ひろゆきが教える「楽して生きるための1%の努力」~その2~

ひろゆきさん

「2ちゃんねる」の開設者で実業家のひろゆき(西村博之)さんが2020年に発売した著書「1%の努力」(ダイヤモンド社)は累計40万部を突破するベストセラーになっている。仕事論、人生論として多くの人に参考になっているこの「1%の努力」について、ビジネスパーソンのリスナーも多いRKBラジオ『櫻井浩二インサイト』では、フランスの自宅から出演したひろゆきさんに詳しく話を聞いた。

他人にはない武器を身につけることの重要性

ひろゆき:会社で出世したいのか、給料だけもらってダラダラ働きたいのかで、やるべきことが変わってきます。大学生でもグループでリーダー格になりたいのか、ただ組織に属していればいいのか、自分が何を目指しているかで、周りとの役割を決めていった方が楽なのではないかと思います。僕の場合は「頑張らなくても許されるポジション」を取ろうとしていました。真面目な人が遅刻したり締め切りを守らなかったりするとびっくりされるのですが、僕がそうしても「そういうヤツだもんな」で許されるんですよね。そういう人は社会から淘汰されるんじゃないかという意見もありますが、「こいつは遅刻するけど、面白い企画を持ってくるから会議に入れておくか」という“謎の期待感”を得られて、他の人が持っていない価値を手に入れることができるんです。

櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):ということは、「他人にはない武器」を身につけるということですか?

ひろゆき:ほかの人がやっていないことで、社会に役立つ要素があるものです。例えば、本をたくさん読んでいる人は知識が多いし、最近どういう本が売れているのか、読まれているのかも分かるんです。

ひろゆきさんと櫻井浩二アナウンサー

生き残る経営者に共通する特徴は「こだわりの強さ」

ひろゆき:生き残っている企業の経営者の特徴は「こだわりの強さ」を持っていることです。こだわらないでみんなと同じ判断をしている人って、会社員にしかなれないんだと思います。みんなと同じことを考えるなら、他の会社も同じことを考えるので、ライバルが増えて儲かりません。しかし、他の人が考えないようなことはライバルがいないので、すごく儲かるみたいな話をよく聞きます。だから、他の人がやらないことが探していく中で、こだわりが強くなるのだと思います。

櫻井:それは「2ちゃんねる」も?

ひろゆき:そうですね。匿名掲示板はそんなに儲からないし、やってもいろいろ言われちゃうよねっていうことで、日本で大規模な掲示板をする人はいなかったんです。その結果、TwitterやFacebookなどの海外のサイトが日本で使われるようになりました。そのことから、やっぱりライバルがいないところでやったほうが良いよねという結論になりました。

櫻井:誰もやってないということは、やりづらいということも考えられるのでは?

ひろゆき:やりたくないことを「ほかの人がやっていないから、私がやろう」というのはうまくいかないと思うんです。そもそもその物事が「好き」であるかどうか。好きならばそれをやっていても苦になりません。そう考えると、僕はトラブルが好きなんです。自分自身のトラブルではなく、人のトラブルを見るのが好きですよ。2ちゃんねるの掲示板の中でトラブルが起こったとしても、僕はその場を提供しているだけで当事者ではないので、客観的な視点でトラブルを見ることができます。

僕は最後に「トク」をしてしまう人生なんです

ひろゆき:コップの中に水が半分あったら、半分「しか」ないと考えるか、半分「も」あると考えるか、それぞれいると思うんですが、僕は圧倒的後者で、基本的に物事をプラスに捉えてしまうんです。だからすごく大きなトラブルが起きて大変な状況になっても「こんなに大変だから、これは後から笑い話になる」ってプラスに考えちゃいます。たとえ失敗したとしても、失敗という事実は変わらないので、さらに面白いエピソードを手に入れられたということでプラスですね。基本的に目の前にあることはプラスでしかないので、あるものをどう使うか?を考えることが大事だと思います。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、本田奈也花、ひろゆき
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

安倍元首相国葬が賛否分かれた中で行われたのは「岸田首相の対応の失敗」ジャーナリスト・青山和弘が指摘

ジャーナリストの青山和弘が9月27日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この日の安倍晋三元首相の国葬について言及した。

安倍晋三元首相の国葬に反対する団体などによるデモ =2022年9月27日、東京都千代田区 ©産経新聞社

国葬には、海外から約700人の要人が出席し、国内からは約3600人が参列したとされている。岸田首相は、来日した各国首脳らと弔問外交をスタートし国葬の意義を強調しているが、開催への理解は広がったとは言えず、世論が割れたままの実施となった。

青山は「旧統一教会の問題だったり、功罪と言われているが、国葬とは分けて考えるべきだと思う」と語り、続けて「総理大臣を9年弱続けて、選挙期間中に銃殺された総理大臣を静かに弔って送り出すのが普通の感覚」と自身の考えを述べた。

番組パーソナリティの垣花正から、「このような事態で行われる国葬について、どうお考えですか?」と問われると「正直言って、情けないことになったと思います」とバッサリ。その理由について「岸田首相は寄付金を募って国葬を行うことを検討しました。ところがこれは法律的な問題でダメになった。それも頭がカタいと思うんですが、そもそも最初からクラウドファンディングをやっていれば、16億円は集まったと思う。そういうこともなされないまま二分した状況で、今日を迎えたのは情けないことになったなと思いますね」と岸田首相のこれまでの対応について疑問を投げかけた。

最後に青山は「安倍さんをやたら持ち上げようなんてつもりもないし、反対する人たちに弔意を強制しようとは思わない」と前置きしたうえで「弔意を持っている人たちが静かに送り出す環境を整えることが故人に対する弔いだとすれば、これまでの対応は失敗だったと言わざるを得ない」と、国葬に反対意見が多数出ている状況は岸田首相の対応に原因があるとのではないかと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ