音楽のルーツは?「the chef cooks me」下村亮介の新番組がスタート!

Just a Feeling supported by only in dreams ©InterFM897

感覚と感性、そして素敵な音楽との出会いをあなたに♪ InterFM897が土曜深夜に送る1時間の音楽プログラム『Just a Feeling supported by only in dreams』。9月7日の初回は、シモリョーこと、番組DJ下村亮介のルーツをテーマにお送りしました。

the chef cooks me下村亮介、レギュラー番組がスタート!

下村亮介(以下、下村): 今日から始まりました、新番組『Just a Feeling』。これを聴いていただいてる方、おまえは誰だよと思っている方もいると思うので(笑)、ちょっと紹介させていただきます。私は「the chef cooks me」というバンドで2003年から活動しておりまして、その他では、ASIAN KUNG-FU GENERATION、Gotch(後藤正文)、チャットモンチーなどなど色々なアーティストさんのサポートをさせていただいてます。主にキーボードとかタンバリン、コーラスなどでにぎやかしてます。私はミュージックラバーでしてラジオを聴くのも好きなんですけど、この番組では、皆さんが素敵な音楽と出会えるような1時間になったらいいなと思っています。

ーーまずは、こんな挨拶で始まった『Just a Feeling』。この日は、下村亮介のルーツともいえるバンドやアーティスを紹介しました。

下村亮介 ©InterFM897

ハイスタは神様みたいな存在、カバーも超名曲だらけ!

下村:そもそも音楽を聴くようになったのは家族の影響が大きくて。車の中で当時かかっていたのは、Simon & GarfunkelとかThe Beatles、Eric Clapton。父親がフルートを吹いていたのでジャズやブラジルの音楽を聴いていたり。サザン(オールスターズ)やユーミン(松任谷由実)さんがかかってました。最初に買ったのは確かカセットテープで、「光GENJIスーパーベスト」。これを相当愛聴しましたね。最近では、この人たちにしかできないなってものが耳に引っかかってきますね。でも聴いていて気持ちよければ何でもいいかなって、年のせいか(笑)。

ルーツとして紹介したいのは、Bone Thugs-N-Harmony。現在も住んでいる大田区の姉妹都市がマサチューセッツ州のセイラムという場所で、中学2年のときに2週間交換留学させてもらったことがあったんです。そこのホストファミリーの兄弟がすごく仲良くしてくれて、アメリカの音楽をテープとかCDでくれたんですね。その中に入ってたのがBone Thugs-N-Harmonyの「CROSS ROAD」。当時は意味も分かってなかったんですけど、心に響いて。友人のレクイエムなんですよね。その悲しさや切なさが皆さんにも伝わるかと思います。

そしてもう一つ、僕のルーツといえばHi-Standard。ハイスタは、僕にとっては外せない神様みたいな存在です。ハイスタを聴くようになったきっかけは、確か中3か高校に進学するくらいのタイミングで。高校生で軽音部のような部活に所属して、その時先輩が3人でハイスタのカバーをやっていて、それがものすごくかっこよくて。生音でそんな近くでバンドを見たのも初めてだったので。そこから家の近くの小さいCD屋さんに行ってハイスタを探したんですけどもちろんなくって……。DISC UNION(東京の音楽ショップ)に到達して買ったのを、今でも思い出として覚えています。全て英詞だったんですけど対訳とかを見るとものすごいエナジーがこもった歌詞で、でもメロディは分かりやすくて速くてかっこいい。自分たちでレーベルを立ち上げてリリースしていたし、合わせていち早く海外のツアーも行っていて。あとカバーセンスが絶妙にいい。有名曲もマイナーな謎な曲も、全部ハイスタ節になっていて、超名曲として消化してるんです。THE WHOの「The Kids Are Alright」という曲のカバーも素晴らしいので、ぜひ聴いてみてください。

ーーMusic Selectionのコーナーでは、only in dreamsの仲間、Nick MoonとASIAN KUNG-FU GENERATION、後藤正文さんも登場。次回からも登場して素敵な曲をセレクトしてくれます。どうぞお楽しみに。

Just a Feeling supported by only in dreams
放送局:InterFM897
放送日時:毎週土曜 23時00分~24時00分
出演者:下村亮介 (the chef cooks me)
番組ホームページ

メール: tccm@interfm.jp
ハッシュタグ: #シモラジ

※該当回の聴取期間は終了しました。

orono x 小田部仁「人生は多分、一瞬の『最高』を追いかけるだけ」

写真左から小田部仁、orono ©InterFM897

多国籍ポップカルチャー・ジャンキー集団、Superorganismの日本人ボーカルoronoが、毎週火曜日よるのInterFM897でDJを務める『Oh Wow, Very Cool!』。9月12日の放送は、ゲストにライターの小田部仁さんを迎えてお送りしました。

Facebook

ページトップへ