月経カップや吸水ショーツ…話題の新語「フェムテック」火付け役に聞く

「ユーキャン新語・流行語大賞」が12月1日に発表される。そこで、RKBラジオ『櫻井浩二インサイト』では、今週、ノミネートされた新語・流行語の当事者に話を聞いている。11月30日の放送では生理や更年期といった、女性の健康課題をテクノロジーで解決する技術「フェムテック」について、吸水ショーツや月経カップといった製品を扱っている、fermata株式会社の中村寛子さんに話を聞いた。

fermata株式会社・中村寛子共同代表

櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):新語・流行語大賞にノミネートされて、どう感じましたか?

中村寛子さん(以下、中村):「フェムテック」という言葉自体は、2012年から2013年ごろに生まれたと言われています。私自身も2017年頃にこの言葉に出会い、2年間にfermata株式会社を創業しました。しかしまだそのときは、フェムテックの「フェ」の字も日本国内では聞こえてきませんでした。去年の夏ごろに、東京に実店舗をオープンさせたのですが、ちょうど他の企業もフェムテックについて動き出して、よく目にするようになりました。

櫻井:fermata株式会社を立ち上げたきっかけは何ですか?

中村:もともとはフェムテックのプロダクト(製品)を作りたくて、事業計画を作り投資家へ回っていたのですが、フェムテック産業がまだまだ知られていないと痛感しました。その一方で、世界でフェムテック市場がどのくらいあるのかを調べると、当時でも200社以上あることが分かりました。しかも、その9割は日本に入ってきていませんでした。そこで、まずは、日本にまだないフェムテック産業の土壌を作ることを始めました。

櫻井:広める中で、問題はありましたか?

中村:問題は2つあって、1つ目は規制です。新しい選択肢が入ってくるとき、規制を緩和するという「アップデート」が間に合いませんでした。2つ目は価値観です。こちらの方が問題としては大きくて、製品を見ても「これ、使っていいのかな」という不安が先に生じます。また、(生理中は)身体がつらい、痛いが当たり前になって、それに対して気づいていなかったり、声に出せなかったりするという現状があると感じました。まずはそのモヤモヤを整えることで、製品を作るサプライヤーが生まれやすい環境を作ることができると思いました。

櫻井:どんな製品を取り扱っているんですか?

中村:フェムテックは女性特有の健康課題を解決するテクノロジーのことなので、月経から不妊、妊活、妊娠、産後、更年期、セクシャルウェルネスに関する商品を扱っています。特に、月経に関する商品が多く、吸水ショーツや月経カップが中心です。吸水ショーツは月経時の新しい選択肢として広まっています。ユニクロやGUが吸水ショーツを発売したことで、多くの人の目に触れる機会が増えました。「なんだろう、これ」という疑問から、新たな選択肢として広まっていると感じています。月経ひとつとっても、100人が100人それぞれの悩みや症状があるため、全員の問題を解決できているとは思いませんが、ちょっとしたモヤモヤや不快感を解決する手段が増えていると思います。

櫻井:「フェムテック」という言葉が出てきて、世の中の意識が変わってきていますか?

中村:女性活躍を推進する企業が増えていますが、そのほとんどが「キャリア」に主眼を置いたものでした。フェムテックが広がっていく中で、従業員の「健康」に対して注目している企業も出てきているので、そこは変わっていると思います。新しい選択肢をより多くの人に知ってもらうために、さまざまな企業とコラボして、フェムテック産業を盛り上げていきたいです。

月経や妊活など、今までタブー視されていた問題が、「フェムテック」により、女性がなかなか声を上げにくかった痛みや不安、モヤモヤを解決する選択肢が増えている。女性特有の悩みは年齢や環境により変わっていき、不安が完全に解消されることはない。そんな中でも、不安を軽減する商品や考え方が社会に浸透することで、女性が生きやすい世の中になっていくのかもしれない。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、本田奈也花
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ