1月28日に故・藤田淑子さん追悼特別編を放送、番組初代ナビゲーターを務めたラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』

故・藤田淑子さん

文化放送は、1月28日(月)のラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』を、昨年12月28日に浸潤性乳がんのため死去した故・藤田淑子さんの追悼特別編として放送します。

藤田さんは、2006年から2014年7月まで、同番組の初代「劇場支配人」として毎週ナビゲーターを務めていました。温かみと華のあるお声でリスナーを魅了し、訃報を受けリスナーからも哀悼のメールが相次いで寄せられています。当番組で藤田さんは、番組の柱であるラジオドラマにもたびたびご出演されており、今回は追悼の意を込めて過去にご出演されたラジオドラマを再放送します。

放送する作品は、2011年から2012年にかけて複数回にわたりシリーズで放送した「あじさいの唄」(森栗丸原作、小学館「ビッグコミックススペシャル」刊)より、最終回「夏の終わり」です。
「あじさいの唄」は、漫画家・森栗丸さん原作の漫画で、母を亡くした少年・栗太郎と、男手一つで栗太郎を育てる父、そして犬の栗之助が、貧乏生活の中でも家族や周囲の人々の温かさに包まれた江戸時代の一家族の日常を描いた作品です。藤田さんはこの中で、主人公の少年・栗太郎を演じています。

番組ではまた、今回の訃報を受けた二代目劇場支配人を務める古川登志夫さんからのコメントも放送されます。古川さんと藤田さんは長年に及ぶ親交があり、古川さんのツイッターには本番組のパーソナリティ交代時の写真も掲載されています。 
https://twitter.com/TOSHIO_FURUKAWA/status/1078628513781936128


森栗丸原作「あじさいの唄」より最終回「夏の終わり」
栗太郎:藤田淑子
父上 :岸野幸正
母上 :山崎和佳奈
ごん太:摩味
菊丸 :鉄炮塚葉子

青山二丁目劇場
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜 20時30分~21時00分
出演者:古川登志夫、青二プロダクション声優陣
番組ホームページ

■メールアドレス
aogeki@joqr.net

※該当回の聴取期間は終了しました。

安倍元首相国葬が賛否分かれた中で行われたのは「岸田首相の対応の失敗」ジャーナリスト・青山和弘が指摘

ジャーナリストの青山和弘が9月27日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この日の安倍晋三元首相の国葬について言及した。

安倍晋三元首相の国葬に反対する団体などによるデモ =2022年9月27日、東京都千代田区 ©産経新聞社

国葬には、海外から約700人の要人が出席し、国内からは約3600人が参列したとされている。岸田首相は、来日した各国首脳らと弔問外交をスタートし国葬の意義を強調しているが、開催への理解は広がったとは言えず、世論が割れたままの実施となった。

青山は「旧統一教会の問題だったり、功罪と言われているが、国葬とは分けて考えるべきだと思う」と語り、続けて「総理大臣を9年弱続けて、選挙期間中に銃殺された総理大臣を静かに弔って送り出すのが普通の感覚」と自身の考えを述べた。

番組パーソナリティの垣花正から、「このような事態で行われる国葬について、どうお考えですか?」と問われると「正直言って、情けないことになったと思います」とバッサリ。その理由について「岸田首相は寄付金を募って国葬を行うことを検討しました。ところがこれは法律的な問題でダメになった。それも頭がカタいと思うんですが、そもそも最初からクラウドファンディングをやっていれば、16億円は集まったと思う。そういうこともなされないまま二分した状況で、今日を迎えたのは情けないことになったなと思いますね」と岸田首相のこれまでの対応について疑問を投げかけた。

最後に青山は「安倍さんをやたら持ち上げようなんてつもりもないし、反対する人たちに弔意を強制しようとは思わない」と前置きしたうえで「弔意を持っている人たちが静かに送り出す環境を整えることが故人に対する弔いだとすれば、これまでの対応は失敗だったと言わざるを得ない」と、国葬に反対意見が多数出ている状況は岸田首相の対応に原因があるとのではないかと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ