リーガルリリー、コンビニで流れている曲は「自分が行くと流れない!」

Ready Steady George!! ©InterFM897

ジョージ&シャウラがInterFM897でお届けする3時間、『Ready Steady George!!』。2月10日は、注目のガールズ・スリーピースバンド、リーガルリリーから、Vo. Gt.のたかはしほのかとBa.の海が登場。

不安の方が大きいけど、徐々に自信に繋げていきたい

George Williams(以下、George):注目されてますね?自分たちでも感じてる?

たかはしほのか(以下、たかはし):色んなところで自分を見かけます。ファミリーマートとかで。

Shaula:そういう時ってセルフィー撮るよね。

たかはし:撮るの忘れてた!今度撮ろう。

George:コンビニで流れるって相当知名度が上がってると思うんですけど。

海:周りの人が「流れてるよ!」って言ってくれるんですけど、自分が行くと流れてなくて。

George:理想はコンビニのどのコーナーで流れてて欲しいですか?

たかはし:お酒コーナーで聴いて、おおって言いながらお酒を選んでおうちで浸りたい!

Shaula:レジで、今流れてる曲私のなんですよって言ったり。

たかはし:言ってみたい!でも大体そういう時ってパジャマだったりスッピンだったりするから言えないよね。

George:先週1stアルバムリリースされましたね。どんなアルバムになりました?

たかはし:初めてのフルアルバムなので、一曲一曲全く違うバンドのような曲にしてみたら私自身も飽きずに聴けるかなと思って、そういうイメージで作りました。

George:この1stフルアルバムで自分も飽きないようにいろんなスタイルの曲をやって。でも制作期間が短いって聞いたんですけど。

たかはし:3ヶ月ぐらいで作りました。

George:どうでした?

海:だからこそ前作った曲をちゃんと覚えてて、より違う曲にできたかなと。あとは無意識に全部の曲に共通点があるというか。通して聞いても違う曲なのに同じアルバムなんだなってわかるようになりました。

George:どういうところで?

海:歌詞の物語性とかかな。

たかはし:同じこと考えてる人が違う物語を作っているんだなっていうのがわかるかもしれないです。

George:3ヶ月の製作期間はプレッシャーには感じなかった?

たかはし:もうやるしかない気持ちで。集中しました。

George:曲が次から次に出てくるんですね。

たかはし:そうですね。普段から「こういう曲つくりたい」って毎日思ってます。

George:この番組でも「1997」よくオンエアしているんですけど、これは生まれた年?

たかはし:そうです。自分の生まれた時って覚えてないじゃないですか。でも一番書く、見覚えのある数字なので音楽にしてみようかなって思って。

George:そうだね。確かに生まれた年聞かれるよね。「1997」のMVも誕生日のライブ映像だったり幼い頃の映像も使ってるんですよね。どういう気持ちでMVを見ました?

たかはし:子供の時の動画がギターソロの時に流れて、そこで涙が出ます。

海:うちのお母さんと一緒に見たんですけど、お母さんがまさかこうなると思ってないから、昔の私と今の私を見るのでそれで泣いちゃって。だから生まれたことを実感できるMVですね。

George:親の気持ちも入ってる動画が、まさか20年後にMVに使われるなんてね。

たかはし:何を使われるか分からなかったから、ビデオだけ提出して。

海:自分たちでも確認できないまま渡したので。

George:最近聴いてる曲を教えてもらいたいんですが、まずは、たかはしさん。

たかはし:去年フジロックに行ったんですけど、Death Cab for Cutieを見るときに土砂降りすぎて。その前のAmerican Footballを見てもう帰らざるを得なくなって悔しすぎて。去年1年間ずっとDeath Cab聴いてて。

Shaula:フジの土砂降りは大変よ。前にラムのグリルがどうしても食べたくて、土砂降りの中行って持ってるビールが飲んでも飲んでも減らなくて(笑)。

George:次は海さんが選んだ曲で、Grouplove。どうしてですか?

海:初めてジャケットでCDを買ったのがGrouploveで。その中で一番好きな曲ですね。

George:ジャケ買いして音にはどう感じました?

海:ジャケットのセンスが合う人は曲の趣味も合うみたいで。良かったなって思いました。

George::でもずっとジャケ買いしてると、え!?こりゃないよ!ってなることありますよ。この音のどういうところに惹かれますか?

海:ギターのポロポロしてるところとか、サビの声質が好きで、元気が出ます。

George:リーガルリリーは去年末から先週までプレイリストを公開してましたよね。これはUSインディーからオルタナ・シューゲイザー、邦楽などいろんなジャンルまとめてて。本当にいろんな音楽を聴いて育ったんですね。もともと洋楽聴いてた?

たかはし:もともと洋楽で。中学生ぐらいに周りが邦楽を聴いてて、それから聴くようになりました。最近は、両方聴いてます。

George:ジャンルはいらないよね。好きなものは好き。来月からリリースツアースタートしますよね。4月4日のマイナビBLITZ赤坂は、今までで一番大きい会場じゃないですか。どんな気持ちですか?

たかはし:不安の方が大きいけれど徐々に自信に繋げていきたいですね。

海:ちゃんと準備して向かって行こうかなって思います。

George:今年はツアーの後どういうことを考えてる?

たかはし:曲作りをたくさんしたいです。

George:もうしてる?

たかはし:してます。

George:次のアルバムはどういう感じになりそう?

たかはし:いろんなジャンルを入れたいですね。一回は電子音楽とか興味はあるんですけど。

George:楽しみだね。最後に「狐の嫁入り」って曲を聴きたいんですけど、これってどういう曲ですか?

たかはし:この曲は私が絵本を作るように作った曲です。私は絵が書けないので、自分の中で想像しても絵を音楽にすることしかできなくて。そういう風にした曲です。

George:なるほど。今日はありがとうございました!

Ready Steady George!!
放送局:InterFM897
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~16時00分
出演者:George Williams、 Shaula
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※該当回の聴取期間は終了しました。

賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ