味噌汁に「さつまいも」はアリ? ももクロ・玉井と佐々木が論争「汁物に入れないで!」「超おいしい!」

10月11日(日)に放送された、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週日曜22時~22時30分)に、ももいろクローバーZの玉井詩織、佐々木彩夏が出演。リスナーから届いた「味噌汁で好きな具は?」という内容のメールを紹介すると、佐々木がさつまいもの味噌汁が好きだと発言。これに玉井は驚いて「さつまいもを汁物に入れないでほしい!」と訴え、論争が始まった。

ももいろクローバーZ 玉井詩織・佐々木彩夏

玉井:なめこの味噌汁が好き。私、ぬるぬる、ねばねばが大好きだから、納豆の味噌汁も好き。あと、とろろ、もずくを入れるのも好き。

佐々木:ちょっと未知すぎる。私、ねばねば系が好きじゃないからさ。私の家は毎日お味噌汁が出るわけじゃなくて、たまに、具沢山の豚汁とか、粕汁とか、「今日のおかずはお味噌汁です!」って感じで、具がいっぱい入っているの。その中でも、私がママに「いっぱい入れて!」ってお願いしているのが、さつまいも!

玉井:さつまいも?

佐々木:豚汁にも、さつまいもが入っていて。

玉井:えぇ……やだ。

佐々木:えぇ!? なんで!? 超おいしいよ!

玉井:さつまいもを汁物に入れないでほしい!

佐々木:甘いし、ほろほろしてるし……。

玉井:甘いみそ汁というのが、想像がつかない。私はあまりテンションが上がらないかも。

ももいろクローバーZ 佐々木彩夏

佐々木:えー!? 甘くてすっごくおいしいよ! さつまいもとか、カボチャが出てくると「だったらお肉を食べたい」ってなるじゃん? これでお腹いっぱいになるって、なんだかな……みたいな。でも、さつまいものお味噌汁なら、お味噌汁でお腹いっぱいになっても満足できる(笑)

玉井:えー!? 分かんない……。私は、さつまいもといったら焼き芋か、スイートポテト。カボチャは、カボチャスイーツ。

佐々木:カボチャはご飯のお供ではない?

玉井:うん。煮物とかもあまりテンションが上がらなかった。出たら食べるけどね。

佐々木:おいしいのに。あと、さつまいもとか、カボチャの天ぷらもね。

玉井:えー!? 私、栗ご飯とか、甘い食材をご飯に入れるのがイヤなんだよね。お赤飯とかもあまり好きじゃないし。

佐々木:ひぇ〜! 私は、お赤飯大好き。じゃあ、天ぷらだったら何が一番テンション上がるの?

ももいろクローバーZ 玉井詩織

玉井:ナス!

佐々木:あ~、まあ、確かにおいしい。

玉井:「カボチャの代わりに、ナスにしてください」って頼みたい。

佐々木:でも、私もナスの天ぷらは大好きだから、カボチャとナスを交換してあげられないけどね。カボチャもナスも食べたいから(笑)

玉井:えー!? そこは交渉成立じゃないんだ(笑)

さつまいもの味噌汁について、意見が折り合わなかった2人。玉井はさつまいもや栗などは、スイーツとして食べたいと主張。一方で佐々木は、そもそも、“味噌汁は甘いもの”という認識があるのだそうで、他にも、家庭では卵焼きや煮物も甘めの味付けなのだと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

窪塚洋介、長男・愛流の“子育て方針”を明かす「不安になるくらいなら信じたほうがいい」

TOKYO FMで放送の“ラジオのなかのBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。9月16日(水)のお客様は、俳優・窪塚洋介さんと映画監督・堤幸彦さん。ここでは、堤さんが監督をつとめる映画「望み」(10月9日(金)公開)の話題をきっかけに、窪塚さんの長男で、現在はモデルとして活躍する愛流(あいる)さんの話や、堤×窪塚“共作プラン”を語りました。
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)窪塚洋介さん、堤幸彦さん



◆“任せる”=“信じる”こと(窪塚)

堤:映画「望み」(雫井脩介さんの同名ベストセラー小説を映画化したサスペンスドラマ。堤真一さん主演)は、父と息子の話が1つの軸で。もちろん母と息子、妹と両親……いろんな軸がある話です。

あなたも息子を持つ者として、自分には見えない息子さんのいろんなところが、いっぱいあるわけじゃん? そういうのはどう? 不安だったり、イラつきだったり。

窪塚:僕は任せようと思って。

堤:息子の人生に?

窪塚:“任せる”=“信じる”ことなんです。

堤:立派な人だな。干渉しないの?

窪塚:じゃないと俺が潰れちゃうみたいな。

堤:負けちゃうの?

窪塚:不安すぎる。それで、“不安になるくらいなら信じたほうがいいや”と思って。

堤:彼女みたいなものだな。

窪塚:ある意味そうですね。バツイチなんですけどね、俺は(笑)。

堤:それは聞いてないけど(笑)。

窪塚:でも、そういう感じです。

堤:俺は、自分と自分の親父のことしか分からないわけですよ。息子を持つ気持ちというのは全然分からないので。

窪塚:でも親父さんの話をよくされていましたよね?

堤:そう。だから、それは親父との闘いなのか、仲間なのか……いろいろな意味を持っているわけでしょ? 今回の映画「望み」も、ちょっとそういう角度がある。もちろん、それだけではないけど。そのへん、窪塚パパの気持ちというのは?

窪塚:僕を基準にして、映画「望み」を語るのはよくないと思う(笑)。

堤:いや、逆に言うと……息子の名前は何て言ったっけ?

窪塚:愛流です。

堤:愛流くんは、“パパが窪塚洋介”ってどんな気持ちなんだろうな。

窪塚:ちょっとバカなので。偏差値が30台(笑)。

堤:やめてくださいよ。30台だっていいんだよ。俺だってそんなもんだよ。

窪塚:なんですけど、結果、すごく素直に育っているんですよ。

堤:親父がめちゃくちゃだから? そういうことじゃなくて(笑)?

窪塚:いや、そうなんですけど。その土台があるから信じていいかなと思って。ここから先、どんな時代になるか分からないじゃないですか。

堤:そういう意味じゃタフなんだな。

窪塚:そう。どんな時代になっても、自分の人生をちゃんと生きてくれるようにと思って放任主義にしていたら、結果、偏差値が30(笑)。

堤:でも、何でも買い与えちゃったりするわけでしょ?

窪塚:いや、そんなことはないですよ。何ですか? その振り(笑)。

◆この時代に納得できるものを一緒に作りたい(堤)

堤:こんなことを一緒にやりたいとか、こんな作品に出たいとか、逆に、自分で映画を撮りたいとか、そんなことはない?

窪塚:堤さんが企画してやるものだったら俺は参加したいですし、俺がいつか、あわよくば映画を撮れたら……。

堤:撮ったほうがいいよ、君は。

窪塚:でも一朝一夕でできるものじゃないし。

堤:演出協力させてもらいます。

窪塚:いや。そんな助監督は嫌ですよ(笑)。でも、本当にここまでいろんな人に支えてきてもらって。堤さんがいたから、俺はブレイクした。いい意味でブレイクさせてくれた人なんで。

堤:人生には、ステージというものがいろいろありますからね。それを見せてもらった感じはするよね。だからチャンスがあれば、僕らでこの時代に納得できるものを作りたいよね。
過激だとか、メッセージ性があるとか、そういう表面的なのはどうでもいい。腹に抱えているものは、けっこうあるので。70近くなっちゃう監督かもしれないけど、付き合ってよ。

窪塚:いや、777歳まで生きる(笑)!

----------------------------------------------------
▶▶「IWGP」窪塚洋介の“キング”は…堤幸彦監督が語る“新事実”とは?…この続きは「AuDee(オーディー)」でチェック!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

10月19日(月)西野七瀬さん×ハリセンボン近藤春菜さん
10月20日(火)堺雅人さん×東京03
10月21日(水)佐藤健さん×川村元気さん
10月22日(木)中井貴一さん×大根仁さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ