宮川花子、ラジオ出演で「元気とあきらめない気持ち」を届ける

本の出版リモート会見の様子(右から)宮川大助、宮川花子

OBCラジオ大阪アナウンサーの原田年晴と森川由香が送る『原田年晴のかぶりつきマンデー!』(ラジオ大阪・月曜11~14時)。2月14日(月)のゲストは漫才師 宮川大助・花子の宮川花子さん。血液のガンと言われる症候性多発性骨髄腫を発症し長い入院生活を経て、今は自宅にて療養中。そのため、電話でご出演いただいた。

 

先日、「あわてず、あせらず、あきらめず」という本を出版した花子さん。番組を進行する原田アナウンサーも悪性リンパ腫という血液のガンを発症・克服した経験を持っている。病名は違うものの、同じ血液のガンと闘った二人。「あの体で本を出版するのは大変だったと想像する」と原田アナウンサーは言う。

花子さんが元気になったと聞き、ぜひお声が聴きたいとオファーをしたところ、OKを頂き、出演が叶った今回の放送。

そんな花子さんの第一声は

「はい、こんにちは!!リスナーのみなさんもお待たせしました!!生駒の宮川花子で~す!!ご心配おかけしました~」

普段の聞きなれたハイテンションな挨拶にスタジオの原田アナウンサーも森川も大喜び、花子さんが帰ってきた!という感じに。さらにリスナーからもぞくぞくとメッセージが届く。

「花子さんの元気な声を聴くのが楽しみです。回復されて良かったです」

「(夫の大助さんも以前、体を悪くされ)夫婦仲良く助け合っている姿に感動し、夫婦愛の素晴らしさに改めて良かったなぁと思います。花子さんの明るさが大好きです」

 

まずは闘病中のエピソード。体中が痛くて仕方なかったこと、余命半年と告げられたこと、それを聞いて自分のことよりも、大助さんが心配性なので大助さんの方が心配だったこと、それよりも痛さがひどくて余命のことまで考えられなかったこと、後々詳しく聞くと、余命は半年でなく1週間だったこと…

病院に行った時にはすでに尿が出なかったり、鎖骨が折れていたりと、かなりヒドイ症状で、背中・首・胸などガンが8か所見つかり、「痛い痛い」としか言ってなかったと語ります。

そんな過酷な状況の中でも、闘病中はその病気がもとで他の病気を発症したり、精神的に耐えられない方もいる中で「自分は鬱(うつ)にならなくて良かった」「夫やマネージャー、色んな人がお見舞いに来て色々してもらっているんだから、くじけたらアカン」と当時の気持ちを振り返った花子さん。原田アナウンサーも、

「気持ちの持ち方ひとつで病気が治る・治らないが違ってくるように思う。自分で経験してわかった」と返します。

また今回の治療について、「緩和ケアについても勉強になった」「(病気は)怖いけど、原因がわかっている分だけ、闘える、頑張れる…」絶対あきらめないという精神で、病気と闘い続け、そして今は自宅に戻り、週1回、通院での化学療法(抗がん剤治療)を受けるほどまでに回復した。

 

さらに、夫の大助さんの献身的な介護に「介護男子」と呼んでいるという話も。朝ごはんの支度、庭の手入れ…今回、本を出版するきっかけとなったのも、夫の大助さんが「日記を書いたら」と勧めたことだったという。

しかし、当時は胸から下が麻痺した状態で、手の握力がなく、ペンも持てない状態。

結局執筆は花子さんが話すことを代筆してもらう形となったが、最後のページは花子さんが頑張って、自分の気持ちを込めて書いたとも。

 

本のタイトル「あわてず、あせらず、あきらめず」は、花子さんが作っているマラソンチームのキャッチフレーズ。あの松下幸之助さんのコトバだそう。

「実は夫のお父さんが“マツシタコウスケ”なんです(笑)」

 

まだ立つことが困難で車いす生活を送っている。しかし先日、花子さんが暮らす奈良県生駒市で開催されたイベントに出席することができた。

「舞台は今は難しいけど、あきらめてない。必ずやる!立てないから座ったままだけど、口は動くから(笑)」

さすが、大病をしたとは思えないほど、よくしゃべってくれる花子さん。そしてリスナーから

「花子さんが闘病しているのを知りませんでした。私も血液のガンで失明したけど、(ガンが)脳にいかなくて良かったと思っています。花子さんの話で元気が出ました」

とメッセージが届いた。自分がラジオに出ることで、誰かを元気にできた事実を実感した。

 

また、本の表紙になった絵について森川が「このイラストがまたカワイイですね、花子さんが描いた絵ですか?」と質問。実は花子さん、手紙の返事やお礼状は印刷ではなく、リハビリもかねて手描きしているとのこと。そのかわいらしい、花子さんのイラストもこの本の魅力の一つとなっている。

 

最後に同じ病気仲間の原田アナウンサーへ。

「お互い長生きしましょう。目標は抗がん剤と闘って99歳まで生きること。原田さんは私の3つ下やから96歳まで(笑)花子も頑張りま~す!」

歯に着せぬしゃべりは健在。あきらめない気持ち、闘う強さを教えてくれた宮川花子さん。今、病と闘ってる方、そして病だけでなく様々な困難と闘う方へ勇気をくれる時間となった。

原田年晴 かぶりつきマンデー!
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜 11時00分~14時00分
出演者:原田年晴、森川由香、宮川花子(ゲスト)
番組ホームページ
公式Facebook

※該当回の聴取期間は終了しました。

上野大樹 曲作りは「今しかない熱量みたいなものを書く」

TOKAI RADIO『OH! MY CHANNEL!』(月~金13:00~16:00 DJ大前りょうすけ)4月17日(水)の放送に、シンガーソングライターの上野大樹がゲスト出演した。

Facebook

ページトップへ