誰でも簡単に貧困に陥る時代だから…聴いてほしい講談「ビッグイシュー物語」

番組を収録する玉田玉秀斎さんと和田麻実子アナウンサー

ホームレスの人たちが路上で売っている雑誌「ビッグイシュー」をご存知ですか? 路上生活者の社会復帰を支援する、この雑誌の取り組みを講談に仕立てた講談師、玉田玉秀斎(ぎょくしゅうさい)さんによる特別番組『あなたの人生、読ませてください!~講談師・玉田玉秀斎が挑む ホームレスの物語~』が29日(水)21時からOBCラジオ大阪で放送されます。現代は失業や病気、離婚といった様々な理由で誰でも簡単に貧困に陥る可能性があるといわれます。そんな時代だからこそ、多くの人に聴いてもらいたい番組です。

■15年間で約1800人のホームレスを支援

玉秀斎さんは大阪市立大学法学部を卒業し、司法試験の勉強をしていましたが、24歳のとき「講談塾生募集」という新聞広告を見て講談と出会い、3カ月後に旭堂小南陵(現・四代目南陵)さんに入門。2016年に「四代目玉田玉秀斎」を襲名しました。語学力をいかして海外で英語講談やポルトガル語講談を披露したり、ジャズ講談やアコーディオンとの講談など他ジャンルとのコラボ講談に挑戦するなど、講談の枠を超えて活動されています。

ホームレス問題に関心を持ったのは昨年、講談会の後の懇親会で「ビッグイシュー日本版」の編集者と知り合ったのがきっかけでした。その後、雑誌を発行する「ビッグイシュー日本」代表の佐野章二さんから約15年間の取り組みを聞き、ホームレスに陥った人たちとも対談して今年1月、「ビッグイシュー物語」という新作講談を仕立てました。

「ビッグイシュー日本版」は2003年に大阪で創刊。1冊350円で、半分以上の180円が販売した人の収入になります。これまで約1800人がかかわり、15年間で累計 811万冊 を販売。12億1915万円の収入をホームレスの人たちに提供しました(昨年9月現在)。

番組では、OBCの和田麻実子アナウンサーが進行役となり、玉秀斎さんから現在のホームレス事情や貧困問題の背景などについてお聞きします。また、玉秀斎さんによる講談「ビッグイシュー物語」を聞いていただき、佐野さんらのインタビューも紹介します。

番組の収録を終えた和田アナは「社会の出来事を講談にするのが使命と思っています」という玉秀斎さんの言葉に「講談は伝統芸能」というイメージが崩れたそうです。

「今回の作品は、玉秀斎さんが現地取材やインタビューを重ねて作り上げています。真面目すぎるほど、真摯に講談に向き合う玉秀斎さんの人柄がにじみ出ていました。講談に登場するのは、両親の介護で離職し、ホームレスになってしまった実在の人がモデル。ぜひ番組を聴いて、貧困問題を考えるきっかけにしてください」と呼びかけています。

あなたの人生、読ませてください!~講談師・玉田玉秀斎が挑む ホームレスの物語~
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:2019年5月29日 水曜日 21時00分~22時00分
出演者:玉田玉秀斎、和田麻実子

※該当回の聴取期間は終了しました。

“お風呂をすぐむ”ってどんな意味? OLDCODEX・Ta_2が愛知県の方言をレクチャー

ボーカル・Ta_2(タツ)とペインター・YORKE.(ヨーク)による個性派ロックユニット・OLDCODEX(オルドコデックス)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~」。9月10日(火)の放送では、リスナーからのメールに応えて、Ta_2の故郷・愛知県の方言をレクチャーしました。
(TOKYO FM「LADDERLESS from OLDCODEX」2019年9月10日(火)放送より)

左からYORKE.、Ta_2



月ごとのメールテーマを設けて、リスナーと交流を深めているこの番組。9月のマンスリーテーマは「いま立ち向かっていること」です。この日は、「愛知県の方言を直したい」というリスナーからのメッセージを紹介しました。

「いま立ち向かっているのは、“方言を極力出さないようにする”ことです。私はTa_2さんと同じ愛知県出身ですが、標準語だと思っていた『言っとるよ』『やってこりん』『えらい』が方言だったことに今さらながら気付きました。地方出身の職場の先輩に意味が伝わらなくてマズイと思い、方言を直そうとしている最中です。とくに『えらい』が伝わらなかったときは、焦りました。“身体がだるい”と言いたかったのに、『誰が偉いの?』と聞かれて説明に困りました。方言の直し方って難しいですね」

Ta_2:スゲーよくわかるよ、これ。

YORKE.:「言っとるよ」は(イントネーションが)「言っ↗と→る→よ」じゃなくて、「言っ↗と↘る↗よ」なんだね。「やってこりん」ってなに?

Ta_2:「やっ↗てこり↘ん」ね。“やっておいで”ってことだね。

YORKE.:“やってごらん”みたいなこと?

Ta_2:そうそう。「言っとるよ」は、“言っているよ“って意味。

YORKE.:まぁ、これはわかるな。

Ta_2:「えらい」は“辛い”とか“しんどい”とか。

YORKE.:“たくさん”とか?

Ta_2:そう、(「えらい」には)“たくさん”という意味もあるから、愛知県や中部地方に行くと、「今日は、すげー疲れたな」を「今日は、えらいえらかったわ」って言うよ。

YORKE.:「えらいえらかった」?

Ta_2:「どえりゃーえらかった」という言い方もするね。

YORKE.:言葉を重ねていくわけだ。だから「えらい・えらかった」になるわけね。

Ta_2:あと、名古屋の言い方だと「でらえらかったわ」とか。あと、これは昔の方言だったらしいんだけど、こっち(東京)では、お風呂には「浸かる」って言うじゃない?

YORKE.:ああ、湯船に「浸かる」からね。

Ta_2:俺、ずっとそれを「すぐむ」だと思っていたの。

YORKE.:「すぐむ」?

Ta_2:それが「浸かる」って意味なのよ。だから(Ta_2の実家)鈴木家では、ずっと「もうちょっとお風呂に浸かってから出ておいで」というのを、「もうちょっとお風呂すぐんどいで」って言われていた。

YORKE.:その言い方、ちょっといいね。

Ta_2:これ、三河弁(愛知県東部の方言)のすごく昔の言葉のようで、使っている人ももう少ないみたい。

YORKE.:おもしろいね、言葉って。

Ta_2:たしかに。「えらい」とかは(東京の人には)伝わらなかったなぁ。

YORKE.:「えらい」「えらかった」と言われたら、「誰が?」ってなるよね、シチュエーションによっては。

Ta_2:でも方言って、可愛いと思うんだよなぁ。

YORKE.:いいと思う。方言を出さないようにしている感じが、またグッとくるしね。可愛いじゃん。

Ta_2:うん。だから、(方言が)出ちゃってもいいと思うんだよ。

YORKE.:いいと思う。俺は、福岡の方言「すいとーよ」(意味:好いているよ)が好きだね。あれは超いい! 言われたい(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月18日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~
放送日時:毎週火曜25:00~25:30
パーソナリティ:OLDCODEX
番組Webサイト:https://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/quarter/top

Facebook

ページトップへ