「就活は冒険に出るつもりで乗り切って!」石井てる美から就活生へアドバイス!

コロナ禍の中、行われている今年の就職戦線は、これまでとは大きく様変わりしているようだ。パソコンでのリモート面接が当たり前になり、自分の魅せ方、アピール方法もこれまでとは違う準備、スキルが必要になってきている―― ラジオNIKKEIでは、毎週火曜日の夜に『シューカツHANGOUT』、『ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO』の2つの就活番組を放送中。悩める就活学生の皆さんに役立つ情報と、内定ゲットへ向けた熱いエールを送っている。『シューカツHANGOUT』でパーソナリティを務める石井てる美氏は、東大卒の肩書を持つお笑い芸人。番組では自身の就活経験を生かし、就活生に寄り添った的確なアドバイスを送っている。石井氏に就活、仕事に対する想いと就活学生へのアドバイスを聞いた。

石井さんは東京大学のご出身だそうですが、そもそもお笑いの世界に入ろうと思ったきっかけは何ですか?

石井:友達を笑わせたり、人前で歌やダンスをして見ている人に喜んでもらうことが子供の頃から大好きでした。なので表現の世界への憧れはありつつも、「ちゃんと勉強をしていい大学に入っていい会社に入るのが人生」と思っていて、大学院修了後は規定ルートの通り“いい会社”に就職もしました。しかし、入社して1年が経つ頃に大きな壁にぶち当たってしまい、どうせいつか終わる人生なら、もう1つ人生があったら挑戦してみたかったことを実際にやってみてからにしようと思い、お笑い養成所の門を叩きました。

エリート会社員時代と今とでは180度違う世界という感じがしますが、一番の違いはどこだと感じていらっしゃいますか?また、変わらない点があれば教えてください。

石井:会社とお笑いの世界の一番の違いは、そこにいる「人」だと思います。会社で出会う人は大体同じような大学や家庭環境出身の人が多い印象でしたが、お笑いの世界で出会う人は実に多様なバックグラウンドを持っています。このように、一見180度違う世界のようですが、コンサルティング会社だったらクライアントに満足してもらう、お笑いだったら見ている人に笑ってもらうという、目の前の人に「喜んでもらう」という命題は共通しているので、相手のことを考えながらも、自分に自信を持ち、勇気を振り絞って新しい価値を提案していく、というところは非常に似ていると思っています。

現在、パーソナリティを担当されている『シューカツHANGOUT!』の番組内容について簡単にご紹介ください。

石井:就職活動をテーマに、“働くこと”や“キャリア”について考えていく就活生応援番組です。毎回テーマを設けて、人事コンサルタントの杉浦二郎さんと新卒就活経験のある私でテーマを深堀りしていきます。就活市場の最新ニュースを紹介したり、就活やキャリアに悩める学生さんからの質問に答えていく「就活・インターンお悩み相談室」のコーナーもあります。また、企業の採用担当者の方をゲストに招いてお話を伺うこともあります。学生さんの不安をできるだけ取り払い、果敢に就活に挑む勇気を与えられるような番組を目指しています。

今回のコロナ禍で就職戦線も大きく変わったと思いますが、実際に就活学生の声を聞いてみてどんな印象をお持ちですか?

石井:就職活動は学生さんにとって、人生で初めて自分自身の価値観や経験値で人生を切り拓いていく活動です。しかも、実際の面接では、理由もよく分からずにノーを突きつけられるという経験をすることになります。昨年までは学生に有利な売り手市場と言われていましたが、それでも就活中は不安に苛まれるものです。加えて今年のコロナ禍となれば、「就活ってこういうものだ」というこれまでの前提も崩れて、より先行きの不透明さに不安を募らせる学生さんも多いかもしれません。ただ一方で、番組に寄せられるメッセージには、リモート就活にスムーズに対応したり、会社の希望条件をこれからの時代に合わせたものに変えたりと、予想外の変化に順応する逞しさや柔軟性を持ち合わせている方も多いと感じます。外部環境の変化を注視し、自力で仕事を見つけていく覚悟をもとに、不確実な未来に適応していけそうな学生さんが一定数いらっしゃるという印象です。

今、就活を上手に乗り切り、希望の会社に就職するために一番大切なことは何だと考えていらっしゃいますか?

石井:就活に限らず言えることですが、「準備」だと思います。自己分析をして、相手の会社のこともよく知って、さらにリモート面接の練習など、できる「準備」をしっかりして就活に臨むことは、対面で人と会わない形の就活が主流となりつつある今、より一層大切になってきています。しかし(これを言ってしまうと身も蓋もないかもしれませんが)、結局は会社に入ってみないと分からないことがほとんど、ということです。自分が就活時に「希望の会社」と思って入社しても、具体的な仕事内容や上司とのめぐりあわせなど、よくも悪くも予測不可能なことが起きるのが人生です。本当にあなたにとって「いい会社」かどうかは未来に行ってみないと分からないのです。なので、就活の時点でできる限りの準備や行動をして全力を尽くしたら、あとはご縁のあったところに入って頑張ると割り切ることも大切だと思います。

最後に、全国の就活学生、番組リスナーに向けてエールを送っていただけますか?

石井:新卒の就職活動をメインテーマにした番組ではありますが、キャリアや生き方と言った大きなテーマに通じる話も多くあり、既に社会に出てしばらく経つ私も就活生から学ばせていただいています。就活中はどうしても落ち込んでしまうことや不安に襲われることもあるかもしれませんが、それはみんな同じです。そんな気持ちを吐き出して、少しでもラクになって前向きに就活に取り組めるお手伝いをさせていただければ嬉しいです。些細なことでも番組へのメッセージやお悩みなどなんでもお待ちしています。今は昔と違って転職も当たり前の時代になっています。新卒で入社した会社でどうしても自分の人生の目標たどり着かなくてはなどと自分を追い詰めるのでなく、冒険にでも出るつもりでワクワクしながら、これからの人生の最初の扉を開ける感覚で就活を乗り切って欲しいと思います。どこに行っても誠実に努力を続けていれば人生は良くなるようになっていますので!

石井 てる美(いしい てるみ)
ワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人。東京大学卒業、同大学院修了後、外資系経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーへ入社。同社を1年余りで退社し、かねてからの夢だった(というよりは、人生がもう1つあったらやってみたいと思っていた)お笑い芸人を目指し、タレント養成所へ入学。卒業後デビューを果たす。TOEIC990点。著書に「私がマッキンゼーを辞めた理由―自分の人生を切り拓く決断力」(角川書店)がある。『シューカツHANGOUT!』(ラジオNIKKEI)ではパーソナリティを務め、就活学生に熱いエールを送り続けている。

シューカツHANGOUT!
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週火曜 18時30分~19時00分
出演者:石井 てる美(お笑い芸人) 杉浦 二郎(株式会社モザイクワーク代表取締役)
番組ホームページ
公式Twitter

就職活動をテーマに“働くこと”や“キャリア”について考える就活生応援番組。就活に挑む学生の不安を和らげたり、就活の仲間に出会える“たまり場(HANGOUT)”となるような番組を異色の経歴を持つお笑いタレント、石井てる美がお届けします。

※該当回の聴取期間は終了しました。

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ