子連れで外出中、見知らぬ通行人から悪口を言われる…どう対処すればいい? 悩む相談者に“先輩ママ”からのアドバイス続々

フリーアナウンサーの住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイドラジオ番組「Blue Ocean」(毎週月曜~金曜 9:00~11:00)。毎週金曜日に放送しているコーナー「沢井製薬 presents Blue Ocean オトナのなんでも相談室」では、リスナーから届いたお悩みを、Blue Oceanリスナーのみんなで考えていきます。
4月12日(金)の放送は、「親子連れへの小言」に関する相談を紹介しました。


※写真はイメージです



<リスナーの相談>
私は、3歳になったばかりの娘がいる一児の母です。娘を連れて外出していると、私だけのときに限って見知らぬ通行人によく小言を言われます。夫や友人といるときは、まず言われることはありません。

例えば、寒くない日なのに「子どもが寒そうでかわいそう」と言われたり、「お菓子を食べさせて悪い親だ」と言われたり、あげたらキリがなく本当につらい日々です。

髪色を明るくしたりサングラスをかけたり、そういうことを言われにくい雰囲気作りも工夫しているのですが、あまり効果を感じません。また、小言を言われるような育児ではなく、かなり真面目に母親業をやっています。どうすれば、すれ違いざまの小言攻撃を減らせますでしょうか。(東京都 30代前半 女性 会社員)



この相談にパーソナリティの住吉は「(いろいろ言ってくる人は)弱い人に自分のイライラを吐き出しているんだと感じてしまいます。『えーっ!?』って感じです」と驚きの声をあげます。また、ドラマ「不適切にもほどがある!」(TBS系ドラマ)の「寛容になりましょう」「大目に見ましょう」と歌って踊るシーンを取り上げ、「(社会全体が)そうなってほしいんだけど、今は本当にイライラしている方が多いのかしら」と嘆きます。

そもそも、迷惑行為などへの指摘ではなく、言いがかりに近い内容の小言について「そのときどういう状況かわからないなかで、小言を言うものじゃないですよね」と寄り添い、アドバイスを呼びかけました。


パーソナリティの住吉美紀



――今回の相談に対して、番組にはリスナーからたくさんのアドバイスが届きました。この記事では、その一部のメッセージを紹介します。

◆苛立ちをぶつけたいだけの人がいる
子どもといるときに小言を言われる……私も同じような経験があるので、お気持ち良くわかります。落ち込みますよね。「きちんと子育てできていないのではないか」と思うこともあります。

ですがある日、「この人たちって、実はそもそも子どもの心配をしていないのでは……」と思うことがありました。以前、見知らぬ人に怒鳴られたことがあります。でもその人、子どもを一切見ていなかったんです。私だけを見て、怒りをこちらにぶつけてきました。それを見て、ただただ自分の価値観に合わない人に対して、子どもを理由に鬱憤を晴らしているだけなのではないかと思いました。子どものためであれば、もっと別なアプローチがあるはずです。

そう考えたら、その人たちに自分の子育てを否定される筋合いはないと思えるようになり、そこからはもう何を言われても気にしなくなりました。子どもやお母さんのことを考えて言う人とそうでない人は、はっきりと違います。後者は雑音でしかないので、耳から耳へ流してしまいましょう。(東京都 40代後半 女性 会社員)

◆悲しい出来事は家族と共有
うちの息子が0歳のとき、靴下を履かせてもすぐ脱いで投げ捨てる遊びにハマっていました。ある日の帰り道「もうすぐ自宅に着くから、もういいか」と(ベビーカーに乗せて)外を歩いていたところ、「子どもに靴下を履かせないで何やってんの!?」といきなり怒鳴られたことがあります。

こちらの事情を何も考えず、一瞬の状況を見ていろいろ言われるのは本当につらいですよね。言葉は悪いですが、想像力のない人、相手を慮ることができない人の言葉はスルーでいいんです!

もし外で何か言われたら、家に帰ってから家族に「こんなことがあって嫌だった」と聞いてもらいましょう。おいしいお菓子を食べて、頑張っている自分を労いましょう。あなたは1人じゃありません。同じママとして応援しています! お互い頑張りましょうね。(神奈川県 30代後半 女性 専業主婦)

◆心ない言葉はスルーしよう
2歳と7歳の母です。いてもたってもいられず、投稿します。お気持ち、すごくよくわかります。

他人に対して一言いいたい人……あれは、風物詩なんだと思うんです。私は「ありがとうございます!」と言ってサラッと通り過ぎ去るようにしていますが、まぁウザいですよね(笑)。

イライラがピークのときは、最高の笑顔で「昔はそうらしいですよね。参考になります。ありがとうございます。では!」と嫌味を込めつつ、その場を去ります。共に頑張りましょう。(東京都 40代前半 女性 会社員)

----------------------------------------------------
4月12日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年4月20日(土) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月曜~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/
Blue Ocean
放送局:TOKYO FM
放送日時:2024年4月12日 金曜日 9時00分~11時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

伊藤美来、高橋李依 アニメ『夜のクラゲは泳げない』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
6月15日はゲストに伊藤美来さん、高橋李依さんをお迎えして、TV『夜のクラゲは泳げない』特集をお送りしました。

伊藤さん演じる「光月まひる」は、どんなキャラクターなのでしょうか?「海月ヨルとしてイラストレーターで活動している子なんですけど、輝きたいな、変わりたいなって思っている。そんな時に李依ちゃん演じる花音ちゃんに出会って、JELEEのイラスト担当になるんです。私はお絵描き、凄く不得意です…(伊藤)」

高橋さん演じる「山ノ内花音」は、どんなキャラクターかというと「ちょっとした事件を起こしてしまって、アイドル辞めちゃうんです。そんな自分でも表現したいことがあるからとJELEEという匿名アーティスト活動を始めた人間で。自分の大好きな絵を描いてくれるヨル先生にお願いしたいとタッグを組み始めたところから物語が始まるんです(高橋)」

“それぞれキャラクターと似てると思うところは?”と聞いてみたところ「私、美来ちゃんのツッコミの仕方がめちゃくちゃ“まひる”だなって思ってて(高橋)」「確かに絶妙なテンションで突っ込む。なんか静か過ぎず、張り過ぎず。私のツッコミが“まひる”にだいぶ出てるかもしれない。オーディションで“まひる”のイラストと内容を見て、“私かも”と思っちゃうくらい。この子だと思いました(伊藤)」

アフレコ現場の雰囲気はどうだったのでしょうか?「こういうふうに演じたいなという思いを汲み取ってくれる現場です。どこのシーンも生きてきたなという感じ(高橋)」「それぞれの生き様がそこにある感じがしましたね(伊藤)」「富田美憂ちゃん演じる渡瀬キウイ、そして島袋美由利ちゃんが演じる高梨・キム・アヌーク・めい。JELEEのメンバー4人は基本的に一緒でした(高橋)」

そんな匿名アーティスト・JELEEのミニアルバム『JELEE BOX』が6月26日に発売されます。40mPさんが作詞、作曲、編曲を担当。「作中でJELEEちゃんが書いたというお話になっているので、40mPさんもJELEEちゃんになって書いているんです。私もJELEEちゃんが選んだ言葉、伝えたい言葉を、咀嚼してからじゃないと歌えない、なんか頂いた歌詞というのではなくて、セリフの延長線上で歌わせてもらってるなって感覚もありました。40mPさんが機材や環境、状況を作中のみんなにリンクさせながらベストな形を目指して、彼女たちの機材だったらどうするって考えてくれたんです(高橋)」

楽曲に対する印象も伺いました。「40mPさんが作詞、作曲、編曲、全部やってくれているので、理解度が追いつかない自分が悔しくて…花音なのに!(高橋)」「JELEEの良さっていうのは、お話ありきの楽曲なんです。だからミュージックビデオもみんながそれぞれ努力して成長した過程が映っていたりするし、花音の思いとかも話を見ないと分からない。リンクが素晴らしいなっていつも思ってます(伊藤)」

終始仲良さそうに、楽しそうに話してくれた伊藤美来さんと高橋李依さん。「夜のクラゲは泳げない」はお二人にとってどんな作品になったのでしょうか?
「この時代に届けたい思いがたくさん詰まってる作品になっております。見て頂いた人に絶対に刺さるセリフあると思いますので、ぜひ届いたらいいなと思っております(伊藤)」「自分の中の大好きを1個増やしてくれてありがとうの気持ち。ヨルクラ大好きになれて良かった!(高橋)」

Facebook

ページトップへ