Creepy Nuts、大ブレイクした2020年に「どういう人生なの!?」

12月29日(火)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)がパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週火曜27時~28時30分)が放送。2人が2020年の活躍を振り返った。

2020年、Creepy Nutsは、「イグナッツ!!」(テレビ朝日系)、「有吉の壁」(日本テレビ)などのバラエティ番組に出演。俳優・菅田将暉とのコラボ楽曲の発表、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)への出演、「情熱大陸」(TBS系)でも密着特集があり、R-指定個人では日曜劇場「危険なビーナス」(TBS系)に俳優として出演し、DJ松永も「『任意同行』願えますか?」でMCを務めるなど、テレビへの露出が急増。音楽、バラエティ、ドラマ、そしてラジオと大忙しだった。

R-指定:年末最後の放送ですけれど、今年はいろいろやりましたよ。本当に。

DJ松永:R-指定、2020年、100点満点! お疲れさま!

R-指定:オレ、100点満点? DJ松永、当然100点満点!(笑)

DJ松永:あはははは(笑)

R-指定:非の打ち所がない、ホンマに。

DJ松永:でも、頑張ったなー、今年。

R-指定:頑張りました。去年は全く思ってなかった事しかやってないよ、今年。

DJ松永:音楽でもいろいろ頑張らせてもらって武道館にもちゃんと立てたし、音楽以外の仕事で、Rさんはドラマに出たりとか、考えられない。

R-指定:ドラマに出るとは思わなかったね。

DJ松永:どういう人生なの!? っていう感じ。

R-指定:松永さんなんて、バラエティのレギュラーが決まったり、「秘密のケンミンSHOW極」(日本テレビ系)にも出たり。

DJ松永:すごいよね!

R-指定:いろんな活動をさせてもらいましたよね。

DJ松永:年末には、30日に「プレミアMelodiX!年末スペシャル」(テレビ東京)に出させていただき、大みそかはももクロの「ももいろ歌合戦」(カウントダウンライブ)、さらに、「CDTV ライブ!ライブ!年越しスペシャル 2020→2021」(TBS系)にも出させていただきます。年始は『さんタク』(明石家さんま&木村拓哉の特番・フジテレビ)にも出るからね? 怖いよ! どうなってんのよ?

R-指定:前に、木村拓哉さんと連絡先を交換したんですが、「『さんタク』に呼んでいただいてありがとうございます!」って送ったら、「いや、逆にごめんね。年始に」「いやいや、ありがとうございます。最高の年の始まりです」「そんなことよりメリークリスマス」みたいな。「メリクリ」って木村さんから。そんな世界線ある?(笑)

DJ松永:いや、すごい話ですよね。真面目な話になりますが、ありがたい状況になればなるほどさ、音楽をやってきたからこそ、やらせてもらっているわけだから。他の仕事が増えてるわけだから、気を抜けば、音楽をおろそかにしてしまう可能性が。そういう危険性があるからさ、逆に、なんか身が引き締まるというかさ。マジで曲、作らんとな。

R-指定:まあ、Creepy Nutsとしての曲も水面下で作っているし、なんやかんや言って自分で良かったなと思うのは、ちゃんと去年よりもラップを書いたことかな? ライブする機会は減ったけど、ラップを書いている量が年々多なっていることは、いいことなのかな、と。割とギリギリまでRECがあったりもして。あと、一番、楽しいですよね。やっぱりね。

お互いの活躍を「100点満点!」と評価し、労い合った2人。

本業の音楽も充実できたことから、R-指定が「一番、楽しい」と改めてヒップホップ愛を語ると、DJ松永も「そうだね。ラップ、楽しいよね」としみじみ。来年2021年の目標について、DJ松永は「逃げずに若手の曲を聞く」と宣言。癒しを求めて“懐メロに逃げる癖”があると明かしつつ、若手の楽曲について「めちゃめちゃかっこいい」「ちゃんと(自分たちが若手に)食らいついていかないといけないなと思います」と決意を語った。

radikoのタイムフリーを聴く

初回は「BLACKPINK」特集! 古家正亨が独自の切り口でアーティストを掘り下げる新番組が放送開始!

ラジオDJとして活躍する古家正亨がパーソナリティを担当する新番組『古家正亨 K TRACKS』がきょうからニッポン放送でスタートした。新番組では、毎週1組のアーティストについてリスナーからのリクエスト曲のオンエアはもちろん、アーティストとも親交の深い古家ならでの視点でアーティストを深堀りしていく。記念すべき初回の特集アーティストはBLACKPINK。番組はリスナーからのリクエスト曲「AS IF IT’S YOUR LAST」でスタートした。

古家正亨、ひろたみゆ紀

「古家正亨 K TRACKS」初回9月27日(火)は「BLACKPINK」を特集!

番組では、デビュー以来BLACKPINKをずっと見てきた古家の選曲もオンエア。1曲を選ぶことにかなり悩んだということだが、古家の選曲は「PLAYING WITH FIRE」。その理由について「ラジオDJを25年以上やってくると、イントロを聴いただけでこの曲売れるなぁ、と感じるものがある。その点でいえばこの曲なんてまさにそう。イントロを聴いただけで引き込まれた1曲」と語った。古家はBLACKPINKについて、「(2019年に)アメリカのコーチェラ・フェスに出た時の盛り上がりがすごかった。今世界中を見渡してもBLACKPINKのようなガールズグループはいない。実際のパフォーマンスを見た人たちの心に、すーっと入っていき世界中のファンを獲得することになったのかな」と解説した。

同番組では日本の番組では初となる、K-POPを代表する韓国音楽チャート、サークルチャートのうち、「Global k-pop Chart」のウィークリーシングルランキングトップ10を紹介するコーナーもスタート。世界中の最新データを収集し、K-POPの今を知ることができるこのチャートを古家の解説付きで聴くことができるファンにとっては聴き逃せないコーナーとなっている。チャートインしたIVEから新番組スタートをお祝いするスペシャルコメントも届いた。

番組ではボーイズグループPENTAGONからのメッセージもオンエアしたほか、BLACKPINKが海外アーティストとコラボした楽曲やリスナーからのリクエスト曲を3時間にわたり次々とオンエア。

9月27日 オンエアリスト ※BLACKPINKの楽曲のみ(コラボ曲含む)
1.AS IF IT’S YOUR LAST
2.WHISTLE
3.PLAYING WITH FIRE
4.STAY~JP Ver~
5.Kiss and Make Up/Dua Lipa & BLACKPINK
6.Sour Candy with BLACKPINK/Lady Gaga
7.Bet You Wanna feat.Cardi B/BLACKPINK
8.Shut Down
9.Yeah Yeah Yeah
10.The Happiest Girl
11. Ready For Love
12.Ice Cream feat. Selena Gomez
13.BOOMBAYAH
14.DDU-DU DDU-DU
15.Kill This Love
16.Lovesick Girls

Facebook

ページトップへ