リーガルリリー、コンビニで流れている曲は「自分が行くと流れない!」

Ready Steady George!! ©InterFM897

ジョージ&シャウラがInterFM897でお届けする3時間、『Ready Steady George!!』。2月10日は、注目のガールズ・スリーピースバンド、リーガルリリーから、Vo. Gt.のたかはしほのかとBa.の海が登場。

不安の方が大きいけど、徐々に自信に繋げていきたい

George Williams(以下、George):注目されてますね?自分たちでも感じてる?

たかはしほのか(以下、たかはし):色んなところで自分を見かけます。ファミリーマートとかで。

Shaula:そういう時ってセルフィー撮るよね。

たかはし:撮るの忘れてた!今度撮ろう。

George:コンビニで流れるって相当知名度が上がってると思うんですけど。

海:周りの人が「流れてるよ!」って言ってくれるんですけど、自分が行くと流れてなくて。

George:理想はコンビニのどのコーナーで流れてて欲しいですか?

たかはし:お酒コーナーで聴いて、おおって言いながらお酒を選んでおうちで浸りたい!

Shaula:レジで、今流れてる曲私のなんですよって言ったり。

たかはし:言ってみたい!でも大体そういう時ってパジャマだったりスッピンだったりするから言えないよね。

George:先週1stアルバムリリースされましたね。どんなアルバムになりました?

たかはし:初めてのフルアルバムなので、一曲一曲全く違うバンドのような曲にしてみたら私自身も飽きずに聴けるかなと思って、そういうイメージで作りました。

George:この1stフルアルバムで自分も飽きないようにいろんなスタイルの曲をやって。でも制作期間が短いって聞いたんですけど。

たかはし:3ヶ月ぐらいで作りました。

George:どうでした?

海:だからこそ前作った曲をちゃんと覚えてて、より違う曲にできたかなと。あとは無意識に全部の曲に共通点があるというか。通して聞いても違う曲なのに同じアルバムなんだなってわかるようになりました。

George:どういうところで?

海:歌詞の物語性とかかな。

たかはし:同じこと考えてる人が違う物語を作っているんだなっていうのがわかるかもしれないです。

George:3ヶ月の製作期間はプレッシャーには感じなかった?

たかはし:もうやるしかない気持ちで。集中しました。

George:曲が次から次に出てくるんですね。

たかはし:そうですね。普段から「こういう曲つくりたい」って毎日思ってます。

George:この番組でも「1997」よくオンエアしているんですけど、これは生まれた年?

たかはし:そうです。自分の生まれた時って覚えてないじゃないですか。でも一番書く、見覚えのある数字なので音楽にしてみようかなって思って。

George:そうだね。確かに生まれた年聞かれるよね。「1997」のMVも誕生日のライブ映像だったり幼い頃の映像も使ってるんですよね。どういう気持ちでMVを見ました?

たかはし:子供の時の動画がギターソロの時に流れて、そこで涙が出ます。

海:うちのお母さんと一緒に見たんですけど、お母さんがまさかこうなると思ってないから、昔の私と今の私を見るのでそれで泣いちゃって。だから生まれたことを実感できるMVですね。

George:親の気持ちも入ってる動画が、まさか20年後にMVに使われるなんてね。

たかはし:何を使われるか分からなかったから、ビデオだけ提出して。

海:自分たちでも確認できないまま渡したので。

George:最近聴いてる曲を教えてもらいたいんですが、まずは、たかはしさん。

たかはし:去年フジロックに行ったんですけど、Death Cab for Cutieを見るときに土砂降りすぎて。その前のAmerican Footballを見てもう帰らざるを得なくなって悔しすぎて。去年1年間ずっとDeath Cab聴いてて。

Shaula:フジの土砂降りは大変よ。前にラムのグリルがどうしても食べたくて、土砂降りの中行って持ってるビールが飲んでも飲んでも減らなくて(笑)。

George:次は海さんが選んだ曲で、Grouplove。どうしてですか?

海:初めてジャケットでCDを買ったのがGrouploveで。その中で一番好きな曲ですね。

George:ジャケ買いして音にはどう感じました?

海:ジャケットのセンスが合う人は曲の趣味も合うみたいで。良かったなって思いました。

George::でもずっとジャケ買いしてると、え!?こりゃないよ!ってなることありますよ。この音のどういうところに惹かれますか?

海:ギターのポロポロしてるところとか、サビの声質が好きで、元気が出ます。

George:リーガルリリーは去年末から先週までプレイリストを公開してましたよね。これはUSインディーからオルタナ・シューゲイザー、邦楽などいろんなジャンルまとめてて。本当にいろんな音楽を聴いて育ったんですね。もともと洋楽聴いてた?

たかはし:もともと洋楽で。中学生ぐらいに周りが邦楽を聴いてて、それから聴くようになりました。最近は、両方聴いてます。

George:ジャンルはいらないよね。好きなものは好き。来月からリリースツアースタートしますよね。4月4日のマイナビBLITZ赤坂は、今までで一番大きい会場じゃないですか。どんな気持ちですか?

たかはし:不安の方が大きいけれど徐々に自信に繋げていきたいですね。

海:ちゃんと準備して向かって行こうかなって思います。

George:今年はツアーの後どういうことを考えてる?

たかはし:曲作りをたくさんしたいです。

George:もうしてる?

たかはし:してます。

George:次のアルバムはどういう感じになりそう?

たかはし:いろんなジャンルを入れたいですね。一回は電子音楽とか興味はあるんですけど。

George:楽しみだね。最後に「狐の嫁入り」って曲を聴きたいんですけど、これってどういう曲ですか?

たかはし:この曲は私が絵本を作るように作った曲です。私は絵が書けないので、自分の中で想像しても絵を音楽にすることしかできなくて。そういう風にした曲です。

George:なるほど。今日はありがとうございました!

Ready Steady George!!
放送局:InterFM897
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~16時00分
出演者:George Williams、 Shaula
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※該当回の聴取期間は終了しました。

三四郎・小宮、優しい気遣いが災難に ストレスフルな一日を語る

2月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。先日、小宮が恵比寿の一本道を歩いていたところ、後ろで車のクラクションが激しく鳴った為、心配で様子を見に行ったが、そこで災難にあったと語った。

小宮:見に行ったら、車が3台並んでいたの。一本道で。一番前が全然進まない様子だったの。

相田:うん。

小宮:進まないから、一番後ろの運転手がしびれを切らして、“プープープー!”って。『何やってんだ!? 邪魔だよ!』みたいな。

相田:まあ、それは仕方ないか。通り抜けできないからね。

小宮:そうそうそう。後ろの人はわからないからね、前の様子を。『何やってんだ、一番前の人は!?』と思って。僕、気になったから、一番前の車の所に行ったの。倒れていたりしたらヤバいじゃん?

相田:確かに。

小宮:一番前に行ったら、一台目の車の中に運転手さんがいなかったの。どこかへ行ってたいんでしょうね。コンビニなのかわからないけど。

相田:止めているんだね。

小宮:そう、車を止めて『どういうつもり!? これ、絶対に通れないからヤバいよ』と思って。2台目の人もちょっと困っている感じになって。

相田:はいはいはい。

小宮:で、一番後ろの人が降りて来て。色黒で、オールバックでサングラスをかけて。僕と同じ歳ぐらいかな。スーツをビシッと着て、ちょっとヤンチャそうな感じで。

相田:なるほど。

小宮:そのスーツを着た人が、一番前の車を覗きに行って『何やってんだ! 邪魔だ!』みたいな。『邪魔だ、邪魔だ! あ!? 運転手、いないのかよ! どこだよ、運転手! どうなってるの?早く行かなきゃいけないのに、これじゃ通れないよ!』みたいな。(僕が)『え!?』って言ったら、『お前、運転手?』ってなって、目も合っちゃって。

相田:うんうんうん。

小宮:『お前、運転手か?』って。『いやいや、僕は運転手じゃないですよ』、『じゃあ、なんで見てんだよ!』、『いや、僕は違うんですよ』、『お前、そうだろ!』って。結構、怖かったから、『僕、免許を持ってないんで』って変なことも言っちゃって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:だって、怖いから。絶対に運転手じゃないアピールをしないといけない。『僕、違うから…』、『じゃあ、どうなってるんだよ! 行けねえんだよ! おかしいだろ!? え!? 三四郎?』みたいになって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:『は!? お前、何? 三四郎?』って。マスクはしてたけど、メガネはかけてないから。『何、これ?』って、あっちも焦って。いきなり芸能人がいるから。『あ!? 何、これ!?三四郎!? 撮影!? 撮影で滞ってるの?』って。

相田:ははははは(笑)。なるほど! そうか!

小宮:撮影の一環で、何かドッキリに引っ掛けられているのかな? みたいな。

相田:モニタリングみたいな。

小宮:そうそう。『いや、撮影じゃないですよ。僕も知らないんですけど、(運転手が)中にいないんで、一瞬探そうかなって思ったんですよ』って言ったら、『マジで!? おかしいよな、これ。困るよな』ってなって。『お前も知らないの?』って聞かれて、『知らないです』って答えたら、『ああ~。じゃあ、とりあえず握手して』って言われて。

相田:ははははは(笑)。

その後、二台目の運転手も含めて会話をしていると、一台目の運転手が戻って来たと振り返る小宮。結局、その一台目の運転手は長電話をしていたが、反省の色が見えなかったと語り、しかも最後にはサインをねだってきた為、「めちゃくちゃストレス溜まった」と怒りを爆発させていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ