貯蓄は収入の何割?その中から投資にまわすべきなのは?

ファイナンシャルプランナー・中村賢司氏

福岡市在住のファイナンシャルプランナー・中村賢司さんは悩んでいた。

コメンテーターとして出演しているRKBラジオ『櫻井浩二インサイト』で毎週、投資や保険、ローン、家計など、お金に関する情報を発信しているのだが、果たしてリスナーに響いているのだろうか、と。とくに「貯蓄より投資へ」とたびたび訴えているのだが、中村さんの周りではまだ投資を始めていない人が多い。そもそも、番組のパーソナリティの2人(櫻井浩二・田中みずき)も貯金はしているが、そのまま銀行口座に放置しているというのだから、中村さんが悩むのも自然なこと。

そこで、中村さんは基本に立ち返って「貯蓄の中から、投資にまわすべきなのは?」というテーマで、投資未経験者にありがちな疑問に答えることにした。

Q. 収入の何割を貯金にまわしたらいい?

理想的には2割ぐらいですね。できれば3割。ボーナスや臨時収入からは2割をまわしましょう。ところで、貯金の目的は何なのでしょうか。ある調査では、1位が「老後の生活資金」、2位が「病気や不慮の災害への備え」、3位が「子供の教育資金」でした。目的を明確にしたら、次は“お金の置き場所”を考えましょう。「老後の生活資金」の場合は「投資」、「病気や不慮の災害への備え」の場合は流動性が問われるので「銀行やタンス預金」にすると良いです。教育資金や、耐久消費財の購入も、リスクが取れないので投資には不向きです。逆に、目的がないまま貯金する場合は、使い道が決まっていないので「投資」ですね。このように、目的によって預け場所を変える必要があります。

Q. 投資していくうえで一番大事なことは?

資産は3つの財布に分けて保管する」です。

1つ目が「使うお金」、2つ目は「貯めるお金」、3つ目が「増やすお金」です。「使うお金」というのは、病気や不慮の災害への備え、緊急予備資金のことです。このお金は生活費の3~6か月分を流動性の高い普通預金やタンス貯金にしておくことをお勧めします。「貯めるお金」は、10年以内に起こるライフイベントに備えることです。旅行やレジャーのため、教育資金、住宅取得、耐久消費財の購入資金などのことです。ここはリスクを取れませんが、銀行に置いておくのはもったいない。そこで、定期預金や国債、一時払いの保険など、元本割れしない、少しでも利率のいい金融商品に預けることをお勧めします。それが出来たら、増やすお金です。10年以上使わないお金は、株や投資信託、外貨預金に預けるといいです。10年あれば上昇、下降を繰り返しながらおおむね3~5%のリターンは狙えます。

Q. 貯蓄を増やす方法は?

先ほど紹介した調査によると、28%の人が「貯蓄を全くしていない」と答えています。貯蓄をするためには、1つ目は収入を増やすこと、2つ目は支出を減らすこと、3つ目は資産を運用することです。究極、この3つしかありません。収入を増やすというのは、副業を始めることや週末ダブルワークする、フリマアプリなどでモノを売るということです。生涯収入を増やすためには、60歳の定年を65歳やそれ以上に延ばすことも有効です。支出を減らすことは、家計簿をつけて支出を管理し、収入の2~3割を貯蓄に回すことです。3つの財布に分けて、家計を管理することで、将来の不安に備えることができます。きょうからでも意識することを始めましょう。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、中村賢司
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ