「あったまるね、このラジオ。文化放送たき火ウィーク」開催! 『たき火特番』第2弾も放送

文化放送は、2月17日(月)から23日(日)までの1週間、特別キャンペーン「文化放送たき火ウィーク」を実施します。

当キャンペーンの正式タイトルは、「あったまるね、このラジオ。文化放送たき火ウィーク」。寒さの厳しいこの時期に、文化放送全体で様々なたき火関連企画を展開し、1週間にわたってリスナーの心を暖めていきます。

安眠へと誘う癒しの『たき火特番』

初日となる2月17日(月)は、午前2時00分より、昨年末放送して反響を博した『たき火特番』の第2弾をお送りします。90分間たき火の音だけを流し続けるという例を見ない企画で、深夜帯にも関わらずTwitterトレンド最高4位にランクインするなど‎大きな話題となったことを受け、このたび前回放送から僅か2ヶ月で第2弾が決定しました。

タイトルは、『たき火特番~意外にも好評だったので第2弾やってみた。今回は最後の方に少しだけ芋煮の音も入れてみた。本当はマシュマロにしたかったけど音にならないので芋煮にしてみた件~』。文化放送史上最長を記録した第1弾の『たき火特番~ノルウェーのテレビ局が薪が燃えているだけの映像で高視聴率を獲得したので、たき火の音だけを流すラジオをやってみた~』をさらに更新したロングタイトルでお送りします。

放送では、前回同様、ほぼたき火や薪が燃える音だけで構成しつつ、今回は新たに、たき火をしながら楽しみたい芋煮の音をミックスします。「3Dオーディオ」技術を駆使して演出・編集し、まるですぐ傍らでたき火が行われている感覚が味わえる臨場感を再現。当局では、リスナーにこの良い音を実感してもらうため、ステレオ対応のFMラジオ(FM91.6)やスマートフォンアプリのradikoで、特にヘッドホン・イヤホンで聴取することを推奨しています。

たき火づくしの1週間! プレゼント企画も

期間中は、番組の合間に随所でたき火の音を流しながら、各番組でも様々なたき火関連企画を展開します。21日(金)放送の『岸洋佑のスタートアップ』(金曜午後7時00分~9時00分生放送)は、千葉県の「たき火ヴィレッジ」から生放送。会場でバーベキューやたき火を行いながら、たき火・キャンプの世界について、その道に詳しいゲストからお話を伺います。(※雨天中止。公開生放送ではありません)

期間中は、Twitterと連動したプレゼントキャンペーンを実施します。文化放送公式アカウント(@joqrpr)をフォローのうえ、「#文化放送たき火ウィーク」と「#燃やしたい思い出」のハッシュタグ二つをつけて投稿した方の中から1名にたき火台セットを、50名にミニたき火台をプレゼントします。

たき火ウィーク

■特設サイト
http://www.joqr.co.jp/takibi_week/
※2/7(金)オープン。『たき火特番』の聴取も可能

■プレゼント応募期間
2/7(金)20:00頃(サイトオープン時)~2/24(月)5:00

たき火特番~意外にも好評だったので第2弾やってみた。今回は最後の方に少しだけ芋煮の音も入れてみた。本当はマシュマロにしたかったけど音にならないので芋煮にしてみた件~
放送局:文化放送
放送日時:2020年2月16日 日曜日 26時00分~27時30分

※放送情報は変更となる場合があります。

タグ

三四郎・小宮、優しい気遣いが災難に ストレスフルな一日を語る

2月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。先日、小宮が恵比寿の一本道を歩いていたところ、後ろで車のクラクションが激しく鳴った為、心配で様子を見に行ったが、そこで災難にあったと語った。

小宮:見に行ったら、車が3台並んでいたの。一本道で。一番前が全然進まない様子だったの。

相田:うん。

小宮:進まないから、一番後ろの運転手がしびれを切らして、“プープープー!”って。『何やってんだ!? 邪魔だよ!』みたいな。

相田:まあ、それは仕方ないか。通り抜けできないからね。

小宮:そうそうそう。後ろの人はわからないからね、前の様子を。『何やってんだ、一番前の人は!?』と思って。僕、気になったから、一番前の車の所に行ったの。倒れていたりしたらヤバいじゃん?

相田:確かに。

小宮:一番前に行ったら、一台目の車の中に運転手さんがいなかったの。どこかへ行ってたいんでしょうね。コンビニなのかわからないけど。

相田:止めているんだね。

小宮:そう、車を止めて『どういうつもり!? これ、絶対に通れないからヤバいよ』と思って。2台目の人もちょっと困っている感じになって。

相田:はいはいはい。

小宮:で、一番後ろの人が降りて来て。色黒で、オールバックでサングラスをかけて。僕と同じ歳ぐらいかな。スーツをビシッと着て、ちょっとヤンチャそうな感じで。

相田:なるほど。

小宮:そのスーツを着た人が、一番前の車を覗きに行って『何やってんだ! 邪魔だ!』みたいな。『邪魔だ、邪魔だ! あ!? 運転手、いないのかよ! どこだよ、運転手! どうなってるの?早く行かなきゃいけないのに、これじゃ通れないよ!』みたいな。(僕が)『え!?』って言ったら、『お前、運転手?』ってなって、目も合っちゃって。

相田:うんうんうん。

小宮:『お前、運転手か?』って。『いやいや、僕は運転手じゃないですよ』、『じゃあ、なんで見てんだよ!』、『いや、僕は違うんですよ』、『お前、そうだろ!』って。結構、怖かったから、『僕、免許を持ってないんで』って変なことも言っちゃって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:だって、怖いから。絶対に運転手じゃないアピールをしないといけない。『僕、違うから…』、『じゃあ、どうなってるんだよ! 行けねえんだよ! おかしいだろ!? え!? 三四郎?』みたいになって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:『は!? お前、何? 三四郎?』って。マスクはしてたけど、メガネはかけてないから。『何、これ?』って、あっちも焦って。いきなり芸能人がいるから。『あ!? 何、これ!?三四郎!? 撮影!? 撮影で滞ってるの?』って。

相田:ははははは(笑)。なるほど! そうか!

小宮:撮影の一環で、何かドッキリに引っ掛けられているのかな? みたいな。

相田:モニタリングみたいな。

小宮:そうそう。『いや、撮影じゃないですよ。僕も知らないんですけど、(運転手が)中にいないんで、一瞬探そうかなって思ったんですよ』って言ったら、『マジで!? おかしいよな、これ。困るよな』ってなって。『お前も知らないの?』って聞かれて、『知らないです』って答えたら、『ああ~。じゃあ、とりあえず握手して』って言われて。

相田:ははははは(笑)。

その後、二台目の運転手も含めて会話をしていると、一台目の運転手が戻って来たと振り返る小宮。結局、その一台目の運転手は長電話をしていたが、反省の色が見えなかったと語り、しかも最後にはサインをねだってきた為、「めちゃくちゃストレス溜まった」と怒りを爆発させていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ