骨あたりが丸く盛り上がります。

(3)目元はリラックス。三日月のような優しい目元になれば、ハリウッド女優のような素敵な笑顔の完成です!

日々の表情が10年後の顔をデザインします。未来のあなたの素敵な笑顔のためにも、表情のトレーニングをやってみましょう!」

(ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」5月14日放送分より)

Facebook

ページトップへ