誰でも簡単に貧困に陥る時代だから…聴いてほしい講談「ビッグイシュー物語」

番組を収録する玉田玉秀斎さんと和田麻実子アナウンサー

ホームレスの人たちが路上で売っている雑誌「ビッグイシュー」をご存知ですか? 路上生活者の社会復帰を支援する、この雑誌の取り組みを講談に仕立てた講談師、玉田玉秀斎(ぎょくしゅうさい)さんによる特別番組『あなたの人生、読ませてください!~講談師・玉田玉秀斎が挑む ホームレスの物語~』が29日(水)21時からOBCラジオ大阪で放送されます。現代は失業や病気、離婚といった様々な理由で誰でも簡単に貧困に陥る可能性があるといわれます。そんな時代だからこそ、多くの人に聴いてもらいたい番組です。

■15年間で約1800人のホームレスを支援

玉秀斎さんは大阪市立大学法学部を卒業し、司法試験の勉強をしていましたが、24歳のとき「講談塾生募集」という新聞広告を見て講談と出会い、3カ月後に旭堂小南陵(現・四代目南陵)さんに入門。2016年に「四代目玉田玉秀斎」を襲名しました。語学力をいかして海外で英語講談やポルトガル語講談を披露したり、ジャズ講談やアコーディオンとの講談など他ジャンルとのコラボ講談に挑戦するなど、講談の枠を超えて活動されています。

ホームレス問題に関心を持ったのは昨年、講談会の後の懇親会で「ビッグイシュー日本版」の編集者と知り合ったのがきっかけでした。その後、雑誌を発行する「ビッグイシュー日本」代表の佐野章二さんから約15年間の取り組みを聞き、ホームレスに陥った人たちとも対談して今年1月、「ビッグイシュー物語」という新作講談を仕立てました。

「ビッグイシュー日本版」は2003年に大阪で創刊。1冊350円で、半分以上の180円が販売した人の収入になります。これまで約1800人がかかわり、15年間で累計 811万冊 を販売。12億1915万円の収入をホームレスの人たちに提供しました(昨年9月現在)。

番組では、OBCの和田麻実子アナウンサーが進行役となり、玉秀斎さんから現在のホームレス事情や貧困問題の背景などについてお聞きします。また、玉秀斎さんによる講談「ビッグイシュー物語」を聞いていただき、佐野さんらのインタビューも紹介します。

番組の収録を終えた和田アナは「社会の出来事を講談にするのが使命と思っています」という玉秀斎さんの言葉に「講談は伝統芸能」というイメージが崩れたそうです。

「今回の作品は、玉秀斎さんが現地取材やインタビューを重ねて作り上げています。真面目すぎるほど、真摯に講談に向き合う玉秀斎さんの人柄がにじみ出ていました。講談に登場するのは、両親の介護で離職し、ホームレスになってしまった実在の人がモデル。ぜひ番組を聴いて、貧困問題を考えるきっかけにしてください」と呼びかけています。

あなたの人生、読ませてください!~講談師・玉田玉秀斎が挑む ホームレスの物語~
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:2019年5月29日 水曜日 21時00分~22時00分
出演者:玉田玉秀斎、和田麻実子

※該当回の聴取期間は終了しました。

賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ