声優 日向大輔さんがラジオ大阪『夜中メイクが気になったから』にゲスト出演!

OBCラジオ大阪のアニラジゾーン「1314V-STATION」で毎週日曜21時30分から放送中!
声優のたかはし智秋さん、千菅春香さん、前田誠二さん3人による『夜中メイクが気になったから』。
6月23日(日)の生放送では日向大輔さんをゲストにお迎え!
あの人気声優のご結婚はご参パイのおかげ?笑

▽同じバンドメンバーの前田さんから30秒の他己紹介

6月23日(日)に放送された回では、声優の日向大輔さんが登場。日向さんは、番組のパーソナリティである前田さんも所属する、“BanG Dream!(バンドリ!)”発のボーイズバンドプロジェクト【Argonavis】のメンバーです。
「こんぱく〜」と元気よく登場した日向さんを、30秒で前田さんが他己紹介しました。

 

前田:はい、【Argonavis】のギター担当の日向大輔さん。出会って1年くらいですかね。すごい不思議な人で、なんていうんでしょうね。マイペースというか。これ色んなところで聞かれるんですけど、どんな人かといったら、“年上ウケする愛すべきポンコツ”です。一言でいうならば。そんな感じで2人でもラジオ(響-HiBiKi Radio Station「Argonavis ラジオライン」)をやらせてもらってるんですけど、“オープニングの感じのままの人”です。

たかはし:どうした、どうした。伝わってきたのは不思議、マイペース、ポンコツ、そのままの人。今の紹介聞いてみてどうですか?ひゅうすけくん。

日向:まぁ嬉しい面もありましたけど…。

たかはし:ポンコツ言われてますよ。

日向:そうなんです。このやろ〜。ポンコツじゃないぞぉ。

前田:これは、一応どこでお話する時にも「これ、いいんですかね?」ってマネージャーさんの方に確認すると、爆笑で「OK!」って(笑)

 

▽日向大輔さんのやってみたいことランキング!

後半は、番組のコーナー「よなきにランキング」からスタート。同コーナーでは何かに関するランキングを発表します。今回は、「ゲスト日向大輔さんのやってみたいことランキング」でした。
第3位はスカイダイビング、第2位は世界を旅したい、そして第1位は…?

 

日向:日向大輔がやってみたいこと、第1位は【Argonavis】でメンバーみんなと、そして皆さんと北海道でワンマンライブをやってみたいです。

たかはし:お〜何で北海道?

日向:北海道がバンドの聖地といいますか、5人のキャラクターたちが通っている大学が函館の学校っていう設定なんです。一応、アコースティックでは行ったんだよね。それも伊藤ちゃん(「Argonavis」メンバーの伊藤昌弘)と2人で函館にお邪魔したんですけども…5人で行きたいね〜。

たかはし:それは前ちゃんも言ってたよね。

前田:そうなんですよ。北海道、行きたい!

たかはし:皆さんに応援してもらって、メンバーの夢を叶えてあげてください!みんな(ファン)が連れて行くのよ〜!

▽あの大物声優同士の結婚はご参パイのおかげ?

番組の放送日23日、声優の梶裕貴さんと竹達彩奈さんが結婚を発表。皆さまのラッキーな出来事がご参パイ(たかはし智秋)効果なのかを検証するコーナー「あれもこれもご参パイのおかげです」にも「2人の結婚はご参パイのおかげですか?」というお便りが届きました。

 

たかはし:もちろんです!このお二人は、何年ワタクシにご参パイしてきたと思ってるの!!なんてね(笑)末永くお幸せに!

一同:(爆笑)

来週は前田誠二さんのお誕生日をお祝い!ぜひ聴いてくださいね♪

ニコニコチャンネル会員になれば映像付きで見ることができます!

夜中メイクが気になったから
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 21時30分~22時30分
出演者:たかはし智秋、千菅春香、前田誠二
番組ホームページ
公式Twitter

written by 清水莉子

※該当回の聴取期間は終了しました。

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ